通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

ヤマトグローバルロジスティクスジャパンは、AEO制度の「認定通関業者」として東京税関長から認定され、国際小口貨物(国際宅急便)を取扱う国際フォワーダーとして業界初の認定業者となりました。

ヤマトグループでは、2013年9月に、日本最大級の物流ターミナルである「羽田クロノゲート」を竣工する予定で、本格稼動に向け、輸出入貨物に様々な付加価値を付けるサービスを提供するための国際物流機能を強化しています。

通関士試験受験勉強でもの学習しているとおり、AEOは「オーソライズド・エコノミック・オペレーター」の略で、当該制度は国際物流におけるセキュリティ確保と円滑化の両立を図り、日本の国際競争力を強化するため、貨物のセキュリティ管理と法令遵守の体制が整備された事業者に対し、税関手続の緩和・簡素化策を提供する制度です。

同社は、国際物流における貨物のセキュリティ確保と法令遵守が求められる中、社内体制や業務手順を強化し、2010年6月に保税蔵置場(外国貨物を保管する倉庫等)に関する「特定保税承認者」の承認を受け、その後も、全国17カ所の通関営業所における通関業務などの強化に取り組み、今回、「認定通関業者」に認定されました。

学習した制度が、具体的に運用されている場面のイメージに活用してください。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。