社会保険労務士・社労士スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

13

2021/01

節目年齢

10:00:25 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の加藤です。

年末年始の休みが終わったと思ったら、

また3連休だったという方、どのように過ごされましたか?

さて、今回は、年金の話です。

国民年金法、厚生年金保険法のどちらにも

「被保険者に対する情報の提供」という規定があります。

これは、いわゆる「ねんきん定期便」の根拠です。

毎年誕生月に送付している「ねんきん定期便」では、

年金加入期間、年金見込額、保険料納付額のほか、最近の月別状況として直近1年間の

国民年金の納付状況や厚生年金保険の標準報酬月額等を被保険者に通知しています。

ただ、節目年齢の被保険者には封書形式で全ての加入記録を知らせて、

被保険者に年金記録をチェックしてもらうようにしています。

この節目年齢は、354559です。

では、なぜ、354559が節目の年齢とされているのかご存じでしょうか。

これは、老齢基礎年金の支給との関係からなのです。

現在、老齢基礎年金の受給資格期間は「10年」ですが、過去においては「25年」でした。

もし、35歳まで保険料をすべて滞納していると、

そこから「25年」保険料を納付しければ受給資格期間を満たせません。

第1号被保険者は60歳で資格を喪失するので、35歳は60歳までに「25年」分の保険料を

納めることができる最後のタイミングということです。

国民年金には、任意加入の仕組みがあり、

特例を含めると70歳まで加入することができます。

「45歳」というのは、

70歳までに「25年」分の保険料を納めることができる最後のタイミングです。

ですので、これらの年齢を節目年齢として詳細な情報を知らせるようにしたのです。

それと、

「59歳」というのは老齢基礎年金の支給を受けることができる年齢の直前ということで、

節目の年齢とされています。

ちなみに、元々は「58歳」だったのですが、

年金記録の整備が進み、「ねんきん定期便」を契機とした年金記録の整備に要する期間が

短縮してきたこと、また、平成25年度から特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)

の受給開始年齢が順次引き上げられることに伴い、受給開始年齢により近い時期に

年金加入記録や年金見込額を知らせすることを目的として「58歳」を「59歳」に変更しました。

現在は、受給資格期間が「10年」となってしまっているので、

「35歳」や「45歳」は、直接的には意味のない年齢となってしまっていると

言えなくはありませんが・・・ 試験対策としては正確に覚えておきましょう。



あけまして おめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

フォーサイト専任講師の加藤です。

年末年始は、どのように過ごされましたか?

仕事が休みの方は、コロナの影響で、自宅で過ごした方が多いかと思います。

そのような状況の中、有意義に過ごせたでしょうか?

年始は、年末と違い、何となく、ゆっくりしたいとか、のんびりしたいとか

そんな気分になってしまうんですよね。

私も、できれば、そうしたいって思ってしまいます!

例えば、勉強、正月早々、必死になってというほどは、しなくても

合否に大きく影響するということはないでしょう。

「オン」と「オフ」、この切替えを上手くできるのなら、

のんびり過ごすというのもありです。

ただ、この切替えがうまくできないのであれば、

のんびりし過ぎは、危険ですよ!

ズルズル引きずるということがありそうですし、

そう・・・・もしかしたら、今週末は3連休ということで、

さらに、のんびりなんてこともありそうですね。

年末年始、のんびりとし過ぎたという方、

次の3連休、「のんびり」ではなく、切り替えて、しっかりと勉強を進めましょう。



今年は、もう今日と明日だけです。

みなさん、今年はどんな年だったでしょうか?

フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、受験生の皆さん、年末年始は、どのように過ごしますか?

すでに年末年始の休みの真っ只中という方が多いでしょうから、

決めたことをやられているでしょう。

この年末年始は、新型コロナウィルスのことを考えて、帰省したり、旅行に行ったりせず、 自宅でのんびり過ごしている方がたくさんいるでしょう。

そのため、

そんな状況だから、とことん勉強するぞ!ってことで勉強三昧という方もいるでしょう。

2021年度の社会保険労務士試験まで、まだまだ時間はありますから、

焦って勉強する必要はありません。

ただ、「時間が経つのは早い!」ということは意識しておきましょう!

