公務員試験対策(一般知能)スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

公務員試験受験を検討されておられる方の中には、
「公務員試験一本!!!」という方もいらっしゃれば、
「就職活動では民間企業と併願」あるいは
「公務員は転職活動の転職先のひとつ」という方もいらっしゃることでしょう。

今回は、特に大学生の方から多く質問をお受けする、
「数的処理とSPIの違い」について、学習面にしぼってひも解いていきます。

①論点の違い
まず、数的処理とSPI(非言語)の論点の異同について検証します。
どちらの試験とも、問題が完璧に公開されているわけではないので、
一般的に対策をする論点で整理しました。

主に数的処理 学習範囲が重なる 主にSPI
・比
・濃度算
・図形の面積・体積
・空間図形全般
・資料解釈問題全般
・「重なる」に分類しなかった判断推理の論点
・速さ
・順列、組合せ、確率
・損益算
・整数問題
・仕事算(分割払い)
・集合
・「順位」に関する推論
・「試合」に関する推論
・「位置関係」に関する推論
・代金の精算
・ブラックボックス
・グラフの領域に関する問題
・モノの流れと比率
・長文読み取り

 
論点の比較のために、あえて分類しましたが、例えば、「主にSPI」として分類されている論点も、使用する算数の知識および解法としては、大半が公務員試験の数的処理で網羅されています。
つまり、関係を図で表わすと次のようになります。

02_2

②求められるスキルの違い
数的処理が1問5分前後で解答することが許容されている一方で、SPIについては1分程度で処理することが必要です。
その意味で、計算スキルや暗算についてはSPIの方が重要になってきます。一方で、公務員試験では、文章題の中から必要な要素を抜き出し、数式として整理する能力が求められます。
それでは、数的処理の学習では「計算スキルや暗算能力」が要請されないかというとそんなことはありません。「資料解釈」分野を学ぶ際には必ず、計算のショートカットスキルや「数値に対する視点」が重要になります。膨大な資料から選択肢5つを検討するためには、「ゆっくり計算する」というスタンスでは非常に厳しくなってきます。

その意味で、必要な計算スキルについても数的処理の学習で、ほぼ網羅できていると言ってよいでしょう。

また、①で「重なる」と分類した論点について、レベルは数的処理の方が間違いなく上です。
1問にかけられる時間が異なるのもあるでしょうが、
問題文の作りこみ方のいやらしさや情報量の多さは数的処理が何枚も上手です。

まとめると、
・論点としては、重なる部分が多い。
・レベルとしては数的処理の方がずっと上。
・数的処理をやっていれば、SPIは基本的に大丈夫。
となります。

ところで、公務員試験を受験される方の中には、
「教養型の試験対策で数的処理を学習しているが、志望先のひとつがSPI型の試験がある」
「民間企業との併願を考えているので、別途SPIの勉強をする必要があるのか?」
という不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合は、数的処理の学習を優先していただければ結構です。
その上で、SPIについては、補足する形で対応できます。
具体的な学習時間のイメージとしては、
「数的処理の勉強をきちんとやっていれば、SPIについては週末を一回使って微調整でOK!!!」というレベルです。



国家公務員一般職で4倍~5倍程度、地方公務員の行政職では自治体にもよりますが、
5倍程度というのが一般的な数値と言えるでしょう。
採用人数が少ない自治体であったり、受験生の多い(採用人数の少ない)職種や年度
であったりすると、倍率が10倍を超えるなんてこともざらにあります。
しかし、「10人に1人しか受からないのか…」と悲観的になるのは早すぎます。

ここで、「受験生の質はどうか?」という視点を持ってみましょう。

重要なのは、受験生の質です。
例えば、専門科目を課す試験に比べ、教養のみの方が倍率は高くなり、さらに自己PR
型のような特別な対策が不要であれば、より倍率は高くなります。
つまり、試験勉強のハードルが低くなればなるほど倍率が高くなるわけです。
これはすなわち、試験のハードルに反比例して、記念受験層(あるいはライトな受験
生)が減少するということでもあります。

この「記念受験が何人いるのか」というデータは、残念ながらありません。
しかし、専門科目も含めて勉強始めたけど、あきらめて教養にしぼる→でもきついか
らSPI型なら何とか、という路線変更をする受験生は毎年一定数います。
また、「講座には途中から来なくなったけど、受験会場には、なぜか来ている」とい
うケースもあります。
ですから、まずは「申込者全員がものすごく勉強した人たち」という見方を捨てた方
が、精神衛生上はよろしいかと思われます。

