簿記のスペシャリストによるこっそり裏講義

未分類

皆さん、こんにちは。

いやぁ~、ちょっと高額な買い物をするために焦りますね。
消費税8%アップに伴う表示価格変更の件です。

消費税5%のときは、税込表示がなされていました。
消費税込みの金額で商品の価格が表示されていたわけです。
これが、消費税8%への変更されると、税別(税抜)表示となりました。

慣れの問題ですが、ちょっと高額の買い物をするときには驚きますね。
夏の家族旅行をネットで申し込んだときのことです。

ホテルのネット予約をすると、家族4人で40,000円と表示されました。
そのままクレジット決済の画面に進むと、総支払額43,200円と表示され、
決済ボタンが表示されます。ここで、「あっ、税別なんだ」と思い出してしまいます。

普段、ナナコなどの電子マネーで代金を払っていると、
レジで実際に支払っている金額を意識する機会が
少なくなってしまっているというのもあるのでしょう。

本当はそれではいけないのですが、
コンビニで100円と表示されて棚に並べられている商品を購入し、
ナナコなどで支払うとき108円支払っている感覚があまりないんですよね。

そのせいか、高額な買い物で支払額を確実に確認するような場面では、
上乗せされる消費税にギョッとしてしまいます。

息子達が背負う国の借金を少しでも減らすため、と思って消費税を払っていますが、
その一方で、相変わらず垂れ流し状態が放置されている部分があるとの報道も目にします。

でも、税金払わないと法律違反だしなぁ~。小市民には、つらい毎日です。



皆さん、こんにちは。

近所のお肉屋さんが、とにかく、すごいんです。
(なぜ、これが所得移転なんて難解な話に結びつくのでしょう?)

今時、お肉屋さんやお魚屋さんといった個人商店はほとんど残っておらず、
食料品はスーパーで買うのが当たり前となった中、
うちの近所には個人経営のお肉屋さんがあります。

そして、このお肉屋さんがとにかくすごいんです。

まず、安い。といってもマズイ肉を売っているわけではないですよ。
スーパーで買えばグラム1,000円くらいしそうな、
見るからにおいしそうなお肉をグラム500円くらいで売っているんです。

そして、商売っ気が全くないんです。
儲けてやろう的な感じが全くなくて、子どもを連れて買い物に行くと必ずお菓子をくれたり、
ただでさえ安い価格をさらに値下げしてくれたり、
300gお願いすると350gくれたりと、すごいサービスです。

いつも、妻と、「なぜあんなにサービスしてくれるんだろう?
お肉屋さんが趣味で、実はがっぽり稼いでいる本業があるんじゃない?」
などと話していました。

やはり、どうやら本業(アパート経営)があるらしいんです。
そのお肉屋さんはある建物の1階に入っていて、2階より上はアパートです。
そして、その建物を所有しているのがお肉屋さんのようなんです。

だから、基本的にはアパート住人の方から入る家賃で生活していて、
お肉屋さんは副業みたいなものなのかもしれません。

ということは、アパート住人の方が払う家賃が、
お肉の販売価格を補っているということであり、
私が食べているお肉の一部はアパート住人の方に買ってもらったものということになります。

そうです! アパート住人の方から私への所得移転が起こっていたのです!
私もおじさんになり、「いろいろな人々に助けられて生きているな」
と素直に思えるようになってきましたが、
まさか、アパートの住人の方にも助けられているとはね・・・。

何だか、驚きの1日でした。



25

2014/06

価格と品質

0:00:02 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

価格と品質の関係はとても難しいですね。
 
GW中に四万温泉に旅行に行ってきました。
「千と千尋の神隠し」のモデルの一部にもなったという旅館に泊まってきました。
ネットなどで調べたところ、かなり評判が良いようで、旅館内もいろいろな工夫がなされていて、
とても面白そうでした。

一方、料金はGW中ということもありけっこうな価格で、大人一人約20,000円でした。
 
しかし、しかし! 20,000円でも十分納得できる旅館でした。
この旅館は江戸時代から続いている旅館だそうですが、古い建物を今でもきちんと整備して使っていて、
とてもレトロな感じのお風呂に入っただけでもかなりの満足度です。
全部で3つの建物があり(時代が進むにつれて、増築されたそう)、
それがトンネルでつながっています。そのつながり方が子ども達にはとても気に入ったらしく、大興奮でした。

