通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

農林水産省はこのほど、
「2014年農林水産物・食品の輸出実績」(速報)を発表しました。

それによると、2014年の農林水産物・食品の輸出額は
前年比11.1%増の6,117億円となり、
2年連続で過去最高を更新しました。
6,000億円を超えたのは1955年の統計開始以来、初めてのことです。

近年の輸出は、円高や2011年3月に発生した
福島第1原発事故の影響などにより
落ち込みが生じていましたが、2014年は世界的な
和食ブームの影響などから
日本産食材の需要が増加したとみられます。

内訳は、農産物が前年比13.8%増の3,570億円、
林産物が同38.5%増の211億円、
水産物が同5.4%増の2,337億円。

輸出先を見ると、1位は香港で前年比7.5%増の1,343億円、
2位は米国で同13.9%増の932億円、
3位は台湾で同13.8%増の837億円、
4位は中国で同22.4%増の622億円、
5位は韓国で同9.6%増の409億円となりました。

品目別に見た場合、農産物では、
菓子(米菓を除く)が前年比33.1%増の148億円、
清酒が同9.3%増の115億円、
りんごが同20.7%増の86億円などと増加。

水産物では、ホタテ貝が同12.1%増の447億円、
真珠が同30.5%増の245億円、
さけ・ますが同36.7%増の114億円などとなりました。

輸出の観点でみると、日本産のものが
どのエリアに行き渡っているのかが
わかりますね。



神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。