危険物取扱者乙種4類講座の講師ブログ
第2石油類に関する過去問④

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類過去問のうち「軽油」についてご紹介しましたので、今回は、「第2石油類の過去問」のうち、「クロロベンゼン」について見ていきたいと思います。

クロロベンゼンの性状について、次のうち誤っているものはどれか。

1.蒸気比重は1より大きい。
2.有機溶剤や水によく溶ける。
3.無色透明の液体である。
4.特異な臭いがある。
5.比重は1より大きい。

それでは、以下の通り、各選択肢を解説していきたいと思います。

1.蒸気比重は、3.9で1より大きいです。
2.有機溶剤にはよく溶けますが、水には溶けません
3.4.無色透明の液体で特有の臭気があります。
5.比重は1.1で1より大きいです。

よって、誤っているものは2です。

すでにご紹介している通り、性状の科目においては、水に溶けるか溶けないかは、本当によく出題されるポイントです。

第2石油類においては、酢酸に代表されるように「○酸」と最後に酸がつくものが水溶性ということは、覚えておくと良いでしょう。

今回は、第2石油類の過去問のうち「クロロベンゼン」についてご紹介しましたので、次回は、「第2石油類の過去問」のうち「キシレン」についてご紹介していきたいと思います。

第2石油類に関する過去問③

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類過去問のうち「灯油」についてご紹介しましたので、今回は、「第2石油類の過去問」のうち、「軽油」について見ていきたいと思います。

灯油と軽油の性状について、次のうち正しいものはどれか。

1.ともに精製したものは無色であるが、軽油はオレンジ色に着色されている。
2.灯油は一種の植物油であり、軽油は石油製品である。
3.ともに電気の不導体で、流動により静電気が発生しやすい。
4.ともに第3石油類に属する。
5.ともに液温が常温(20℃)付近のときでも引火する。

それでは、以下の通り、各選択肢を解説していきたいと思います。

1.灯油は無色または淡黄色で、軽油は無色または精製会社によって着色されていることがあります。なおオレンジ色に着色されているのは、自動車ガソリンです。
2.灯油と軽油は、いずれも原油の蒸留で得られる石油製品で、各種炭化水素の混合物です。
3.灯油と軽油に共通する性状として、ともに電気の不導体で、流動により静電気が発生しやすいです。
4.灯油と軽油はともに第2石油類です。第3石油類は、重油やクレオソート油などがあります。
5.それぞれの引火点は、灯油が40℃以上で、軽油が45℃以上であるため、常温では引火しません。

よって、正しいものは3です。

いわゆる比較問題ですが、必ず正解してほしい問題だったかと思います。

軽油についての過去問を紹介するということでしたが、今回ご紹介した通り、軽油については単独で出題されるよりも、灯油との比較で出題されることが多いので、暗記する際も灯油と軽油を比較しながらインプットするようにすると良いと思います。

今回は、第2石油類の過去問のうち「軽油」についてご紹介しましたので、次回は、「第2石油類の過去問」のうち「クロロベンゼン」についてご紹介していきたいと思います。

第2石油類に関する過去問②

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類過去問のうち「共通する性状」についてご紹介しましたので、今回は、「第2石油類の過去問」のうち、「灯油」について見ていきたいと思います。

灯油の性状について、次のA~Eのうち、誤っているものはいくつあるか。

A.無臭の液体である。
B.水に溶けない。
C.比重は1より小さい。
D.液温20℃で、容易に引火する。
E.蒸気は空気より重く、低所に滞留する。

1.1つ                
2.2つ                
3.3つ               
4.4つ              
5.5つ

それでは、以下の通り、各選択肢を解説していきたいと思います。

A.特有の臭気をもつ液体です。
B.水には溶けません。
C.比重は約0.8で1より小さいです。
D.引火点は40℃以上であるため、常温(20℃)で容易に引火することはありません。
E.蒸気比重は4.5で空気より重いです。

