社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

11月7日(金)に
平成26年度社会保険労務士試験の合格発表がありました。

合格発表の際には、合格者数や合格率、
合格基準なども発表されます。

平成26年度試験の合格者数は4,156人(前年2,666人)でした。
合格率は9.3%(前年5.4%)でした。
平成25度は、合格者数、合格率ともに、極端に低かったのですが、
平成26年度は合格率がかなり高くなり、ここ10年では、2番目に高く、
合格者数も平成25度に比べて大幅に増加しています。

合格基準については

<選択式試験>
総得点26点以上 かつ 各科目3点以上 です。
ただし、「雇用保険法」、「健康保険法」は2点以上

<択一式試験>
総得点45点以上 かつ 各科目4点以上 です。
ただし、「労働及び社会保険に関する一般常識」は3点以上

択一式の科目別基準点に引下げがあったのは、平成18年度試験以来です。
「労務管理その他の労働に関する一般常識」については、例年、得点し難い問題が
多いのに対して、「社会保険に関する一般常識」で得点を稼ぐことができることが多く、
基準点をクリアできる受験生が、それなりにいるのが例年の傾向ですが、平成26年度
試験では、「社会保険に関する一般常識」で、やや難しい問題があったため、
得点が伸びず、結果として基準点の引下げにつながったのではないかと思われます。

詳細は試験センターの
「第46回(平成26年度)社会保険労務士試験についての情報」
をご覧ください。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。