社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

受講生のみなさん、過去問講座の教材は、届いたでしょうか?

過去問講座の問題集、
択一式の問題は、本試験のとおり「5肢択一形式」で掲載しています。

世の中には、「一問一答形式」にした問題集もあります。

単純に、どちらの形式が良いということはいえませんが、
たとえば、基礎知識の確認という点で使うのであれば、「一問一答」のほうが
使い勝手が良いかもしれません。

「5肢択一形式」は、実戦力を養うためのものという面がありますからね。

そこで、最初から「一問一答形式」になっているものって、
「5肢択一形式」として使うことはできませんよね。
それに対して、「5肢択一形式」のもの、これって、「5肢択一」として解かなくても
良いんですよ!
たとえば、
各問題のAの肢だけを順番に「一問一答」として解くって方法もありです。

最初は、知識の確認をしたいということであれば、そのように使い、
2度目は、「5肢択一形式」で解く、次は、また、「一問一答」として解く
というような使い方をすると、「答えを覚えちゃった」なんてことを防げたりも
しますし。

どのように教材を活用するかは、みなさんの自由です。

ですので、もしよかった、このような活用方法を試してみて下さい。



加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。