FP3級の試験内容は?合格率や難易度などをチェック

FP3級とはどんな資格?試験内容や資格取得のメリットを紹介

FP3級を受ける前に、そのルールや難易度を確かめておきたい方もいるでしょう。概要や注意点を知ることで、勉強前の心がまえを整えられます。試験のルールを知ったうえで、適切な学習計画を進めてください。

今回はFP3級の資格を目指す方のために、その概要や難易度などを紹介します。これを読めば資格試験としての全容がわかり、準備に役立てられるでしょう。

目次

FPとは

FPとは「ファイナンシャルプランナー」の略です。お金にまつわる相談事を解決します。家計や老後、教育、住宅などさまざまな場面にお金の問題がかかわることから、社会的に需要が高いとされます。まずはFPの基本的な定義から確かめましょう。

生活に必要なお金にまつわる相談を受ける

FPとは生活に必要なお金に関係した相談を受け、解決へ導く仕事です。日々の生活においてお金は切っても切り離せません。やりたいことだけでなく、やらなければいけないことがあるのにお金が足りなくて困る方がいます。そうした悩みを解決する役割としてFPが期待されているのです。

FPは相談者の生活上の問題解決や目標達成のために、お金の扱いにまつわる最適な答えを出します。相談者がわからないような専門知識も使いながら、最善の解決方法を与えるのです。これにより相談者の悩みが晴れれば、FPにとっての実績になります。

FPは必要に応じて専門家とのネットワークを使います。お金の問題はさまざまで、時にはFP一人だけでは解決できない事例もあるからです。この場合は法律やお金の専門家との協力を得ながら解決を目指します。このようにFPはお金の悩みに最適な答えを出す職業です。

FPが答える主な相談内容

FPが答える相談内容は多種多様です。家計や老後、教育、住宅、保険などあらゆる場面でお金がかかるからです。時には投資による資産運用や、子どもを私立の学校へ通わせるなど、一歩踏み込んだ希望に対して答えを授ける場面もあるでしょう。

FPの悩みとして多いのが生活全般に関する相談です。たとえば家計管理をもっと楽にしたかったり、老後にお金が足りなくなる不安を何とかしたりしたい方が大勢います。こうした人々には、最適なお金の管理方法をアドバイスすることになるでしょう。

一方で教育や住宅資金、保険などの特定分野に関する相談もあります。こちらは相談者の収入と出費のバランスを考えながら、最適なお金のマネジメントを導き出すのが目標です。

他にも資産運用でお金を増やしたいという相談もあります。この場合は損失リスクも考えながら、長期的なスパンでお金を増やす計画を話し合うのがFPの仕事です。FPの仕事内容は相談内容によって変わることを覚えましょう。

FPは需要が高い資格のひとつ

FPは以前から需要が高いとされます。日々の生活にお金がつきものなので、問題を解決したい方が多いからです。お金の問題解決を通して、相談者の生活をよりよくできます。これにより社会的な使命感も覚えられるでしょう。以上からFPは資格を得てから務める仕事として、やりがいを感じられます。

お金は生活から切っても切り離せません。生活の見直しや老後に向けた資産管理だけでなく、教育や保険、投資などFPへの相談内容はさまざまです。FPは相談者のライフスタイルや経済状況も配慮しながら最適解を出す必要があります。そのため資格試験ではお金に関するさまざまな専門知識を問われるのです。

FPは社会的な需要が高いぶん、充実した専門知識が必要です。多くの相談者から必要とされるためにも、まずは3級で基礎知識を磨くのがおすすめでしょう。

FP3級の試験概要

まずはFP3級の試験概要を知りましょう。日程や受験資格、申請方法、手数料などをチェックしてください。ここでは試験の大まかなルールをまとめました。

試験日程

FP3級の試験日程は毎年1月、5月、9月の年3回です。FP試験には2つの主催者があります。日本FP協会と金融財政事情研究会(きんざい)です。FP試験は複数の主催者が認められた珍しい例になります。

しかしFP3級の大まかな日程は、どちらの主催者もあまり変わりません。1級の学科試験がきんざいのみで開かれる以外は、ほぼ同じしくみでしょう。FP2級と3級は、同様の日程で開かれます。以上からFP3級は主催者に関係なく年3回、定期的に開催される形です。

受験時の詳しい日程は、申請期間も含めて主催者の公式サイトから確かめてください。

法令基準日とは?