よって、誤っているものはA及びDの2つです。

いわゆる個数問題ですが、比較的正解しやすい問題だったかと思います。

個数問題に限らないことですが、誤っているものを選ぶのか、それとも正しいものを選ぶのか、問題文のところに誤っているものを選ぶ場合は、「×」、正しいものを選ぶ場合は、「○」というように視覚的に記入しておくと見直しの時にも役立つと思います。

今回は、第2石油類の過去問のうち「灯油」についてご紹介しましたので、次回は、「第2石油類の過去問」のうち「軽油」についてご紹介していきたいと思います。

第2石油類に関する過去問①

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介したことにより、第2石油類は、一通り見たことになりますので、今回からは、「第2石油類の過去問」のうち、「共通する性状」について見ていきたいと思います。

第2石油類の性状について、次のうち誤っているものはどれか。

1.引火点が20℃以下のものはない。
2.比重が1より大きく、水の下層に沈むものがある。
3.水に溶けるものがある。
4.蒸気比重は1より大きい。
5.発火点はすべて第1石油類より高く、第3石油類より低い。

それでは、以下の通り、各選択肢を解説していきたいと思います。

1.第2石油類は、1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のものをいいます。
2.第2石油類で比重が水より重いものは、クロロベンゼン約1.1、酢酸1.05、アクリル酸1.06があります。
3.酢酸、アクリル酸、プロピオン酸は第2石油類の水溶性です。
4.蒸気比重はすべて1より大きいです。
5.発火点は、品名には関係がなく、高低は物質によって異なります。

よって、正解は、選択肢の「5」になります。
引火点と発火点を混同しないように注意してください。

今回は、第2石油類の過去問のうち「共通する性状」についてご紹介しましたので、次回は、「第2石油類の過去問」のうち「灯油」についてご紹介していきたいと思います。

アクリル酸とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「アクリル酸」について見ていきたいと思います。

アクリル酸は、アクリル樹脂の原料として使用されています。また紙おむつなどの高吸水性樹脂の原料やレーザープリンタ用トナーなどとして用いられており、以下のような特徴があります。
 
▪酢酸のような刺激臭のある無色の液体
▪引火点は51℃である
▪蒸気を吸入すると粘膜がおかされ、気管支炎、肺炎などを起こし、液体に触れると炎症を起こす
▪重合しやすいため、市販されているものには重合防止剤が含まれている
▪重合熱は大きく、発火・爆発のおそれがある
▪コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する
水やエーテルに溶ける
▪有機溶剤によく溶ける

すでにご紹介した、「酢酸」、「プロピオン酸」、「アクリル酸」というように第2石油類のうち物品の名称の最後に「酸」がつくものは、「水溶性」であるという特徴は、押さえておくと良いと思います。

今回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介したことにより、第2石油類は、一通り見たことになりますので、次回からは、「第2石油類の過去問」についてご紹介していきたいと思います。

プロピオン酸とは

みなさん、こんにちは。
フォーサイト専任講師の姥谷です。

前回は、第2石油類のうち「酢酸」についてご紹介しましたので、今回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」について見ていきたいと思います。

プロピオン酸は、エステル化剤として有機合成に用いられるほか、カルシウム塩、ナトリウム塩はカビ防止剤として用いられており、以下のような特徴があります。

▪引火点は52℃である
▪刺激臭がある
コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する
▪水によく溶ける(水溶性)
▪有機溶剤によく溶ける

前回見た通り、酢酸は、水溶性の第2石油類として最も代表的な物品であることから、本試験においても第2石油類のなかでは、出題頻度が高いのに対して、プロピオン酸は出題頻度が低く、学習の優先順位は低くなります。

なお、「コンクリートを腐食させる程の強い腐食性を有する」という特徴から火災予防の方法として、「床はアスファルトにする」という点を押さえておいてください。

今回は、第2石油類のうち「プロピオン酸」についてご紹介しましたので、次回は、第2石油類のうち「アクリル酸」についてご紹介していきたいと思います。