フォーサイト社長 山田浩司の社長日記

今年も1月から3月にかけて、さまざまな講座の「合格者の声」の撮影を実施いたしました。
この場を借りて、ご協力いただいた合格者の皆様に厚く御礼申し上げます。

この「合格者の声」はフォーサイトの業務の中で一番、力を入れているものです。
その理由は、この場だけが、受講生の方と接する唯一の場だからです。

以前は通学講座を実施していましたので、常に受講生の方と接することができました。
しかし、通信教育専業になってから、受講生の方とは、主にお問合せメールや
質問メールだけになってしまい、生で接する機会がなくなってしまいました。

だから、この機会に、受講生の方から多くの生のご意見をいただき、
業務改善させていただいております。

今年もたくさんの貴重なご意見をいただくことができました。
それをフォーサイトの経営に反映してゆきたいと考えています。



これまで書いてきた業務は平日に行います。
土日は、週間報告書のチェック、企画書の検討、読書です。

まず、1週間分の全スタッフの報告書を半日かけて読みます。
疑問があれば、電話をするなり、メールで問い合わせます。

次に、提出された企画書などの検討をします。
平日はバタバタしているので、じっくり考えることがなかなかできません。
ですから、集中しやすい土日に企画書の検討・執筆をします。

さらに、ビジネス書や学習に関する書籍・論文をじっくり読みます。

以上が社長業です。

スタッフには遊んでいると思われているようですが、意外にちゃんと仕事しています。笑



フォーサイトの社長特有の業務として、教材チェックがあります。

毎年、莫大な量の教材が制作されます。
そのすべてをチェックすることは不可能ですが、できるだけ私自身がチェックします。

特に重要視しているのが、テキストの原稿チェックです。

時には、スタッフから上がってきた原稿を真っ赤になるぐらい添削します。
これを繰り返すことによって、スタッフの教材制作能力が徐々にアップします。

なお、テキスト原稿のチェックは、だいたい朝の5時から9時の間にします。
頭がクリアーでないと正確な添削ができないからです。



会議・打ち合わせの次に多いのが、来客・面接です。

まず、来客。
「この来客、社長じゃなくても、いいのでは」と思うことが多々あります。
世の中、「会うなら社長」と考えている方がたくさんいらっしゃるので、できるだけ対応します。
実際は、金融機関・取引先などの担当者と打ち合わせが多くを占めます。

面接には、社員面接・講師面接があります。
社員面接ではたくさん雑談をして、その方の人となりを判断します。
そして、フォーサイトの社風に合った人かどうかをみます。

講師面接も大切です。
いかに素晴らしい講師が見つけるかがフォーサイトの講義の生命線だからです。
まず、面接をして、その方の人となりを拝見し、その後、模擬講義を実施します。



今回は、私の業務について書いてみたいと思います。
社長って、何をやっているの? と思っている方も多いと思います。

まず、一番時間的に長いのが会議・打ち合わせです。

まず、経営に関する会議があります。
取締役会・株主総会・経営会議があります。

フォーサイトの場合、会社の幹部が参加する「経営会議」で経営に関する重要な業務について決めます。
そして、ここで決定され、かつ、特に重要な案件が、取締役会に上程します。

次に、スタッフ向けの会議があります。
スタッフ全員が参加する「全体会議」や、全課長が参加する「課長会」などがあります。
また、部署毎の会議にもできるだけ参加します。

さらに、個別案件別の打ち合わせがあります。

これでわかると思いますが、社長の業務時間のほとんどが会議・打ち合わせなのです。



現在のフォーサイトのテキストのデザインは約10年前に作ったものです。

当時、フルカラーテキストはほとんどなかったので、
アートディレクターと編集のプロと私の3人で、
何度も議論し、現在のデサインになりました。

ただ、フルカラーテキストが増えた現在、
さらに素晴らしいデザインに変更すべきと思い、
テキストデザインの大改訂に着手しています。

指針は、現在のものより、視覚的にわかりやすいものにし、
かつ、やる気を引き出せるものにすること。

そのために、現在のデザインのどこが良くて、どこがダメなのかを分析し、
長所を伸ばし、短所を減らすという方針で何度もデザイン試案を作成しています。

もう少しで、今よりいいものができそうです。

ご期待ください!!



フォーサイトの教材は、すべて社長である私が最終チェックをします。

チェックする内容は、
①わかりやすいか 
②合格に必要な情報が最低限、盛り込まれているか、
かつ、多すぎないか 
という2点です。

今まで、かなりいろいろな資格試験の指導をしてきたので、
だいたいの科目はわかりますが、今もって、よくわからないのが、経済学です。
ミクロ経済・マクロ経済。

これがよくわからないので、経済政策もよくわかりません。
財政学もよくわかりません。

ただ、これではいけないので、最近、経済学の勉強を開始しています。

でも、かなり難しいですね。逃げ出したいです。笑

何かいい本、ありませんか?



昨年末から自宅のマンションの隣にあるゴールド・ジムに通っています。

通っていてわかったことですが、ここは、本気の方ばかりです。

以前いろいろなスポーツクラブに通っていましたが、
それらは仲良しクラブのような雰囲気でした。

ここは、ボディービルダーなどの本気で、
筋肉ムキムキの方ばかりが無駄話もせずに、
もくもくと真剣にトレーニングしています。

だから、ここに行くと、他の方からやる気をもらって、
真剣にトレーニングができます。

「他人からやる気をもらう」って、大切ですね。

フォーサイトのシステムでもこのようなことができないかと思案中です。



昨年20キロのダイエットに成功し、その後、リバウンドすることなく、順調です。
体調もすごぶるいいです。

ただ、ひとつ問題なのが、20キロも痩せたことにより、
お腹の下の部分にかなりのたるみができたことです。笑

全身の脂肪がなくなり、そのたるみがお腹の下の部分に集まったようなイメージです。
だから、全身を鏡で見ると落ち込みます。

この問題をどのように解決したらいいのか、
何人かのスポーツトレーナーに聞いてみました。

一つの意見が、急激にやせるとこのようなことになるので、
ペースを落とすべきという意見です。

もう一つが、結局、やせれば、必ずこのようになるので、
気にせずにこのまま減量を続けるべきという意見です。

どちらの意見も一理ありますが、当面、これ以上の減量はやめ、
まずは、お腹周りを引き締める運動をやりたいと考えています。



フォーサイトでは、毎年、この時期に「合格者の声」の撮影をしています。

この「合格者の声」はフォーサイトが受講生の方と
直接接することができる唯一機会ですので、大切にしています。

この場で、ひとりひとりの方から、フォーサイトの教材のどこが良くて、
どこが悪かったを詳細にヒアリングします。

それをまとめて、翌年の教材改訂の方針を固めます、
良いところはさらに伸ばし、悪いところは改訂するというのが基本的な方針です。

この地道な作業を毎年毎年続けています。

これによって、フォーサイトの教材は着実に進化していると思っています。
だから、今年もこの地道な作業を一生懸命やっていきたいと考えています。



山田浩司

RSSフィードについて
このブログでは、RSS(RDF Site Summery)を使って、記事のヘッドラインを配信しております。RSSリーダーなどを利用することにより、更新記事の概要をすばやくチェックすることが可能です。