簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

皆さん、こんにちは!
簿記講座担当の小野です。
毎日いろんなことがあって大変だと思いますが、
今日もがんばっていきましょう!

いやいや、消費税の増税が中止されました。
現在の教材は8%の税率を前提にしていますので、
10%にアップしたら教材を一部修正しなければなりません。
しかし、教材の修正も2年ほど延期してよいということになり、
あぁ、これで少し仕事が減った! 

なんてことを言ってる場合ではありません! 
我々現役世代は、先送りによって、より大きなダメージを受けるだけだからです。

政府は、増税すれば消費が減るといいます。
それによって、景気が悪くなり、若年世代は給料を下げられたり、職場がなくなったり
、就職活動が厳しくなったりと、すぐに悪い影響に直面するといいます。
だから、しばらく増税を延期して、経済がよくなるのを待ちましょうと。

でも、その分だけ財政再建が遅れます。ということは、
危機が来る可能性が高まります。

今は日銀が国債を買いまくっていますから、
日本国政府は利率をあまり高くしなくても国債発行(借金)が可能ですが、
日銀には購入限度があり、それを超えてしまうとどうなるでしょう? 
国が倒産して別の国に乗っ取られるなんてことはないにしても、
相当な混乱が生じること必至だと思います。
消費税がアップすることで生じる悪影響(景気が悪くなる)とは
比べものにならない混乱が生じるでしょう。

平成27年3月31日現在、日本国政府(独立行政法人等を含む連結)は439兆円の債務超過です。
1,3000兆円を超える借金がありますが、
900兆円くらいの資産がありますから、
現在は439兆円の債務超過となっています。

これをどうするんでしょうね? 
消費税が債務超過を解消するための取組(社会保障など)に投入されるはずだったのに、
それがなくなってしまいました。

市場金利の上昇などでこの債務超過部分が大きな悪影響
(この部分の利息を支払えなくなるなど)を及ぼし始めるのは5年後でしょうか、
10年後でしょうか。

結局、若い世代(あと30年以上、現役をしなければならない世代)にとってみれば、
今すぐ景気が後退するか、5年後か10年後に(あるいはもっと後?)
メチャメチャ混乱するかの選択です。もうどっちでもいいか!?



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。