簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

3月の末に15年ぶりくらいにスキーに行ってきました。
いやぁ、おじさんになって体も動かなくなっているにもかかわらず、
15年ぶりにスキーなんかに行って大丈夫かなと思いつつ、
子どもにせがまれてしょうがないので、
奥さん抜きで、私と子どもだけで行ってみました。

行ってみると、いやぁ、これまた楽しくて仕方ありませんでした。
6才の子どもと一緒に滑るので、初級コースの中でも一番緩やかなコースを滑るだけです。

15年ぶりとはいえ、何とか体が滑り方を覚えてくれていたようで、
初級コースならなんなく滑ることができました
(中級・上級コースは子連れではいけないので、
今回は挑戦できませんでした。子どもたちが滑れるようになってきたら、
チャレンジしたいと思います)。

ただし、体力がもったのは夕方まで。
17時のスキー場クローズギリギリまで滑り、
ゲレンデ併設のホテルに戻るともうヘトヘトです。

ホテルからスキー場まで遠い(バスなどで移動する)のはキツいなと思い、
ゲレンデ併設のホテルにしたのですが、
子どもがいなくてもスキー場からホテルまでの移動は
たぶんキツかったでしょう。

疲れてくると、スキーブーツを履いたまま
足を動かすのが苦痛・・・というか、動かせない・・・。
併設のホテルにして大正解でした。

学生の頃はとにかく安いの優先でしたから、
宿とスキー場が多少離れていても安い方を選びましたが、
今回は多少高くつきましたけれども(といっても2,000円くらいの差ですが・・・)、
宿とスキー場が併設していて助かりました。

部屋に戻ったらすぐに風呂に入りにいき、レストランで食事をとると、
もう眠くて仕方ありません。

子どもと一緒に20:00には就寝という体たらくです。
学生の頃は、1日滑ったあと遅くまで飲んでいましたけど、
今回は夕食時のビール1本でノックアウトでした。

そんな情けない感じでしたが、なんだか久々に楽しく遊ぶことができ、
ストレスも発散されました。

また、夏休みの旅行を楽しみに
(というかそれだけを糧にして)、
仕事をがんばります!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。