というように、20,000円という絶対額をみるとなかなかの価格に見えますが、
私たち家族にとってはとても満足できたわけです。

でも、高いからといって、必ずしもいいとは限らないのが難しいところです。
有名な温泉地だと価格帯自体が高めになりますから、20,000円でも安い旅館となってしまうんですね。
 
う~ん、なかなか奥深い世界です。



18

2014/06

絆と言いながら・・

0:00:30 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

大震災のときに絆がキーワードになりました。
でも、なかなか実践するのは難しそうです。

個人所得税では平成25年分から、復興特別所得税として、
本来の所得税の2.1%が上乗せされます。

確定申告で税務署に申告書を出しに行くと、
税務署の方がほとんどの提出者にこの事を説明し、申告書の訂正をお願いしていました。
たぶん、提出者が持ってきた申告書の復興特別所得税計算欄が空白だったんでしょうね。

税務署職員「今年分から復興特別所得税との課税が始まりますから、
2.1%分上乗せして、税額を計算してください。」
納税者「えっ、税金増えるの?」
税務署職員「えぇ、すみません。復興に充てる資金が必要なものですから。」
納税者「えぇ~~!」
 
上乗せ分は復興資金に充てられる(厳密には、すでに復興資金を借金で調達しているので、
その返済に充てられる)んですが、そのお金を税金として払うのは難しいのですね。

また、企業の行動も似たような感じで、企業と従業員の関係では絆はなさそうです。
よく、デフレだから給料が下がったと言われていますが、
実は、公表されたデータを見ると順序が逆なんですね。先に下がり始めたのは給料なんです。

個人は給料が下がったから出費を削りました。消費が減るわけです。
すると、その逆側にいる企業にとってみれば売上が減り、場合によっては赤字になってしまいます。

すると、値下げやコストダウン(給料カット)をしなければならなくなり、
従業員の給料がさらに下がり・・・ということで、デフレスパイラルが始まったわけです。

デフレスパイラルの起点が給料カットだったとすれば、
日本全体で見ると、企業は自分で自分の首を絞めていた20年だったわけですね。



皆さん、こんにちは。
 
年金財政の再検証結果をくわしくみるほど、夢と希望が遠のいていくような気がします。
政府は所得代替率(現役世代の平均給料に対する平均年金支給額の割合)50%以上を
確保した年金制度の維持を約束しています。

要するに、「高齢者に払う平均年金額を現役世代の平均給料の50%以上で
確保した状態で年金制度を維持します」と約束しているわけです。
現役世代の平均給料が500万円だとすれば平均年金支給額は250万円以上を確保するということです。
 
「労働参加が進む」ケース(A~E)でぎりぎり所得代替率50%を超えています。
でも、でも、この条件がけっこう厳しいですよね。

まず、「労働参加が進む」とは次のケースです。これだけ高めるために必要なことは何でしょう?
・60-64歳の男性の就業率が87%になる(現在は70%)。
・65-69歳の男性の就業率が65%になる(現在は46%)。
・25-40歳の女性の就業率が85%程度になる(現在は70%程度)。

物価上昇率はEのケースでも1.2%です。
ちなみに2013年を100としたときの1980年の物価は77です(総務省統計局)。
つまりバブル発生前から現在までの33年間の平均で、毎年約0.8%の物価上昇だったということです。
Eのケースは、今後、毎年、平均でその1.5倍の物価上昇が起こるという計算です。

実際に起こる可能性があるのでしょうか?

賃金上昇率は過去のデータをすぐに探せず、妥当なのかどうかわかりません。

運用利回りは国民から保険料とした預かったお金の運用利率です。
物価上昇分を除いた実質の数字ですから、名目上は物価上昇分を上乗せした分の実現が必要です。
Eのケースでは、名目上、毎年平均4.2%の利回りが必要です。

資産のうち6割以上を、利率0.8%程度の国債で運用している
年金資金が4.2%の利回りを得るためにはどんな奇策があるのでしょう?

このように、ざっと見ただけで所得代替率50%を超えるための
ハードルがかなり厳しいように見えるのです。

あぁ~とネガティブになってしまった今日この頃です。



皆さん、こんにちは。

いやぁ、かなり衝撃的な試算が出てきましたね。
以下が、年金財政の再検証結果です。

年金財政の再検証結果

遠い将来についての予測ですから、現実に試算のとおりになるかどうかは全くわかりませんが、

衝撃的であることだけは確かです。
どこから見ても、「あぁ~」とため息が出てしまい、夢も希望もなくなりそうな内容です・・・。

まずは前提を確認してみましょう。
・出生率:1.35(ここ数年は1.4前後)
・平均寿命:男84歳、女90歳(現在は男79歳、女86歳)