例えば、今年1年、アッという間だったなんて思われている方、

2021年度の試験までも、そうかもしれません。

ですので、のんびりとし過ぎていて、試験直前になって、勉強時間が足りない!

あのとき、もう少し勉強をしておけばよかった、

なんてことがないように、この時期からコツコツと勉強を進めておきましょう。

それが、合格につながります。

今年1年、皆様には、大変お世話になりました <(_ _)>

来年も、宜しくお願い致します。

それでは、良い年をお迎えください。



22

2020/12

就労条件総合調査

10:00:48 | 学習について |

今年、今日を含めて残り10日です。

1年、あっという間だったと感じている

フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、皆さんは、現在、どの科目を勉強されていますか?

「労務管理その他の労働に関する一般常識」は、まだ勉強されていない方が多いでしょう。

そこで、

社労士試験の学習範囲で最も厄介なものの一つに「労務管理その他の労働に関する一般常識」に

含まれる「労働経済」があります。

「労働経済」は、とてつもなく範囲が広く、すべてを網羅した学習は不可能です。

だからといって無視してよいというものではありません。

では、対策はどうするのかといえば、出題される可能性が高いもの、

例えば、過去に何度も出題されているものを中心に学習するのです。

過去によく出ているものとして真っ先に浮かぶのが「就労条件総合調査」です。

この調査結果については、

平成18年度試験:択一式4肢       平成19年度試験:択一式1問

平成22年度試験:択一式1問       平成24年度試験:択一式1問

平成26年度から3年連続で択一式1問   令和元年度試験:択一式1問
これらのほか、平成28年度試験は選択式で、

また、令和2年度試験の選択式では、調査の名称が出題されています。

法令でも、ここまで出題される規定は、そう多くはありません。

それを考えると、かなりの頻出事項で対策を怠ることはできません。

この調査による調査事項の1つとして「年次有給休暇の取得状況」があり、

令和2年の調査によると、平成31年・令和元年(又は平成30会計年度)1年間に

企業が付与した年次有給休暇日数(繰越日数は除きます)は、労働者1人平均18.0日、

そのうち労働者が取得した日数は10.1日で、取得率は56.3%となっています。

この結果に関しては、平成28年度試験で、

「年次有給休暇の取得率は、男女ともに50パーセントを下回っている。」

という問題が出ています。

出題当時は、男性は50パーセントを下回っていて、女性は上回っていたので、

その点で、誤りでした。令和2年の調査で考えれば、男女ともに50パーセントを

上回っているので、誤りの理由は同じではありませんが、誤りには変わりありません。

ここでは過去に出題された内容を1つ1つ紹介していくことはできませんが、

どのような点が出題されたのか、また、最新の調査では、どのようになっているのか、

確認しておきましょう。



14

2020/12

労災保険率

10:00:24 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の加藤です。

私の周りでは風邪をひいている人がいますが、

みなさん、風邪をひいたりしていませんか?

さて、今回は「労災保険率」についてです。

労働保険徴収法では、労災保険率の決定について、

「労災保険法の適用を受けるすべての事業の過去3年間の業務災害、複数業務要因災害

及び通勤災害に係る災害率並びに二次健康診断等給付に要した費用の額、社会復帰促進

等事業として行う事業の種類及び内容その他の事情を考慮して厚生労働大臣が定める」

と規定しています。

この規定の「過去3年間」という部分、試験で論点にされたことがありますが、

この部分は、言い換えると、3年ごとに状況に応じて、労災保険率を見直します

という意味になります。

実際、労災保険率は、特殊な事情がない限り、3年ごとに見直しが行われています。

ここ10年では、平成24年度、平成27年度、

そして、平成30年度に見直しが行われました。

ということは、次は令和3年度です。

ところが、今回は特別の事情が生じました。

「新型コロナウイルス感染症」です!

労災保険率は、一律に引き上げたり、引き下げたりするのではなく、

業種ごとに災害状況などが異なるので、それに応じて、引き上げる業種もあれば、

引き下げる業種もあります。

ただ、今回は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、今後も厳しい経済・

雇用情勢が予測されることから、個別の業種によって料率の引き上げが生じることが

ないよう配慮され、令和3年度から5年度の労災保険率は据え置くこととされました。

ちなみに、厚生労働省によると、今後の賃金動向に関する内閣府の試算及び民間の

予測に基づき算定を行った結果、現行料率を3年間据え置いても、財政中立は保てる

ということです。



12月になりました。

師走は、なんとなく忙しいと感じてしまう方、いるのではないでしょうか?

