簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

クレジットカードや電子マネーの利用にはポイントが付くことは、
皆さん、よくご存じでしょう。

そして、ご自分のライフスタイルに合わせた
最もおとくなクレジットカード・電子マネーを使ってらっしゃることでしょう。

うちの場合、生活必需品の調達を
ほぼセブンアンドアイグループに依存しているので
(笑:何だかこんな書き方をするととってもすごいような感じがしてしまいますが、
要は日頃の生活のための買い物がヨーカ堂と
ヨークマートで済んでいるということです)、

「ナナコ利用をどれだけお得にするか」が重要です。

ですから、ナナコと相性のよいクレジットカードを選択することになり、
「漢方スタイル」カードというクレジットカードを利用していました。

「漢方スタイル」カードはカード利用時に1.75%分のポイントが付きます
(多くのカードは0.5~1.0%くらい)。

これだけでも結構お得なのに、ナナコにクレジットチャージしたときにも
1.75%のポイントが付くんです。

ですから、「漢方スタイル」カードからナナコにチャージして1.75%、
ナナコを利用して1%、合計2.75%のポイントが付くんですね。
うちにとっては数あるカードの中で最もお得なカードなんですね。

しかし・・・! 6月1日からナナコにチャージしたときのポイントを
0.25%にするとの通知が先日届きました。

うわぁ~~~! ナナコ利用の際のポイントに変化はないでしょうから、
クレジットチャージ→ナナコ利用で1.25%のポイントとなってしまいます。
そうすると、ヨーカ堂などで買い物とするとき、
クレジットチャージしたナナコで払う(1.25%)より、
カードで払った(1.75%)ほうがいいということになります。

この扱いを見ると、「漢方スタイル」カードは、
顧客にナナコチャージをさせずに、
お店でカード払いをさせたいように見えます。

通常、クレジットカード会社はクレジット利用額に応じて
お店から3~5%の手数料を徴収しています。
では、クレジットカードでナナコチャージした場合には
誰が「漢方スタイル」に手数料を払うのか? 
おそらく、セブンアンドアイグループだったのでしょう。

たぶん、セブンアンドアイグループから
「漢方スタイル」に支払われるクレジット利用手数料に
何か異変が起こったのでしょう。

しょうがないので、また、お得なカードを見つけることにします。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。