法令基準日とは試験日に対して、適用される法律の日のことです。いつの法律が特定の試験に採用されるかを意味します。法改正がいつどこで起きるかわからないため、主催者が法令基準日を設けているのです。

たとえば2022年4月1日なら、その日の法令が採用され、1日よりあとの改正は対象外になります。法令基準日は両主催者とも大体同じです。2022年度なら詳細は以下のとおりになります。

試験時期 法令基準日
2022年5月 2021年10月1日
2022年9月 2022年4月1日
2023年1月 2022年10月1日

このように試験時期に合わせて、法令基準日までチェックしておきましょう。基準日にない法律を間違って覚え、ミスにつなげないためです。

受験資格

FP3級には、実質的な受験資格がありません。お金の知識を学びたい方なら、誰でも受けられます。厳密にいうと日本FP協会では「FP業務に従事している者または従事しようとしている者」と表現されます。

出典: 日本FP協会「3級・2級FP技能検定 試験要綱」


しかしFPの勉強をしている方は大抵「FP業務に従事しようとしている」と考えられるでしょう。このような意思を数値化したり、外部の人間がチェックしたりする方法もありません。以上から実質的には、誰でも受けられる状態です。

FP3級は、お金の勉強をしたいあらゆる方に門戸が開かれていると考えてよいでしょう。

申請方法

FP3級試験に申し込むには、日本FP協会やきんざいの公式ホームページへアクセスする必要があります。たとえば日本FP協会の場合は、以下の手順で進めましょう。

手順 方法
1 必要事項の入力
2 受験手数料の払い方を選ぶ。選択肢はクレジットカードとコンビニ
3 仮受付メール受信
4 受験手数料の決済。クレジットカードなら受験申請締切日の17時30分までに番号等入力のうえ支払完了。コンビニなら受験申請締切日2日後までに、指定店舗で手数料を払う
5 日本FP協会から支払完了通知を受信
6 申請締切から3週間後に受験申請完了メール受信

決まった時期までに支払いを済ませるだけでなく、試験主催者からのメールを見逃さないように注意してください。ひとつひとつの手順を丁寧にこなすことが、試験への申請では重要です。

受験手数料

FP3級の受験手数料は、日本FP協会ときんざいともに以下のとおりです。

形式 受験手数料
学科 4000円
実技 4000円

2022年5月試験までは、両主催者とも学科と実技の受験手数料が各3000円でした。9月分から値上がりになっています。以上からFP3級で両科目を受験する場合、2022年9月からは計8000円かかる形です。

当日の持ち物

FP3級試験では、当日の持ち物が以下のとおりに決まっています。

持ち物 備考
受験票 本人確認書類に写真がない場合は、証明写真を受験票に貼りつける
本人確認書類 運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、学生証、住民基本台帳カードなど
筆記用具 シャープペンシルがHB鉛筆、消しゴム
計算機 演算機能だけを有するもの。故障に備えて複数台を持ち込めるが、一度に使えるのは一台だけ
腕時計 通信機能や音を有するものは不可

当日は筆記用具や計算機などの貸し出しがないので、忘れないように気をつけてください。

FP3級の試験形式

FP3級の試験勉強を始める前に、形式を確かめておきましょう。全問マークシートで解答するのが特徴です。ここでは試験科目や免除条件も解説します。形式を知ることで、本番への正しい備え方を考えられるでしょう。以下で詳細を確かめてください。