一方で、最後まで専門科目も含めて学び通した受験生は、相当の努力と信念を持って
試験会場に来ている比率が高くなります。
ですから、専門科目のある自治体が3倍だから、教養のみの5倍より楽だとは必ずしも
言えないわけです。

では、実際の倍率はどんな感覚なのかというと、きちんと仕上げてきているのは申込
者の半分ぐらいというイメージを持つと良いでしょう。「きちんと仕上げている」と
いうのは、いわゆる予備校の教材をきちんと回し(問題集であれば3回以上解き)、
論作文、面接の準備もしている状態です。

すると、例えば100人申し込んでいて合格者数が10人の場合10倍ではなく、きちんと
仕上げている50人での争い、つまり5倍と見ることができます。あくまで肌感覚です
が、個人的にはそんなイメージでとらえています。

確かに、上級職になるにつれ、記念受験は減ると推定できますが、学習を始める前、
あるいは始めたけど倍率が気になるという方は、まずは「あなた自身がベストの状態
にきちんと仕上げる」という点にフォーカスなさることを、強くオススメいたします。



「公務員試験に合格するためにいったい何時間勉強すればよいのか?」
受験生あるいは、これから勉強を始める方にとって、大きな関心事かと思われます。

つまらないことを言ってしまえば、「人それぞれ」となってしまいます。
あ、ページを閉じないでください。
公務員試験の勉強時間は、
「前提知識によって勉強時間が全く異なってしまう」という事情があります。
例えば、国立理系の大学生であれば、センター試験で国・英・数・理科2科目・地歴を学んでいることも多く、一般知識分野および一般知能分野の文章理解はノー勉強という方もざらにいます。
これでは、多くの方にとってあまり参考にならないのではないでしょうか

そこで、議論をシンプルにするために、
現時点で、知識がまったくのゼロの状態だと仮定させてください。
具体的には、
「高校までの内容はすでに完全にアタマから抜けている
 (もっと言えば、高校までは赤点ギリギリ)」、
「大学で経済学等は学んでいない」
という方を想定します。
さらに時間については「700時間」という時間について検証していきたいと思います。

さて、それでは教養型の試験種(教養科目の習得)で
700時間という計画はどのように立てられるのかを検証します。
(専門科目を含めた最短時間については、700時間は非常に厳しいと考えています)

私が講義をしている数的処理をベースに考えます。
1つの学習内容を1回の講義を含めて習得するのに30分程度。
その後、復習および問題を追加で学習し、そのテーマを理解するのに5回の復習が必要だとすると、計30分×6回=180分=3hを使うことになります。
テーマ数はおよそ100パターンに整理しているので、結果としては3h×100=300hとなります。

40点満点中12点が数的処理だとすれば、
配点の30%分の学習を終えるのに300hが必要ということになります。
75%分の学習をするためには、その2.5倍の750hという計算になります。
筆記試験の通過ラインが低ければ、もう少し少なくてもいいかもしれません。
その意味で教養型の行政職に比べて警察官などは勉強時間を少なめに案内することもできそうです。

「教養型の試験を700時間で突破」というのは上記のような学習ペースで論点を進行させれば、成立すると言えるのではないでしょうか。

専門科目を学習する方も、「教養科目の習得を700hで済ませたい」という方は是非、
上記のペースをひとつの目安にしてみてください。



「数的処理ができない」という方の中には
「勉強のやり方が間違っているだけ」という方が多くいらっしゃいます。
もし今あなたが数的処理の実力が上がらずに困っているとしたら、
下記のような状態にはまっていないか、チェックしてみてください。

 
今回はふたつのパターンをご紹介しますが、
共通しているのは「解法が記憶に残っていない」という点です。
大げさに言ってしまえば公務員試験の数的処理は
「手順を覚えているかどうか」ですから、
問題を見た瞬間に解法が思い浮かぶことが重要です。
ハマりがちなパターンと、対処方法を検討してまいりましょう。
私自身の学習経験も含め対処方法をご提案していきます。

