通関士講座の講師ブログ

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

「合格するために必要な勉強時間を教えてください」
よくいただく質問です。

ご自身の勉強時間が足りているのかどうか、不安になりますよね。
1年に1度きりの本試験。それに向けて数ヶ月~1年以上もの期間、
受験勉強を続けることは、真剣に取り組めば取り組むほど、不安に陥ります。
そういう意味で、受験勉強は不安との戦いといってもいいでしょう。

さて、「合格に必要な勉強時間」の回答ですが、私は
「何時間したら合格レベルとは一概には言えないですよ。ご自身の可処分時間と本試験までに
残された時間との兼ね合いで勝負するしかないですよ。」といった回答をしています。
「それでも一応の目安を知りたい」という方には、「最低でも300時間程度ですかね」と答えています。
「ですかね」という表現はなんとも無責任に聞こえるかもしれませんが、これが本音です。

私は「勉強時間」と「結果」は必ずしも一致しないと思います。
そもそも「勉強時間」の位置づけ自体、曖昧です。
「勉強机に向かっていた時間」「参考書を読んだ時間」「問題集を解いた時間」などなど。
どれも「勉強時間」といえそうです。
しかし、ついつい居眠りしたり、“読んだ”のではなく “眺めた”程度だったり…、
集中している時間は、本当は何時間だったのか振り返ると愕然とすることはよくあることです。

勉強時間の長さを不安に思うのではなく、今日勉強した部分については、
明日試験があっても勝負できる(合格できる)自信がもてる学習をする、
これが合格に必要なものだと思います。

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

法律の勉強で、最初に学ぶ項目に「定義」があります。

通関士試験において、以前は「記述式」という出題形式があり、
定義を解答用紙に書かなければならないことがありました。
そのため、受験者は必死に定義を暗記しました。
定義がうまくかけないと十分な解答とはいえないと推測されたためです。
(「推測」と表現したのは、以前は「正解」が試験実施機関から公開されていなかったため、
採点にどのように影響したかは不明であるためです。)

現在、本試験は記述式から語群選択式による出題に変更されています。
そのため、自前で定義を記述することは解答上不要となっています。
しかし定義は、その法律で規定される内容の前提となるものです。
たとえば、“輸入”の定義が曖昧なまま、輸入手続き全体を理解することはできませんよね?
したがって、「定義を理解することが法律を理解すること」の第一歩といえます。
法律を学ぶ際の「作法」は、最初に定義を徹底的に理解することです。

「定義」の部分からの出題は、ほぼ毎年出題されます。
過去問を解きながら、「定義」を正確に理解し、その後の項目の学習に弾みをつけましょう。

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

私は、桜が大好きです。
桜の季節が好きと言ったほうがいいかもしれません。

都内では例年、3月下旬~4月上旬頃が桜の見頃です。
この頃になると、季節は冬から春に移り変わり、気候が穏やかになったり、
陽気に誘われて街を散策したくなったりと、前向きな気持ちになることと、
桜の開花時期が重なることが、桜が好きな理由かもしれません。

何かの本で、
「日々の生活に疲れを感じていても、花を綺麗に感じるうちは精神的にまだ余裕がある証拠」
と書いてあったように記憶しています。
季節の花々を愛でる心の余裕を、大切にしたいですね。

そして春は、学校では入学・進級、新社会人としてのスタートと新しいことが始まる時期です。
すでに学習を始めている方は新たな気持ちで、勉強を始めようかと迷っている方は
これから、新しい出来事を一緒に楽しみましょう!

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

財務省は、宮城、福島、岩手の3県にある9つの税関が地震や津波で被災したため、
通関手続きを行う見通しがたっていないと発表しました。
3月14日から業務ができない支署・出張所は、岩手県=大船渡・釜石・宮古、
宮城県=仙台塩釜・気仙沼・石巻・仙台空港、福島県=小名浜・相馬とのことです(2011年3月13日報道)。

まさに、東北地方太平洋沖地震により、津波等の影響をうけた場所ですね。

申し出があれば、他の税関支署などに振り替えてできるよう、
調整するそうですが、大変な影響がでます。
通関手続を行うことができる支署・出張所の絶対数が減少しますので、当然、貿易量が激減します。

天災が貿易業界・日本経済へ与える大きさを感じる出来事です。

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

今回は、学習方法について話したいと思います。

突然ですが、質問です。
みなさんは、受験勉強の最中は、何を考え(思考)ていますか?
「内容を覚えようとしているに決まっているじゃないか!」という
お叱りを受けそうですが、改めて思い出してみてください。

テキストにある文字を必死に追いかけ、単に言葉を暗記しようとしている方が
多いのではないでしょうか。もちろん、暗記等を否定するつもりはありません。
暗記は勉強の要素として、としても大切なことです。

試験勉強中の思考として、私のお勧めは、「当事者意識」の思考です。
ここでの「当事者意識」は、ご自身が手続きを実際に行うと想定することを意味しています。

たとえば、ご自身が輸入しようとする貨物について、減税を受けようとした場合、
「この貨物は、そもそも減税対象の貨物なのか?」「なんの書類を準備しなければならない?」
「どのタイミングで、どこに提出する?」といった思考がめぐると思います。
この現実ベースの思考が、知識の定着に役立ちます。

ぜひ試してみて下さいね!

みなさん、こんにちは。
講師の神田です。

まず、去る3月11日に発生しました「東北地方太平洋沖地震」に
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

私は現在、都内に住んでいますので、地震は体験したものの、
生活に若干の不自由(交通機関マヒ・停電等)を感じる程度で、
生活することができています。

報道される被災地・被災者の様子を目にし、
耳にする度に被災された方々の心中をお察しします。
そして今更ながら、「普通に勉強ができること」「平凡に毎日を過ごせること」が
どんなに幸せなことなのかを、改めて痛感しました。

勉強を続ける日々のなかでは、「勉強はうんざり」「勉強しても成果が上がらないから、
受験を辞めようかな」と考える日がたまにはあるかもしれません。
私も試験分析や業務に取り組んでいるときに、ついつい怠惰な気持ちが襲ってくることがあります。

そんな日は、「勉強したくてもできない」状況を想像してみてはいかがでしょうか。
きっと気持ちが引き締まると思いますよ。