簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、あけましておめでとうございます。

 今年もフォーサイトの講座の受講生の皆様が、できるだけ多く試験に合格できるよう、全力でサポートさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 さて2013年が始まりました。毎年、正月には、「来年の正月も、少なくとも今と同じくらいの幸せを維持するぞ、そしてできれば今よりも幸せにかつ豊かになるぞ」と思います。でも、問題はどうすれば幸せかつ豊かになれるかということです。

 幸せの評価基準は人それぞれ異なるでしょう。仕事の内容、家族間の関係、経済的なことなどなど、様々な基準があるでしょう。

 私の場合、仕事の内容については、ありがたいことに、やりたいことと実際の仕事の差はほんの少しであり、ほとんど不満はありません。また、家族間の関係も非常に良好で家に帰るのが憂鬱なんて状況ではありません。よって、焦点は経済的なことに限られてきそうです。

 仕事での収入を増やすのが最善の方法なのでしょうが、こればっかりは短期間で大幅に増やすことは難しそうです。仕事での収入増は長期にわたって少しずつ実現するしかありません。そのための努力は、引き続き、続けていくしかないでしょう。

 では、どうやったら収入をもっと増やせるでしょうか? 仕事では大幅に増やすことができない以上、すでに持っているお金に働いてもらう=資産運用で増やすしかありません。これは我々若い世代に共通の課題です。でも、資産運用というと、株式投資や外貨預金など高リスクが当たり前のようなイメージがあります。

 しかし、いろいろなことを調べてみると、世の中にある様々な金融商品を組み合わせると、リスクを減らすことができるようです。経済学では基本的な事柄ですが、株式と債券は逆の値動きをするはずです。実際、昨年末は株価が大幅に上昇した一方、国債価格は値下がりしました。

 怖い怖いと思っていても何も始まりません。今年は、いろいろな金融商品について、過去のデータを集め、どの金融商品をどのくらいの割合で所有すればもっともリスクが低く、リターンを高くできるのか計算してみましょう。銀行預金金利が0.01%の世界ですが、2%程度の金利を得られるような組み合わせを見つけたいと思います。今年の具体的目標は2%としましょう。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。