簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは。

年末年始はリフレッシュのため家族旅行に行きました。
最近の我が家の家族旅行のスタイルは、2泊旅行の場合、
1泊は、夕食が部屋食の旅館に泊まって優雅に過ごし、
もう1泊は夕食がビュッフェスタイルの大規模なホテルに泊まるというスタイルです。

今回の旅行では、群馬県の老神温泉にある優雅な旅館に1泊、
鬼怒川にある大規模ホテルに1泊することにしました。

鬼怒川では鬼怒川観光ホテルという大江戸温泉物語グループのホテルに泊まりました。
夕食・朝食ともビュッフェで1泊10,000円前後という魅力的な価格です。
今回は、ちょっと奮発して最上階のスウィートルームに泊まることにしました。

ホテルのHPでスウィートルームの写真を見てみると、通常の部屋の2部屋分の広さで、
リビング・寝室・和室付きのかなりゴージャスな感じがする部屋です。
といっても、お値段は通常の部屋に3,000円プラスなだけなので、
高価なわけではありません(私が泊まれるくらいなので(笑))。

それでも実際に部屋に入ってみると広いこと! 
リビングにはコの字形でベージュのソファが配置されており、
70形の液晶テレビが壁掛けされていて、もう高級感満点です! 
和室も広々としており、これで3,000円プラスなだけでいいの?って感じです。

また、夕食・朝食ともかなりおいしいビュッフェでした。
この手のホテルのビュッフェというと、“安かろうまずかろう”が
定番のような気がしますが、全くそんなことはありません。

最近はファミレスも100円の回転寿司も一昔前とは違ってかなりおいしいですし、
安いからマズイということは、あり得ないのでしょう。

そのホテルのウリは焼きたてのステーキだそうですが、
「食べ放題のステーキだからねぇ」という感じで、期待はせずにいきました。
でも見事に裏切られました。焼きたてがどんどん並べられ、おいしいのです! 
なんでこんなにおいしいのでしょう!?

これだけのご飯を食べさせてもらって、あんな広い部屋に泊まらせてもらって、
気持ちいい温泉に入らせてもらって13,000円。

どうすればこんなに安く提供できるのでしょう? 
大江戸温泉物語グループといえば、最近、どんどん規模を拡大させているグループですよね。
効率的なホテルオペレーションの秘訣があるのでしょうね。

ちょっと詳しく調べて、自分の仕事の効率アップに
役立たせられないかなと思いながら過ごした優雅な時間でした。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。