フォーサイト専任講師の加藤です。

12月は、実際、何かと忙しい方が多いでしょう。

そうすると、それを理由に勉強をサボるということがありそうです。

それは、結局のところ、合格から遠ざかるだけで、自分自身のためにはなりません。

忙しいとはいえ、わずかな時間くらいはあるでしょうから、

そのような時間を使って、コツコツと勉強を進めましょう。

ところで、今年は、昨年までの12月とは違っていることがあるのではないでしょうか?

12月といえば、これまで、忘年会やクリスマスなどのイベントがあったでしょう。

しかし、今年はどうでしょうか?

例年どおりという方もいるでしょうが、新型コロナウィルスのため、

そういうイベントが一切ないという方、多いのでは。

楽しく過ごす時間が無くなってしまうといえば、そうですが、

試験勉強ということを考えれば、プラスといえます。

忘年会の時期は、参加せざるを得ず、参加をし、ついつい飲みすぎて・・・二日酔い。

そうすると、勉強時間を失ってしまうなんてことがあり得ます。

でも、忘年会がなければ、そのようなことは起きないでしょう。

それでは、12月も頑張りましょう。



27

2020/11

覚えようとしない

9:00:07 | 学習について |

みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の加藤です。

先週末からの3連休、有意義に過ごせましたか?

勉強三昧だったという方もいるのではないでしょうか。

その勉強、社労士試験においては、最終的に覚えていなければならないことが

たくさんあります。

そのため、勉強を進めていくうえで、「覚えなければ」という意識を持ち続ける

ということがあります。

ただ、覚えようと意識しても簡単に覚えられるものではありません

(一読ですべて覚えてしまうという方もいるかもしれませんが、多くの方は

そうではないでしょう)。

それに、覚えようという意識が強くなりすぎると、理解を妨げることがあります。

覚えることを優先してしまい、どのような規定なのか、

ちゃんと考えないってことが起きてしまうことがあるのです。

勉強を進めるうえでは、まずは、各規定を知り、理解することが大切です。

覚えることばかりに意識が行き過ぎると、単なる丸暗記となってしまいます。

それでは、本試験で得点に結びつきません。

最終的には、知識をしっかりと定着させなければいけませんが、

まずは、理解していくことから始めましょう。

そして、何度も反復するようにすれば、気が付いた時には、

多くのことを覚えているってこともあります。



明日から3連休の方、どんな勉強をするか考えていますか?