全問マークシートで回答

FP3級では、学科と実技の二つの試験形式がありますが、いずれも全問マークシート形式です。学科だけでなく、実技もマークシートで答えられます。手軽な回答によって得点を稼げるかもしれません。

マークシート形式の資格試験は他にもあります。しかし実技までマークシートで答えるタイプは珍しいでしょう。FP3級は金融系としては入門レベルで、答え方も簡単になっています。

充分な試験準備を整えれば、マークシートによってスムーズに答えられるでしょう。ただし目当ての問題からズレる形で、解答番号を塗ってしまうミスには注意です。焦らずに一問ずつ解答を済ませていきましょう。

種類 問題数 試験時間 合格基準 満点
学科 60問 120分 36点以上 60点
実技 20問 60分 60点以上 100点

試験科目

FP3級では、学科と実技の2科目に分かれます。学科では大きく分けて以下の6分野です。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続・事業承継

6科目ともにそれぞれ複数の詳細カテゴリーがあります。たとえば「ライフプランニングと資金計画」の場合は「ファイナンシャル・プランニングと倫理」「社会保険」「年金と税金」など10のカテゴリーを含む形です。

実技は主催者によって分野が違います。日本FP協会におけるFP3級の実技科目は、資産設計提案業務だけです。しかしきんざいは、個人資産相談業務と生保顧客資産相談業務の2つから選べます。このように主催者によって、実技科目だけは異なる形です。

試験免除の条件

FP3級は試験免除を受けられる場合があります。 学科と実技のどちらかに合格しながら、総合結果が不合格だった場合は、次回の手続きによって合格科目の免除ができるのです。該当する方は、試験前に免除申請を済ませましょう。

一部合格による試験免除期限は、合格試験実施日の翌々年度末です。FP3級は年3回開かれるので、試験免除によるチャンスも生かしやすいでしょう。一部科目の免除は受験者にとってアドバンテージになります。

FP3級の合格率

FP3級の合格率から、難易度を確かめましょう。日本FP協会ときんざいで、合格率が異なる点に気をつけてください。一方で資格取得者の層は幅広いと想定できます。ここでは合格率や合格者の詳細情報をまとめました。

日本FP協会ときんざいで合格率が異なる

日本FP協会ときんざいで、FP3級の合格率が異なる点に注意してください。以下に詳細なデータをまとめました。

試験時期 形式 日本FP協会 きんざい
2021年5月 学科 83.25% 47.81%
実技 76.65% 53.16%
2021年9月 学科 84.69% 53.31%
実技 80.50% 46.29%
2022年1月 学科 87.01% 62.52%
実技 90.75% 45.98%

このように日本FP協会の方が、学科と実技ともに合格率できんざいを上回っています。主催者によって合格者の割合が違う点を覚えておきましょう。確実に資格取得を目指すなら、日本FP協会から申し込んだ方が賢明かもしれません。

きんざいでの合格率が低い理由

きんざいでの合格率が低い要因は、主に2つが考えられます。

まずは法人単位での申し込みです。FPは資格試験として需要があるため、金融系の企業が社員に集団受験をさせるケースがあるのです。しかし社員によって資格試験へのモチベーションが異なります。企業からの指示で仕方なく受けているだけでは、不合格のリスクがあるでしょう。

2つ目の理由は、実技試験で求められる専門性です。日本FP協会におけるFP3級の実技科目は資産設計提案業務だけです。きんざいは個人資産相談業務と生保顧客資産相談業務の2つから選べます。ただしきんざいは実技科目の数だけでなく、専門的な知識の度合いも日本FP協会と違うようです。

以上の2つの要因が、きんざいの合格率を押し下げているのかもしれません。

合格者の層は幅広い

FP3級の合格者の層は幅広いと考えられます。実際は日本FP協会ときんざいともに、職業別や年代別の合格者のデータを公開していません。ただし日本FP協会では、FPの上級資格であるCFP・AFP認定者のデータを示しています。そこで年代別と業種別の属性を確かめてみましょう。

