フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

今までのフォーサイトのeラーニングシテスム「道場破り」は、徐々に新システム「ManaBun」に移行しています。

この新システム「ManaBun」は構想に3年、そして、開発完了は今後3年かかると予想しています。
完成すれば、世界トップレベルのeラーニングシステムであると自負しています。
このために、新たに取得した特許は、現時点で計12個、そして、現在、審査中のものと今後、申請する予定のものを含めると計20個もの特許からなる巨大シテスムです。
開発費も総額3億円を超えます。

特許申請もある程度、落ち着いてきたので、現在、社内用の設計書を書いています。
特許申請書は一般の方が読んでも、なかなか理解できません。システムの方にわかってもらうには、システムの用の設計書が必要だからです。

新しく公開された「ManaBun」は、現時点では、今までの「道場破り」と見た目はほとんど変わりません。
ただ、中身は最新のコードで書かれ、データベースも全く異なります。
そして、今後3年間をかけて、新機能を一つずつ実装、公開していきます。
これにより、合格率が徐々にアップしていくものと期待しています。
今後も、フォーサイトにご期待ください。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。