通関士スペシャリストによるこっそり裏講義

学習について

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

政府は、国産豚肉の輸出拡大に向け賞味期間を延ばすための検討を始めたようです。
国産の賞味期間は20日間と短く、現在は船便での冷凍輸出がほとんどで、
輸出先は近場のアジアや中東に限られています。
政府が2019年までに掲げる豚肉輸出12億円(1000トン相当)の達成に向け、
賞味期間の延長を戦略の一つとして、販路拡大につなげたいとのことです。

真空包装で0度保存の場合は、国産豚肉の賞味期間は20日間と定められています。
一方、米国やカナダ産は国産の2・5倍の約50日間となっています。
賞味期間の短さから、国産豚肉は9割以上が冷凍品で船便での輸出になっています。

香港向けが最多で、シンガポールや台湾などアジアと中東の8カ国・地域に
輸出しています。牛肉に比べ、輸出できる国や地域が少ない状況です。
同省は「賞味期間が延びれば、冷蔵での輸出や、輸出先の拡大につながる」と
期待しているとのこと。

17年の豚肉輸出量は前年比19%増の622トン(7・2億円)でした。
右肩上がりで増えていますが、今年1~6月の輸出量は前年同期比9%増と
伸びが鈍化しています。輸出量は、日本の豚肉輸入量93万トン(17年)と
比べるとわずかです。販路を国内外に広げる戦略が求められています。



13

2018/08

本試験までの計画

10:00:21 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

夏休みを利用して学習を進める予定の方(進めた方)も
多いと思います。
例年、大きく実力をアップする方が多いのが、
今の時期です。

そんな中、ぜひ気をつけていただきたいのが、
本試験までの勉強計画の設定・見直しです。
本試験まで、まだ時間はありますが、
「まだまだ先」と悠長に構えていられない時期です。
一方で、気ばかり焦っても仕方ありません。
まさに「千里の道も一歩から」というところです。

私がお勧めしていることは、全体スケジュール
(本試験日をゴールとしてあと何週間(何日)あるのか)と
詳細スケジュール(今日・明日は何をすべきか)は、
ご自宅等では常に目に入るところに貼り付け、さらに持ち歩くことです。
学習用の部屋の壁に貼り付け、持ち歩く際は紙の手帳でもいいですし、
スマートフォン等でデジタルデータを確認する方法でも構いません。
ご自身のゴールを意識的に目にするだけで、
状況を過信することや無駄に焦ることも少なくなります。

「今日の学習が明日(みらい)の自分を創る」と信じて、学習を進めましょう。



みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

いよいよ、第52回通関士試験(平成30年)案内公告されました。
詳細は、以下のURLを参照してください。
http://www.customs.go.jp/tsukanshi/52_shiken/52annai.pdf

特に注意いただきたい、2点を掲げておきます。
(1)試験日
平成30年10月14日(日)
(2)受験申込の受付期間
受付期間・時間は、平成30年7月 23 日(月)午前 10 時から
同年8月 6日(月)午後5時までです。(土曜日及び日曜日を除く。)

ご自身のカレンダーや手帳に試験日を書き込み、気持ちを新たに学習に取り組みましょう。



23

2018/07

腹八分目

10:00:20 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

夏の暑さが本格的になってきました。
暑さは体力を奪います。体力の低下にはご注意ください。

暑さで食欲が低下する方も多いかと思います。
幸い、私は暑さが理由で食欲が落ちることありません。
思い返してみると、基本的に食事を少なめにとっていることが
功を奏しているような気がしています。

“腹八分目に医者いらず”という格言があるそうです。
たしかに、満腹よりも「もう少し食べられるな…」くらいに
留めておいたほうが、その後の活動や夜の睡眠、朝の目覚めも良い気がします。

一時期、“粗食のススメ”といったフレーズが流行しました。
身体に良い物のみを食べることが良いことだとは思いますが、
それだけではつまらないですよね(食欲が強い私だからでしょうか…)。

かさ増しと栄養バランスの観点から、
最近食事には野菜を多く取り入れようと意識しています。
ついついコンビニやレトルト食品に手が伸びてしまいますが、
ほんのひと手間で食欲の満足と健康が手に入るなら悪くないですよね。

ちょっとした工夫で生活の質が高まる取り組みを続けていきたいと思います。



みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

大手自動車メーカーが、トランプ米政権が安全保障を理由に
自動車や自動車部品の輸入に25%の追加関税を検討していることに対し
声明で抗議しました。
同メーカーは工場や販売店で勤務する13万7000人のアメリカ人は
「安全保障上の脅威ではない」とし、「我々は強い米製造業の代表例だ」と
主張しました。

同メーカーは「25%の関税は消費者への税金に他ならず、
米国内で販売するすべての自動車のコストが上昇する」と指摘しました。
米国で販売台数が多く米国内の工場で生産している車種の製造コストは
1800ドル上昇する可能性があるとの見方を示しました。