合格発表後に来年度の試験に向けて動き出したのであれば、

このタイミングで来年の試験までの学習計画を考えてみましょう。

フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、今回は、「年金の改正」についてです。

令和3年度試験に向けていくつも改正がありますが、その1つに、

「未婚のひとり親等の申請全額免除基準への追加」というのがあります。

申請免除の対象なる者として、従来から

❶ 地方税法に定める障害者であって、当該保険料を納付することを要しないもの

 とすべき月の属する年の前年の所得が政令で定める額以下であるとき

❷ 地方税法に定める寡婦であって、当該保険料を納付することを要しないもの

 とすべき月の属する年の前年の所得が❶に規定する政令で定める額以下であるとき

が掲げられています。

これが、法律の規定上一本化され、

◆ 地方税法に定める障害者、寡婦その他の同法の規定による市町村民税が課されない者

であって、当該保険料を納付することを要しないものとすべき月の属する年の前年の

所得が政令で定める額以下であるとき

となります。

単に、2つを合わせただけというようにも読めるのですが、「市町村民税が課されない者」

ここがポイントなのです。

平成31年度税制改正大綱で令和3(2021)年度分の個人住民税から、児童扶養手当を

受給していて前年の合計所得金額が135万円以下の未婚のひとり親が非課税措置の

対象に加えられることになりました。

これに伴い、国民年金保険料の申請全額免除基準でも未婚のひとり親を対象とすること

としたのです。

それと、申請全額免除の所得基準は125万円とされていますが、

これが「135万円」とされることが予定されています。



13

2020/11

厚生労働白書

9:00:07 | 学習について |

暦の上では、すでに冬ですが、

実際には、まだ冬という感じではありませんね。

これから少しずつ寒さが増していくでしょう。

フォーサイト専任講師の加藤です。

さて、先月「厚生労働白書」が公表されました。

「厚生労働白書」、ここ数年、不規則になっていて、

平成29年10月24日に「平成29年版厚生労働白書」が公表された後、

「平成30年版厚生労働白書」は平成30年ではなく、令和元年7月9日に公表されました。

その後、「令和元年版厚生労働白書」は公表されない状況が続いていて、

先月公表されたのは、「令和2年版厚生労働白書」でした!

「令和元年版厚生労働白書」は欠号のようです。

そのため、「令和2年版厚生労働白書」では、毎年掲載される最近の施策の動きについて、平成30年度と令和元年度の2年度分が掲載されています。

だからといって、ページ数が大幅に増えているということはありません。

そこで、白書の学習、色々な方法がありますが、超直前期にまとめて勉強するという方法、

お勧めしません。

超直前期には、他にもっとすべきことがあるので、それをすべきだからです。

では、いつなのかといえば、科目にリンクさせるのが効果的です。

例えば、「令和2年版厚生労働白書」には、「若者も高齢者も安心できる年金制度の確立」

という章があり、年金制度の施策(近年の改正や動向)が記されています。

ですので、

年金の勉強をする際に目を通すと、年金の勉強と白書の対策を同時並行で進められ、

理解も深まり、効率的な勉強ができます。

ちなみに、白書は、購入しなくとも、厚生労働省のホームページから見ることができます。



みなさん、こんにちは。

フォーサイト専任講師の加藤です。

11月6日(金)に

令和2年度社会保険労務士試験の合格発表がありました。

合格された方、おめでとうございます。

さて、その合格発表について、この発表の際には、

合格者数や合格率、合格基準など

も発表されます。

令和2年度試験の合格者数は2,237人(前年2,525人)でした。

合格率は6.4で、4年連続の6%台でした。

平成27度(2.6%)、28年度(4.4%)に比べれば高いですが、

それ以前の20年間は、ほぼ7%台から9%台で推移していたので、

それと比べるとここのところの低い水準で、

その水準がしばらく継続しているといえます。

合格基準点については

<選択式試験>

総得点:25点以上

各科目:「労務管理その他の労働に関する一般常識

社会保険に関する一般常識」「健康保険法」につき2点以上

その他 3点以上

<択一式試験>
総得点 44点以上

各科目につき4点以上

でした。

科目別の基準点の引下げについて、

選択式は毎年のように何らかの科目の引下げがあるので、例年どおりといえ、

3科目の引下げも過去に何度もあり、特に驚くようなことではないでしょう。

択一式の科目別の基準点は、

平成26年度試験で1科目、平成28年度試験で3科目、平成29年度試験で1科目

について引下げあり、ここのところ、引き下げられる年度が何度かありましたが、

令和2年度試験においては、昨年と同様に引下げはありませんでした。

トータルの基準点は、全受験者の平均点の変動に応じて、毎年度補正が行われるのに

対して、科目別の基準点は、各年度の受験者の得点状況に応じて引下げの補正を

行うようにしていて、各科目の合格基準点(選択式3点、択一式4点)以上の受験者

の占める割合が5割に満たない場合は、合格基準点を引き下げ補正することになって

います。

令和2年度試験では、この要件を満たす科目が選択式で3科目ありました!

「国民年金法」は2点以下が49.5%だったので、この基準を満たさず、

基準点の引下げがありませんでした。

ちなみに、「引き下げ補正した合格基準点以上の受験者の占める割合が

7割以上の場合」は、試験の水準維持を考慮し、原則として引き下げを

行わないこととされています。

そのほか、詳細は試験センターの

「第52回(令和2年度)社会保険労務士試験についての情報」

http://www.sharosi-siken.or.jp/exam/info.html

をご覧ください。



1 / 5212345...102030...最後 »

加藤光大

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。