通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

日本航空 やANAホールディングス が、国内の石油元売り各社からの調達価格が上昇する懸念があることから、成田空港向けのジェット燃料について自社で輸入することを検討しており、早ければ2014年度にも取り組むとのことです。

石油各社は石油製品の国内需要の減少を背景に製油所の精製能力を削減しており、供給過剰が緩和されつつある中で堅調な需要に支えられたジェット燃料の国内調達価格は上昇傾向にあることから、燃料費を抑えるため航空各社が輸入を視野に入れる状況となった模様です。

日本航空によると、同社は過去に成田空港向けにジェット燃料を輸入していた実績がある一方で、国内石油各社からの調達が輸入価格を下回ったために、2007年以降は輸入を見合わせています。現時点でも国内調達価格は、韓国からの海上運賃などを含めた輸入価格を下回っています。

日本航空広報部によると、製油所の能力削減が今後も継続する見込みであることから「今後国内価格が上昇することを懸念しており、常に内外価格差についてはアンテナを張り、輸入再開の必要性を見極めている」とのことです。14年度以降の本格的な輸入再開を検討しているようです。

ANAホールディングスの広報担当も、同社としては燃料輸入の実績はないものの「ジェット燃料価格が高止まりしている環境下で、選択肢のひとつとして検討している」と話しした。

石油資源の乏しいわが国では、「輸入戦略」が重要になりますね。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。