 
その1:「勉強をきちんとやっているのだが、
     1回1回の問題への向き合いかたが間違っている」
「解答をきちんと理解して読み込むことが大事」ということで、
「問題を解く→わからなければすみやかに解答を読む」
の流れを確立していらっしゃる方も多いかもしれません。
この、「解答を読む」ですが、ここに落とし穴があります。
なんとなく読んで、サイクル通りに処理をしているつもりになっていると、
本来の目的は達成できていません。

解答手順を頭に入れることが目的なのですから、
解答の中にある数式が立っている理由や、数式の展開方法などを、
きちんとあなた自身が納得して腹に落とし込むことが必要です。

もし思い当たる節があるとしたら、「読む」だけでなく、
「その場できちんと解答まで導いてみる」というやり方にしてみた方がよいでしょう。

確かに、やり方としては「解答手順のポイントになる所だけ思い出す」であるとか、
「重要な数式や条件整理のところまでやってみる」といったものも、
あるにはありますが、どこがポイントか、どこが重要か、
そもそも、それがわかっていたら苦労しないのではないでしょうか?

その点、最後の回答まで導くのはシンプルです。
この場合、数的推理や資料解釈であれば、計算式をきちんと立てることになりますし、
判断推理や空間把握では、
条件整理や図表のメモ書きをきちんとやってみることになります。

解答まで導くには当然、その場では理解していることが前提になるので、
少し時間はかかるかもしれません。
しかし、これで、「知識がザルから落ちる水のように抜けていく」という悲劇は、
間違いなく回避できます。

 
その2:「次に解くまでの間隔をあけ過ぎている」
「問題集を一通り全部見ないと気がすまない!」
という方がこのドツボにはまりやすいと言えます。

どのテキストや問題集も100ページ以下ということはないはずです。
100ページ以上の書籍を前から順に少しずつやっていくとどうなるか、
1日10ページずつ、その日は完璧にマスターしたとしても、2周目に入るのは10日後です。
10日後であれば、まだよい方です。
数的処理は数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈と、
それぞれに書籍が用意されていることが多いですよね。

つまり、数的推理の第1ページ目をやってから、資料解釈まで一通り見て、
さらに数的推理の1ページ目に戻るころには、
もうきれいさっぱり忘れていること間違いなしです。

これはどの科目にも共通して言えることですが、具体的には一度解いた問題は、
その週のうちに必ずもう一度チェックすることが望ましいと言えます。
「短期間に復習した回数=定着率」です。

私自身の体験では、
「1週間の間に4回解いた問題は、1か月ぐらいほっといても記憶に残っているかな」
という印象です。
それができた問題については、復習は一か月後でも大丈夫。
その間、安心して別の論点に取り組めます。

是非、ためしてみてください。



「数的処理が難しすぎて困る」というお悩みのひとつとして、
「自分のレベルに合った教材を使っていない」ということが原因の一つに挙げられます。

そうなってしまう理由として、
「難しいものを使って学習すると実力が付くのでは?」という思い込みがあります。
学習初期はやる気があるものですし、
なるべく難しい問題に取り組みたいという気持ちになるのもわかります。
最速で最安値で合格!となれば、ハイレベルな過去問集にいきなり取組み、
どんどん独学で回していくことになりますが、
そんなことができるのはごく一部の受験生です。

また、「一般的に売れている」「親しい人から紹介された」
という理由で書籍を購入する方も多いようです。
しかし、数的処理に関して言えば、スタート時点での力は大きな差があります。
ですから、どんな難しい問題集や解説が淡泊なテキストでも理解してしまう方もいれば、
それでは、解説が不足していてついていけないという方もいます。
「まわりが使っているから」という理由で
テキストや問題集を購入した方にこの傾向が見受けられます。

そのような時、結論としては、
あせらず、平易な問題集あるいは解説講義の活用等の判断をオススメいたします。

「希望の受験先があるのに、最初からレベルを下げてはいけないのではないか?」
と、不安に思われるかもしれません。

安心してください。初級公務員と地方上級や国家一般を比較してみても、
数的処理は基本的に根っこの部分は同じです。
難度が高いと言われている試験になったら、
数的処理で微分積分を駆使するようになるというわけではありません。
 
 
では、どのようにして問題のレベルが上がるのかというと、
ひとつは「文章の長文化」です。
問題文が長文化すると当然、処理すべき条件が増えますし、計算量も増えます。
そうなると、ミスが発生したり、見落とす条件が増えたりします。

