社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

21

2018/07

不安

17:07:45 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

平成30年度試験まで1カ月ちょっとです。
最後の追込みの時期ですが・・・・・
この時期、不安を持たれる方が多いようです。

通信教育や独学の方ですと、一人で勉強を進めているので、
情報不足で、いろいろな不安が生じることがあります。
通学講座で勉強されている方も、この時期は、
基幹講座が終了し、一人で勉強を進める機会が多くなり、
やはり不安を感じることがあります。

その不安、「合格できるかな?」というのが最も多いのですが、
試験当日のこととか、勉強に不足はないかとか、
自分のやっていることは正しいのかとか、いろいろとあります。

ただ言えるのは、
ここまで来たら、覚悟を決めるしかないのです。
とにかく、合格できるんだと信じて、
試験まで自ら進めている方法で勉強を貫きましょう。

どうしても不安が募るということであれば、
講座を利用しているなら、質問や相談の仕組みを活用するという手もありますし、
ネット上で社労士試験の受験生が集う場面などを活用するという方法もあるでしょう。

不安が生じると、さらに不安がと、負の方向に進んでしまうことがありますから、
そうならないよう、プラス思考で、試験まで、前を向いて進んでいきましょう。

合格まで、もうひと頑張りです。



13

2018/07

3連休ですね!

17:07:18 | 学習について |

7月も中旬、今年の試験がじわじわと近付いています。
勉強は、順調に進んでいますか?
フォーサイト専任講師の加藤です。

直前期ということで、必死に勉強をしているでしょうから、
もしかして、睡眠不足になっていたりしませんか。
暑い夏、そういう状態ですと、体調を崩してしまうということがあります。
ですので、勉強は必要ですが、体調管理、これからの時期は、より注意です。

ところで、明日から3連休という方、多いのではないでしょうか。

その3連休、まさか、どこかに遊びに行こうなんてことは考えてませんよね!?

試験まで1カ月ちょっと、このあと、まとまった時間があまりないというのであれば、
この3連休は、極めて貴重な時間です。

勉強って、細切れ時間でもできますが、
まとまった時間がないと、できないものがあります。

普段、断片的に勉強をしていると、
科目間のつながりや微妙な違いなどに気が付かないでいたりすることがあります。
それが、全科目をまとめて勉強すると、
気が付かなかったことに気が付いたりするということもあります。

ですので、たとえば、
全科目のテキストを読み返すとか、全科目の過去問を解くとか、
基本に立ち返るという意味で、やってみてはどうでしょうか。

とにかく貴重な時間、有意義に使って下さい。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

この時期は、蒸し暑い日が続き、過ごしにくいですが、
勉強は進んでいますか?

ところで、先月、試験センターが今年度の試験の受験申込者数を発表しました。
その数、約49,600人です!

平成25年度が63,640人、平成26年度が57,199人、平成27年度が52,612人、
平成28年度が51,953人、平成29年度が49,902人
と、ここのところ、毎年、減少しています。
今年も、やはり減少していますが、数百人程度なので、昨年とほぼ同じともいえます。

受験申込者数が増えたり、減ったりしたからといって、
それだけでは、合格しやすくなるとか、合格しにくくなるということはありません。

ただ、受験者数が多いと、「とりあえず、受験してみようかな」というような
中途半端な気持ちで受験しようという方の割合が高く、
少なければ、真剣な方、何が何でも合格しようという方の割合は高くなるのでは
ないでしょうか。

ですから、以前に比べると、競争が激しくなっているといえるかもしれません。

とはいえ、自分自身がしっかりと勉強をしていけば、自ずと合格が近付いてきます。

社労士試験は、他人と競うというよりは、どれだけ自分自身が得点することが
できるかということが重要です。

ということで、平成30年度試験に合格したいのなら、
試験まで、とにかく、必死に勉強しましょう。



29

2018/06

70問

16:41:56 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

問題を解いていますか?
直前期になり、勉強することがいろいろとあるかもしれませんが、
これからの時期、アウトプットの学習、
つまり、問題を解く学習、これを進めることが重要です。
すでに、過去問を解いてきているかと思いますが、
過去問だけでなく、予想問題を解いている方もいるでしょう。