このあたりの前提は現実を反映した。
でも平均寿命ってさらに延びるんですかね・・・。

以上の前提にもとづいて、労働参加率、物価上昇率、賃金上昇率、運用利回りの
見通しに関して8つのケースに分けて試算されています。
う~ん、すべてのケースで所得代替率が50%近辺に集中しているところがとても気になるところです。

労働参加 物価上昇 賃金上昇 運用利回り 所得代替率
A 進む 2.0% 2.3% 3.4% 51.0%
B 1.8% 2.1% 3.3% 50.9%
C 1.6% 1.8% 3.2% 50.9%
D 1.4% 1.6% 3.1% 50.8%
E 1.2% 1.3% 3.0% 50.6%
F 進まない 1.2% 1.3% 2.8% 45.7%
G 0.9% 1.0% 2.2% 42.0%
H 0.6% 0.7% 1.7%

もちろん、他にも様々なケースに分けて試算されていますが、
この結果がメインの結果として各種メディアでも報道されているようです。

さて、どういうことでしょう?

 



28

2014/05

労働者の逆襲?

0:00:35 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

前回はちょっとふざけた話でしたが、
今回は、またいつものパターンに戻ります。

最近は景気が良くなってきたといわれ、
レジャー施設やショッピングセンターはどこも賑わっていますね。
そこで問題となってきたのが、労働力不足です。

そもそも少子化で若年層の労働力が減ってきて労働力の供給が減っているところに、
景気による労働力需要が高まりました。

供給が減って需要が増えた結果は、経済学が教えるとおり、
価格(給料)の上昇です。労働者にとってはもらう給料が多くなり、
企業(経営者)にとってはコストの増加です。
 
意図的なわけではない(労働者が意図的に景気をよくしたわけでもないので)でしょうが、
労働者の逆襲が始まったわけです。
こうなると、労働者はよりよい条件を求めて労働市場を移動します。

とくに、アルバイト・パートの世界では顕著です。
そもそもアルバイト・パートとして働いている人は会社に対する義理もないし、
安い時給でいいように使われているのですから、
よりよい条件を提示するバイト先が見つかれば、さっさと乗り換えることでしょう。

経営者はそれに対応しなければなりません。
ファストファッションを代表する企業の社長は「優秀な人材がアルバイトで働く時代ではなくなったので、
希望者を正社員にする」と言いました。

ということは、これまでは、「優秀な人材」でさえアルバイトで使い回してきたということでしょうか?
また、低価格居酒屋を代表する企業は安い労働力を調達できなくなり、60店舗を閉鎖しました。

いずれにしても、労働者側に有利な状況になってきたことに変わりはありません。
労働者は、給料が安く、仕事がきついところでは働く必要がなくなってきたのです。
こんな状況がいつまで続くでしょうね?



皆さん、こんにちは。

目下、日本の最大の課題は財政問題と少子化問題です。
高齢者が増えても同じくらい若年層が増えれば国全体の人口構成は変わりませんので、
問題はそれほど大きくないでしょう(食糧問題などは出てくるでしょうが)。

現在は、若年層が増えないことが最大の問題なんですね。
それが社会保障など様々な部分へ悪影響を及ぼします。

先日、食料品を買い物していると、
これまではだいたい100g1,000円だったイクラが100g1,500円くらいになっていました。
思わず妻に聞いてしまいました。「この前イクラ買ったとき、いくらだったっけ?」

冗談はさておき、この値上がりの理由を考えてみました。
漁師さんの人件費の上昇や、漁船の燃料など資源の値上がりなどの影響が少しはあるでしょうが、
イクラの価格が1.5倍になるほど高騰したとは考えられません。

また、インフレ基調にあるとしてもせいぜい1~2%(消費増税込みで4~5%)ですね。

とすれば、イクラそのものが減少したことによる値上がりしか考えられません。
イクラがあまりとれなくなり、イクラの価格が上がったのでしょう。
つまり、サケの世界でも少子化が進んでいるのです! 

一般に、生活水準が高まると出生率が低下し少子化が進むといわれています。

海でも人間が垂れ流す栄養たっぷりの排水から多くのプランクトンが生まれ、
それが食物連鎖の下の方に位置する魚たちを増加させ、
その結果、サケのエサとなるような魚が増えたのでしょう。

そうすると、サケはそれほど苦労せずにエサにありつけますから、
余暇を他の活動にあてることができるようになります。
そういえば、この前海に行ったときに、魚たちがボウリングをしているのを見ました(ウソ)。

そうして、エサを探す時間が減ると生活そのものが楽しくなり
(生活水準が高まり)、少子化(=イクラの減少)につながるというわけです。
 
少子化はもう人間だけの問題ではなく、生物全体の問題なのです(んなわけないか)!