例えば、濃度算の問題。
食塩水を混ぜるという作業そのものはどの試験種でも基本は同じです。
ただ、難度が上がると、混ぜる回数が増えたり、
混ぜる作業の読み取りが難しくなったりします。

学習初期、解法のパターンがしっかり身についていない状況で、
条件読み取りに脳を使うと、必要以上に疲れてしまうばかりか、
どこができていないかを自分で把握しにくく、
時間の割に実力が身につかないという悲劇につながりかねません。

基本的な例題や、難度評価が易しめとなっている問題を
まずは繰り返すことをオススメいたします。

「とにかく簡単なものから!」です。



「在宅勤務」という言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

通勤時間が無くなる」「家事や育児との両立が可能になる
といったメリットが指摘されている在宅勤務ですが、
受験生の中にも、関心のある方がいらっしゃることかと思います。

そこで、働き方改革の一環、「在宅勤務」が地方自治体でどれぐらい実施されている
のか、また、実施される可能性があるのかを調査してみました。
なお、ここでは、在宅勤務を「自宅あるいはサテライトオフィスなどで、
仕事の一部または全部をおこなう事」をイメージしています。

総務省のある調査によれば、実際に制度としてすでに実施、
あるいは具体的に検討している地方自治体は10.2%だったとのことです。

受験生の立場からすれば、地方公務員の受験先の約1割に、
制度がすでに用意されているか、導入される見通しが高いという見方ができます。

日本の企業のテレワーク導入率が2014年時点で11.5%だということを踏まえると、
在宅勤務については、ずば抜けて公務員が先を行っているというわけではないかも
しれません。

会社員の方で、朝、上司に電話一本かけて
「今日は在宅でやります」と言えばいいだけという人もいます。
さらに「家だとやる気が出ないからたまに出社する」
という大学受験の浪人生のような発言をする猛者もいます。

むしろ、先進的な大企業の方が在宅勤務については進んでいると言ってもよいでしょう。

とは言え、一般的には、そのような在宅勤務の利用をしている人は
それほど多くない印象を受けます。

ちなみに、取組の状況は自治体の規模で差があります。

平均すると10.2%になる上記のデータですが、
内訳をみると、都道府県が48.6%であるのに対し、
市・特別区>町と自治体の規模が小さくなるごとに低下し、
村では、なんと、4.0%にまで下がります。
数字だけ見ると、まだまだ、地方自治体すべてに浸透しているとは言えなさそうです。
とは言え、「関心がある」というレベルまで含めると、都道府県では82.9%に達します。

自治体の規模で差がある理由は、
人のやりくりや、住民理解など小規模自治体ほどハードルが高いことが考えられます。

結論として、
「日本の先進企業には比べると見劣りする部分はあるものの、
特に大規模自治体を中心として、取り組みとしては国内では水準以上」
という評価を下せるのではないでしょうか。

社会人の方は、ご自身とその身の回り、大学生の方は社会人をイメージして、
上記のデータをご覧になって、どのような印象をもたれたでしょうか?

受験先選びのひとつの参考資料としてご活用ください。

(参考サイト)
総務省:情報通信白書(平成29年度)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc142150.html



「公務員は残業が少ない」、「公務員は定時で帰れる」
というウワサをきっかけに受験勉強を開始したという人もいらっしゃるかもしれません。

ホントのところはどうなのでしょうか?

Web上には、やたらネガティブな意見が散らかっていて、
きわめて信憑性に欠ける印象を受けました。

そこで、公的なデータを確認してみました。

平成27年に総務省が公務員のワークライフバランス推進のために、
残業に関する調査を実施しています。
概要は下記のとおり。

■対象団体:都道府県、政令指定都市、県庁所在市等
■対象職員:常勤職員

つまり、受験生の立場から見たら
「地方公務員に合格したら、どれだけ残業しなければならないのか?」
を教えてくれるデータともいえるでしょう。

それによると、残業時間は、年間158.4時間、月平均13.2時間となっています。

25日稼働したとすると、一日約30分程度といったところです。
数字の上では、ほぼ、定時と言えるかもしれません。
(そもそも、正しく統計を取ってくれていることが前提ですが…。)

