フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

ウィルパワーは「意思決定」することで消費します。
「意思決定」とは、何かを決めることです。

疲れているときに物事を先延ばしにしたくなるのは、
決断するウィルパワーが残っていないかです。

だから、決定する回数を減らすとともに、
決定しやすい環境や思考を取得して、
意思決定に際して使用するウィルパワーの量を減らすことが大切です
(意思決定の回数と質)。

具体的に朝から考えてみましょう。

まず、朝食で食べるものはいつも決めたものを食べましょう。
「今日の朝食は何を食べようかな?」
と考えるだけでウィルパワーを浪費します。

次に、その日に着る服もあらかじめ決めておきましょう。
月曜日はこの服、火曜日はこの服と決めて、
1週間分を順にクローゼットに吊るしておけば、
意思決定する必要がなくなります。

昼食についても、1週間何を食べるのかを決めておけば楽です。
このように少しでもあらかじめ決めておき、
意思決定する回数を減らしましょう。

また、いろいろな考え事についても、思考パターンを決めておく意思決定に際しての
ウィルパワーの量を減らすことができます。
たとえば、迷ったらやってみるとか、占い師に聞いてみるというのも効果的です。

よく、今決めずに保留するということもあると思います。
しかし、それだと保留したものが決定されるまでの間、
ずっとウィルパワーを食い続けるのです。
だから、決断はすぐに下した方がいいのです。

「意思決定」を減らすためには、「習慣化」が一番です。
どうでもいい判断や決断を減らし、ウィルパワーをなるべく使わずに判断や決断ができる
「仕組み」をつくりましょう。

そして、余ったウィルパワーをより重要なことに使いましょう。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。