簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

先月、近所のスーパーのビールコーナーがスゴイ話をしたかと思います。
今回はその続編です。
そのビールコーナーの価格帯が全般的に上がったのではないかと感じられるのです。

先日は350ml缶のヱビスビールが245円でした。
おっと、これは今までより値上げされたのではないか?

最近はあまりヱビスビールを飲んでいませんでしたが、
たぶん、ちょっと前までは228円とかで売っていた気がします
(一番搾りやスーパードライが218円で、ヱビスが228円くらいの感じ)。

まだ消費税は上がっていませんが、店頭価格は上がっているのでしょうか?
それともこれが世に言う物価高なのでしょうか?

私は1997年に大学を卒業しました。
私たちの世代は生まれてこのかた、景気がよかったことなどありません。

商品の価格は少しずつ下がっていくのが当然の世界に生きてきました。
せいぜい消費税によって商品の購入価格が値上がりしたくらいの経験しかありません。
だから、とても戸惑ってしまうんですね。

日銀総裁がいうように、マイルドなインフレが経済全体にとっていいのかもしれません。
でも、私の体はマイルドなインフレには慣れていないようです。
(って、当たり前か。はじめて経験するんだから。)

2月に旅行に行くのが我が家のイベントですが、
昨年と同じ宿泊施設の宿泊料金が2割くらい上がっていました。
おっおって思いましたけど。

さて、これから少しずつ物価が上がっていくのでしょうが、
どうやって慣れていきましょうかね。

皆さんはどうやってらっしゃいますか?



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。