フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

今、話題となっている
「国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか」
デービット・アトキンソン著 講談社新書を読みました。

なぜ、日本が労働生産性で先進国最低なのか、失われた30年と言われるが、
なぜ、経済成長できないのかという疑問が以前からありました。
これについて、納得できる答えを示したのが本書です。

これらについて、いままでたくさんのエコノミストがいろいろなことを言っていました。
そして、歴代内閣もいろいろな施策を行ってきました。
しかし、全くといっていいほど効果が出ていません。
これらについてやっと納得できました。

本書を読んで、先月のプログにも書きましたが、日本人は分析が苦手なんだと思いました。私も苦手です。
これから、ひとつひとつのことをきちんと分析したいと思いました。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。