これを「多い」ととらえるか、「少ない」ととらえるかはあなたの価値観にゆだねます。

とはいえ、選挙や災害対応などの、繁忙期や緊急時には、
もちろん数字の通りにはいかないことでしょう。
また、部署によって異なることも忘れてはなりません。

あくまで、「平均」ですからね。

是非、就職先選び、転職先選びの参考にしてみてください。

(参考サイト)
■地方公務員の時間外勤務に関する実態調査結果
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei11_02000077.html



受講生の方からごくまれに
「数的処理を捨てるのは可能ですか?」
という質問を受けることがあります。

結論から言うと、可能です。
得点の戦略は個々人で差があります。
例えば、下記のような配点だったとします。
合計40点です。

ブログ用
あくまでこの中から70%程度の得点を目指せばいいだけですから、
仮に資料解釈以外の数的処理科目を全捨てしても28点で70%あります。
「いやいや、物理化学を必ず得点するなんで無理でしょ…」
という声がどこかから聞こえてきました。
おっしゃる通り、現実的ではありません。

したがって、現実的には、どのような捨て方があるかというと、
「論点を捨てる」というやり方があります。
具体的には「立体図形だけ捨てる」「平面図形は三角形だけやる」というようなやり方
です。

とは言え、これは直前期に判断することが望ましいでしょう。
なぜならば、例えば、図形がキライだとしても、
三平方の定理がわかっているだけで解けてしまう問題もあります。
もったいないですよね。
また、他科目の学習への影響も考慮せねばなりません。
具体的には、三平方の定理の基本的な理解を進めておかないと、
判断推理の位置関係問題や、物理の力のつり合いの理解などにも影響がおよびます。
このように、全科目が見えるまではどれが不要でどれが必要かは、
個人ではなかなか判断しがたいものがあります。

ですから、数的処理について、特に学習の初期の段階では、
基礎的な問題を、えり好みせずに学習することをオススメいたします。



こんにちは。
数的処理科目担当の岩崎郁人です。

さて、さっそくですが、公務員試験は昔と比べて、受験しやすくなったのでしょうか?それとも受験しにくくなったのでしょうか?

結論を言えば、「受験そのもの」は、しやすくなりました。

平成24年度以降、国家公務員試験の教養科目で、知識問題の割合が減り、知能科目の割合が高まりました。
言ってしまえば、「捨て科目が作りやすくなった」と言えます。

また、地方公務員に目を向けても、法律や経済等の専門科目を課さない自治体が増えてきたどころか、SPIやSCOAといった民間の就職試験で使われている比較的ライトな筆記試験だけを課す、あるいはさらに小論文・適性試験・面接だけ、なんていう自治体もあります。

それは喜ぶべきことでしょうか?

もちろん、お仕事をされていてその合間に転職活動として学習されている方にとっては、数百~1000時間の学習時間をプライベートで確保するのは大変ですから、朗報と言えるかもしれません。
加えて社会人の方は採用試験の面接なんかより、ずっとストレスと緊張感の高いコミュニケーションを日々こなしていることが一般的ですから「なんとか面接までいけさえすれば…」という気持ちの方も多いはずです。

では、大学生を中心とした学生の方にとってはどうでしょう。

筆記試験が軽量化されるということはそれだけ、間口が広がります。
すなわち、受験倍率が高騰することが一般的です。

例えば、加古川市役所の平成30年度の実施結果を見てみましょう。
事務職AとBでは一次試験の内容が異なります。
事務職A:エントリーシート+エントリーシート通過者への面接
事務職B:教養試験+面接(全員)

さて、倍率にどの程度の違いがあると思われますか?

結果は次の通りです。

事務職A:16.0倍
事務職B:6.8倍

こうなると面接の対策も非常に重要になってきます。

「コツコツ勉強するのが得意」「努力と真面目さには自信がある」

筆記試験の軽量化は、このようなタイプの受験生にとっては、ある面で受難と言えるかもしれません。

ですから、もし迷っておられるのでしたら、可能なかぎり、受験科目を多く勉強しておくことをオススメします。
科目を減らすのは、いつでもできますからね。
私が教養科目を担当しているからと言って、「教養だけやるとよいでしょう」なんてケチなことは言いません。

「人の行く裏に道あり花の山」です。

筆記試験の軽量化、公務員試験全体の人物重視化が叫ばれている昨今だからこそ、逆に、筆記試験重視の対策という戦略も「あり」だと考えます。

あなたはいかがお考えでしょうか?



岩崎郁人

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。