トランプ米政権は今年5月23日に商務省に自動車や同部品を対象に
安全保障を理由に輸入制限を課せる通商拡大法232条に基づく調査を指示し、
商務省は7月下旬から8月までに調査を完了する方針を示しています。



09

2018/07

参考質問

10:00:10 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

次の内容の質問をいただきました。
このご質問は、他の方も疑問にお持ちになると思いますので、
ブログにて回答を公開します。

■質問内容
通関士資格は一生有効なのに、資格を「喪失」したり、
「通関士でなくなる」という言葉の表現が、よく理解できません。
類似問題を解く上で、だいたい正解してはいますが、
「喪失とは、一旦なくなり、再度戻る」とはいっても、
「なくなる、喪失する、取り消される」等の用語使用方法がわかりません。

■回答
まず前提として、資格喪失の意味は、
「永久に通関士となる資格を剥奪される」ということではありません。

改めて「確認」を受けることができる状態((1)欠格事由該当による喪失であれば、欠格期間の経過後、
(2)退職による喪失であれば、他の通関業者への就職等)になれば、
新たに「確認」を受けることによって再び通関士となることができます。

なお、「なくなる」と「喪失」は法令上および試験上は同義で用いられています。



みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

開庁時間外事務執行の求めの届出手続について、
「通関業務」とされる場合と、「関連業務」とされる場合があり、
混乱されている方が多いようです。

次のように整理して理解するとわかりやすいです。

開庁時間外事務執行の求めの届出手続が、
「通関手続」とされるのは、当該届出手続が、
輸出入等の申告からそれぞれの許可、承認等を受けるまでの間に
行われるものに限られます。

(1)「通関業務」に該当する例
次のタイミングで行われる「開庁時間外事務執行の求めの届出手続」は、通関業務です。
輸入申告(3:00pm) → 開庁時間外事務執行の求めの届出手続(4:30pm) → 輸入の許可(7:00pm)

(2)「関連業務」に該当する例
次のタイミングで行われる「開庁時間外事務執行の求めの届出手続」は、関連業務です。
開庁時間外事務執行の求めの届出手続(4:30pm) → 輸入申告(5:30pm) → 輸入の許可(7:00pm)

通関業務か関連業務かを問う出題は本試験で出題される場合があります。



25

2018/06

手打ちうどん

10:00:26 | 学習について |

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

私は、麺好きです。
うどん、蕎麦、ラーメン、パスタ…、
1日3食すべてが麺類でも全く気にならないくらいです。
少々極端ですが…。

最近、休日に取り組んでいることのひとつに、
手打ちうどん作りがあります。
小麦粉・水・塩を一定量まぜて捏ねるというシンプルな作業ですが、
これがなかなか奥深いです。
また、小麦粉・水・塩のそれぞれの素材や調合を
あれこれ考えるのも楽しいです。

生地を捏ねる作業や麺切り作業を無心に打ち込むことが、
日常のストレスを開放できる時間だと感じています。

完成後、家族に食べてもらい、あれこれ感想を聞けるのも楽しいです。
みなさんも、手打ちうどん作ってみてはいかがですか? 意外に面白いですよ。



みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

農林水産省は5月30日、4月のアメリカ産冷凍牛肉の輸入数量が
前年同月比63・2%増の1万5419トンだったと公表しました。

緊急輸入制限(セーフガード)が4月1日に解除され、
アメリカ産冷凍牛肉の関税率が50%から38・5%に戻った事で、
通関を保留していた分がいっぺんに入ってきた事が要因のようです。

なお、4月の冷凍牛肉全部の輸入数量は29・4%増の3万7002トンでした。
生鮮・冷蔵牛肉は10%増の2万5119トンで、特に量販店が取り扱いを増やしている豪州産の伸びが大きかったようです。



みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

次の内容の質問をいただきました。

■質問内容
「テキストの中で、【税関長の許可】と【税関長の承認】といった文章があるが、
【許可】と【承認】に意味の違いはあるのか?」

このご質問は、他の方も疑問にお持ちになると思いますので、
ブログにて回答を公開します。

1.定義
(1) 【許可】とは、法令などによって一般的に禁止されている行為を、
特定の場合に解除する行為のことをいいます。

(2) 【承認】とは、一定の行為又は事実の存在を、
許諾または肯定することをいいます。

2.本試験との関係
「許可」と「承認」は、上記1.のとおり、厳密には意味が異なります。
しかし通関士試験の過去問題をみると、許可か承認かを論点とする問題は、
あまり多く出題されていません。
(外為法からの出題では存在しますが、逆に言えばその程度です)

むしろ、「許可(または承認)」が必要なのか、
それとも「届出」で足りるのか、といった論点で出題されます。

なお、「届出」とは、放任状態では違法行為が行われる可能性があるため、
ある行為を行うに当たって、監督官庁に事前(または事後)通知する義務を課したものです。



1 / 3412345...102030...最後 »

神田明

毎週欠かさずチェック!

フォーサイト公式サイトへ
フォーサイトのeラーニング「道場破り」へ

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。