簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

 あけましておめでとうございます。今年もフォーサイトをよろしくお願いいたします。

 さて、一年の計は元旦にありといいますが、みなさんは何を今年の目標にしましたか? 私はここ数年、元旦に目標をたてるものの、年明けの仕事が始まると、日々の業務に追われて、結局何も新しい知識や技術を手に入れることなく一年が終わってしまいました(昨年も例に漏れずそうでした)。仕事のノウハウは多少なりとも自分の中に蓄積されたのでしょうが、目に見える結果ではないので、何か成長したようなしてないような感じです。

 私の世代は、自分を市場で売れる(要は転職するときにきちんと評価される)ように、常に、自分を自分で訓練するように動機づけられてきました。正月早々愚痴ってしまってすみませんが、私の学年は団塊ジュニアであり、200万人の同級生がいましたので、大学受験も就職活動(山一証券が倒産した就職氷河期です)も地獄でした。高校や大学の先生たちから「やりたくないやつは落ちこぼれてしまえばいい」といわれて、一生懸命振り落とされないようにがんばってきたのでした。もちろん全員の人生がうまくいくはずはありません。その結果、一昨年の年末には多くの同年代の人たちが年越し派遣村に集まったのでした(30代の人たちが多かったと報道されていたように記憶しています)。個人的には終身雇用と年功序列も好きなんですが、時代はそれを許してくれないようです。

 さて、そんなこんなで今年は何を目標に1年を過ごそうか考えたわけですが、目標にできるようなことを何も頭に思い浮かべることができません。

 実は最近悩みがあるんです。それは欲がなくなったということです。3~4年前までは「あれも欲しい、これも欲しい、あのようになりたい、このようになりたい」といろいろなものが欲しくてたまりませんでした。ここでいういろいろなものには、知識・肩書き・人的ネットワーク・お金・物などなどいろいろなものが含まれます。要するに「いろいろなことができ、多くの知人に囲まれ、欲しい物を手に入れたい」と、ぎらぎらした感じだったわけです。

 しかし、子どもができて家庭生活がワンパターンになると、欲しいものが急速になくなってしまいました。今の知識をそこそこ使って仕事をして、そこそこの収入を得て、今の人脈を大事にして、子どもをちゃんと育てられればいいかな、的な発想になりつつあるのです。あぁ、なんとつまらない男なのでしょう!

 これが年をとるということかな、などと思いつつあります。

 そうだ。1つ目標を見つけました。今年はぎらぎらした自分を取り戻すことを目標に生きていきましょう。来年の今頃は、また「あれも欲しい、これも欲しい、あのようになりたい、このようになりたい」と言っていることでしょう。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。