そこで、問題を解くとき、一問一答形式なら、その1問ごとに、
5肢択一式の問題なら、5肢1問を解くたびに、
正誤を確認したりしているのではないでしょうか。
このような進め方、間違いではありませんが、
もしそのような解き方ばかりしているのであれば、
そろそろ、少し違った解き方をしてみませんか?
択一式の問題なら70問分をまとめて解くのです。
そう、本試験と同じ量です。
模試を使って、そのような解き方をすることがあると思いますが、
それ以外でも試してみると、自分自身がどれくらい集中力を維持して
問題を解いていけるかなどが、わかったりします。

では、70問をどう用意すればよいのかといえば、
たとえば、前年度分の問題なら、社労士試験のオフィシャルサイトにあります。
また、皆さんがお使いの問題集から、任意に70問を選んでおいて、
それを解くという方法もあります。
工夫をすれば、いろいろな70問を解けるでしょう。

ということで、これから試験まで、どんどん問題を解いていきましょう。



今年の試験まで2カ月ちょっと、
勉強をしっかり進めていますか?
フォーサイト専任講師の加藤です。

私、社労士受験の講師暦が20年になります。
かなり長くやってきておりますが、その分、多くの受験生と接してきました。

で、このくらいの時期になると、
「今年は無理かもしれない?」なんて、
少しあきらめムードになってしまう受験生がいます。

そのような気持ちが出てしまうと、
それだけで、合格することが難しくなってしまうということがあります。

過去に、この時期に、模試を受け、
択一式が20点台だった方から相談を受けたことがあります。

その方、その年に合格したのですが!

模試の得点、必ずしも、本当の実力を反映しているとは限らないところがあります。

実際に受けたときは、知識が完全に定着するちょっと前だった、
そのため、点が伸びなかった、
でも、それからほどなく、知識がしっかりと定着した。
もし、その後に、模試を受けていたら、得点が大きく違います!

ですので、この時期に、模試を受け、
思ったように得点ができなかったとしても、落ち込まないようにしましょう。

これから試験までの勉強で、10点、20点、アップさせることは可能です。

諦めたら、その瞬間に、終わってしまいます。
絶対に諦めず、前を向いて、進んで行きましょう。
合格まで、もう少しです。



みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

試験日が少しずつ近づいています。
そんな中、
勉強が思うように進んでいないと、少し焦りが出てくるかもしれませんね。

ただ、焦ると空回りになってしまうことがあるので、
できるだけ気持ちを落ち着けて、勉強を進めましょう。

この時期は、問題を解くという勉強をしている方が多いでしょうから、
もし、焦って、問題を解いていると、
間違える確率が高くなります。

そうすると、「なぜ、こんなに間違えるんだ?以前は正解できたのに」
と、さらに焦るような事態が生じることもあります。

ですので、問題を解くのであれば、焦らずに。

それと、
以前は正解できた問題を、この時期になって、間違えるようになる
ということ、他にも理由がある場合があります。
知識が蓄積されたんだけど、うまく整理できておらず、
混同してしまったり、勘違いをしてしまうということで間違えるというものです。
このような場合、知識はあるのですから、
間違えた問題について、自分自身で、「なぜ間違えたのか」を考えてみましょう。
他の規定などと混同したり、勘違いをしたのであれば、
そこを、しっかりと意識すれば、次からは正解できるはずです。

間違えた原因を知ることで、正解率をアップさせることができます。
ですから、間違えたときは、1つ1つ、しっかりと、その原因を考えて、
勉強を進めていきましょう。

まだまだ時間はあります。



05

2018/06

梅雨

16:40:41 | 学習について |

梅雨・・・
この時季、嫌いという方、多いのではないでしょうか。
私も、あまり好きではありません。
フォーサイト専任講師の加藤です。

この時季は、暑かったり、涼しかったり、
1日ごとの寒暖の差が激しかったりすることがあります。
天気も、気持が良いというほど良い天気の日もあれば、
雨が続いたり、ときには、ゲリラ豪雨があったりと。

