簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

今回は、勘定科目に関するご質問で、比較的多いものを取り上げたいと思います。
その筆頭は「未払金」と「未払費用」の違いは何かというご質問です。
 
「未払金」はすでに取引が終了してあとは支払いだけが残っている場合に使う勘定とイメージしてください。
例えば、備品や株式を購入して、代金をまだ支払っていない場合です。
購入という取引は終わりましたが、支払いは終わっていません。
このような場合の未払いの金額を「未払金」とします。

「未払費用」は取引が継続している状態で、まだ支払いをしていない場合に使う勘定とイメージしてください。
例えば、7月1日に、利率年6%(利息は1年後:来年の6月30日払い)で100万円のお金を借りたとします。
そして、12月31日に決算日がきたとします。
12月31日の時点で、お金を借りるというサービスを受け続けています(=取引が継続しています)。
しかし、そのサービスに対する費用(利息)の支払いは行っていません。
本来、利息は時間の経過とともに(厳密に言えば1秒ごとに)支払うべきですから、
12月31日の時点で今年支払うべき利息を計算しなければなりません。

このように、取引が継続している状態でまだその支払いをしていない場合に、
今年分の未払分を記録するための勘定が「未払費用(未払利息など)」です。

また、「商品を仕入れ、代金は月末に支払うこととした」という取引の仕訳で
「未払金」を使わずに「買掛金」を使うのはなぜか、というご質問もお受けします。
「月末払いだから未払金ではないのか?」という趣旨のご質問です。
 
確かに、多くの問題で、商品の仕入代金を後払いにするときには「代金は掛けとした」と表現され、
有価証券などを購入して代金を後払いにするときには「月末に支払うこととした」と表現されることが多いようです。
しかし、問題文の表現で勘定科目を使い分けているわけではありません。

商品の仕入という本業で生じた後払い項目を「買掛金」、
本業以外の取引で生じた後払い項目を「未払金」と呼んでいるのであり、
取引の性質によって使い分けているのです。
決して、問題文の表現で区別しないようにして下さい。

簿記が使われる現場では、取引が問題文で示されることはありませんから!



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。