簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

商品売買を行った場合には商品有高帳に記入しなければなりません。仕入戻し(返品)、仕入値引、売上戻り(返品)が生じた場合にも記入しなければなりませんこのうち仕入値引の際の記入方法についてお話ししましょう。

例えば、次のような取引が行われた場合、商品有高帳に記入してみます。
 1/1:前月繰越 100個 @\100
 1/7:仕入   400個 @\120
 1/9:仕入値引 1/7仕入分について@\10の値引きを受けた。

20151109

仕入値引によって、商品の仕入単価を引き下げられます。したがって、仕入値引に関する数字は「払出欄」に記入することになります。数量は変化しませんので、金額欄だけに記入してもかまいません。
在庫の数量が合計500個、合計54,000円分となっていることを確認して下さい。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。