そのため、この時季は、体調を崩しやすいです。

これから試験までの残された時間を考えると、
少しくらいの寝不足でも、勉強を進めなければと考えて、
ちょっと無理をしてしまうということがあり得ます。

ただ、体調管理は、しっかりとしておきましょう。

頑張る必要はありますが、
頑張り過ぎて、体調を崩し、何日も寝込んでしまうなんてことになると、
逆に、勉強が思うように進まなくなってしまい、
結局、すべきことができなくなってしまいます。

試験まで、「すべきこと」たくさんあるでしょう。
だからこそ、この時季、体調を考えて進めていきましょう。

試験までの貴重な日々、1日も失わないようにしましょう。



5月、残り3日です。
ってことは、
平成30年度試験の受験申込期限も、もうすぐです。
受講生のみなさん、受験手続は、もう済ませましたか?

フォーサイト専任講師の加藤です。

日々、慌ただしく過ごしていると、受験手続、ついつい後回しにしてしまい、
まだ、手続をしていないという方いるのではないでしょうか?

手続をしないことには、受験できませんからね。

31日までにすれば大丈夫なんだから、
なんて思っていると・・・

明日以降、何が起きるかわかりませんよ!?

突発的なことが起きて、万が一手続ができなかったなんてことになると、
取り返しがつきませんからね。

ということで、まだ受験手続をしていない方、
できるだけ早く手続をしてしまいましょう。

手続をしてしまえば、あとは、ひたすら勉強です。



20

2018/05

経過的加算

10:00:10 | 学習について |

こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。

勉強の進み具合は、いかがですか?
そう言われると、「ちょっと・・・」となってしまう方が
いるかもしれませんね。

ところで、年金、しっかりと理解ができていますか?

たとえば、給付額、
振替加算、特別加算、経過的寡婦加算など
いろいろな加算があり、それぞれに要件があり、
混同してしまっているなんてありませんか?
要件に関しては、特に、生年月日とかは、正確に覚えておく必要があります。

そこで、老齢厚生年金に加算される「経過的加算」、
これについて、たまに勘違いされている受験生がいます!

「経過的加算」には、生年月日要件はありませんからね。

「定額部分」が関係するので、特別支給の老齢厚生年金が支給され、
さらに、定額部分が支給される生年月日に該当する者でないと、
「経過的加算」は支給されない、なんて思い込んだりしないように。

特別支給の老齢厚生年金が支給されるかどうか、
これは、経過的加算とは関係ありませんからね。

ですので、もし、「経過的加算」について、
生年月日要件を付けたような内容の問題が出題されたら、誤りですから。

年金関係は、勉強を進めるのに時間がかかるかもしれませんが、
重要な科目なので、しっかりと理解をしながら、勉強を進めていきましょう。



12

2018/05

横断学習

10:00:42 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の加藤です。
GWが終わり、通常の生活に戻っているかと思いますが、
GW疲れなんてことになっていませんか?

ところで、現在、どのような学習をしていますか。
この時季ですと、過去問などを解かれている方、多いかと思います。

そこで、問題を解いていて、わかっていたつもりの箇所を間違え、
「勘違いした」なんて、自分自身の中で言い訳をすることがありませんか。
きっと、あると思うのですが・・・
これは、社労士試験科目の多くを占めるものが「保険」であって、
類似している箇所が多々あり、そのため、勉強が進むにつれて、そのような箇所を
混同してしまい、どっちがどっちだっけなんてことになってしまうことがあるので、
起きてしまうのです。

勉強が進んでいないうちは、このような間違いはあまり起きず、
勉強が進んだからこそ起きてしまうものです。

で、そのような箇所を単に「勘違いした」ということで、放置しておくと、
試験の際、同じように間違えてしまうかもしれません。
ですので、試験までには、そのようなことが起きないように対策をしておきましょう。

たとえば、横断学習をすると、混同している点がすっきりするということがあります。

横断学習というのは、
科目間の類似規定を比較したりして、類似規定の「違い」を確認する学習です。
これによって、違いをしっかりと確認することで、知識の定着につながり、
つまらないミスをなくし、得点力のアップにつながります。

ということで、
今すぐでなくとも、試験までには、一度、横断学習をしてみましょう。



1 / 4012345...102030...最後 »

加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。