皆さん、こんにちは。

消費税増税から約1ヶ月、皆さんはいかがお過ごしですか?

消費者庁には、便乗値上げに関するクレーム(?)がたくさん届いているそうです。

例えば、「近くのスーパーでは、増税前に税込表示だったのが、
増税後は税抜表示になっているにもかかわらず、価格が同じだ」とか、
「支払額が3%を超える値上げになっている」といったクレームです。

どちらのクレームも、増税分以上に値上がりしているのでけしからんというクレームなのでしょう。

じゃあ、買わなければいいのでは? と思ってしまうのは私だけでしょうか。
これだけ小売りのお店が増えている現在、あるお店が少しでも便乗値上げをすると、
多くの消費者は近隣の同種のお店に移動するでしょう。

だから、近隣のお店同士はけん制しあいながら、日々の価格付けをしているはずです。
お店同士がお互いのチラシをチェックして、特売品の緊急値下げをしたりするわけですよね。
だから、便乗値上げが気にくわないのなら、そのお店で買い物しなければいいだけの話だと思うんです。

便乗値上げで減ってしまったお客さんを取り戻すために、
そのうち便乗値上げをやめるでしょうから
(ただ、過疎地域などで、その地域に食料品店が1店舗しかないといった場合はやっかいな問題になりますが・・・)。

こんなクレームが寄せられると「世の中いろいろな人がいるんだなぁ」と思ってしまいます。
ITパスポート講座でのブログ【増税前のまとめ買いはお得だった?】でも書きましたが、
3月末には多くの商品が値上がりしていました。

でも、それに対するクレームが消費者庁に寄せられている
という報道はほとんどでませんでした
(クレーム自体がなかったのか、クレーム自体はあったけれども報道されていないだけなのかはわかりませんが・・・)。

増税前の値上がりのほうがよっぽど便乗値上げと言えそうな事例が多い気がしますが、
その時々の環境によって、その値上げの捉え方が違ってくるんですね。
環境に惑わされないものの見方ができるように鍛えなければいけませんね。



07

2014/05

ダンスで運動不足解消!

14:36:40 | 未分類 |

皆さん、こんにちは。

私の仕事はデスクワークが多い仕事です。
ですから、生まれてこれまで40年も経つと、
おなかの周りには少しずつ得体の知れないドロドロとしたものがたまってきます。

このままではメタボ診断で引っかかってしまいます! あぁ~大変だ!

以前は、夜、ジョギングをしていました。
でも少しずつ仕事が増え、最近は帰宅する時間も少し遅くなってしまいました。
朝起きる時間は変えられないので、寝る時間は変えられません。

ですから、すっかりジョギングもできなくなってしまいました。
5~6km走るだけでも結構な時間がかかってしまいますし、
黙々と走ることになるので結構飽きちゃうんですよね

どうしたものかと思っていたところ、TRFという救世主が現れました。
書店をぶらついていると「TRFのシェイプアップDVD」なるものが販売されているではありませんか
(ぶらついている間にジョギングしろ!というツッコミも可能ですが・・・)。

TRFの曲にあわせてダンスをすることで運動不足解消!だそうです。
DVDが7枚(7曲分)発売されているそうで、
上記のDVDはそのうち3枚(3曲分)をダイジェスト版で収録しているそうです
(価格は1,000円くらいだったと思います)。

いやぁ、やってみると、ダンスって結構キツいですね。
ダイジェスト版なので各曲2分くらいずつしか収録されていないのですが、
2分くらい×3曲でもうヘトヘトです。

早速、本来のDVDを購入しました(まんまとTRFの策略に引っかかってしまいました)。
フルバージョンで踊るともうヘトヘトヘトヘトですね。

ただ、一人で黙々とやる必要がなく、
奥さんと子ども2人の合計4人でテレビの前で踊れるのでなかなか楽しいです。
フルバージョンで5曲くらい踊っても25分くらいです。

パッケージの説明書きによると、15分あたりの消費カロリーはテニスの3倍らしいですから、
結構な運動量になっているはずです。

さぁ、これで運動不足解消+おなかのドロドロしたもの解消になるか?
スマートになったら、再度報告したいと思います(報告がないときは失敗したということで・・・)。



小野正芳

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。