年代 割合
10~20歳代 8%
30歳代 16%
40歳代 28%
50歳代 32%
60歳代以上 16%

業種 割合
生保・損保 22%
証券 20%
事業会社 13%
銀行・金融 12%
FP事務所・士業事務所 7%
不動産・住宅 6%
協同組合 5%
官公庁・自治体・団体 3%
学生・主婦・主夫・その他 12%

出典: 日本FP協会「CFP®・AFP認定者 業種別属性・年代別属性データ」

CFP・AFP認定者のデータを見る限り、40歳代~50歳代の活躍が目立ちます。属性別では保険や証券などを中心に、金融従事者がこの類の資格を取る傾向があるようです。しかし主婦や学生の合格例もあるなど、基本的にはさまざまなタイプが関わっています。

以上からFP3級の合格者の属性も、一定の社会経験がある方の活躍が目立つでしょう。業種別では金融系を中心に幅広い層が資格を取っていると考えられます。

FP3級の合格率についての詳しい情報はこちら

FP3級の難易度が低い理由

FP3級は、資格試験として合格率が高いといえます。お金に関する基礎知識が中心だからです。他にも頻出問題のわかりやすさや、年3回のチャンスなどが関わっているでしょう。ここではFP3級の合格率が高い理由をまとめます。

基礎知識が中心である

FP3級の合格率が高い理由は、基礎知識が中心だからです。 出題分野は6つですが、どれも金融の初学者にとってやさしい問題が揃っています。

企業の経理担当のように、お金に関係した仕事をしていれば、ある程度予備知識がついているでしょう。このような知識的背景があれば、FP3級の問題を解きやすいのではないでしょうか。

いずれにしてもFP3級のような基礎知識を問う資格では、合格率が高くなるようです。

頻出問題がわかりやすい

FP3級が簡単に感じる理由として、頻出問題のわかりやすさもあります。過去問の一部と類似の問題が出題されることもあるほどです。要点理解さえスムーズなら、手ごたえを感じられるでしょう。

たとえば過去問を数回分解いてみませんか。直近3回のうち2回以上問われる題材は、FPとして重要な知識と判断できます。このように問われやすい題材を中心に、積極的な学習を重ねていきましょう。

年3回のチャンスがある

FP3級の難易度が低い最後の理由は、年3回のチャンスです。日本FP協会もきんざいも、3級に関しては毎年1月、5月、9月に試験を開いています。

以上から一度失敗しても、その年のうちにやり直せるかもしれません。学科と実技のうちどちらかを合格していれば、次回は受かった方の科目を免除してもらえます。このようなやさしいルールも、FP3級の難易度を低く感じる要因でしょう。

FP3級の難易度についての詳しい情報はこちら

FP3級で注意すべきポイント

FP3級の合格率は高いといえますが、不合格にならないための注意点もあります。試験範囲が広いことと、計算問題への対応です。それぞれの詳細を見ていきましょう。

試験範囲は広い

FP3級の試験範囲は幅広いといえます。学科では6つの分野から出題されるからです。ライフプランニングと資金計画、金融資産運用などがありますが、それぞれに小カテゴリーも設けられています。カテゴリー別に基礎知識を整える必要があるでしょう。

広範囲の知識に対応するためには、バランスよく学習を進めてください。一方で苦手分野には多めの時間をかけ、大部分の理解に努めてください。試験範囲の広さに気が遠くなる方もいるでしょう。しかし合格に向けて、ひとつひとつを着実にマスターするように心がけてください。

計算問題の素早い対処が大切

FP3級で気をつけなければならないこととして、計算問題もあります。数問程度ですが、素早く処理しないとタイムロスになるでしょう。学習段階で早めに解答するクセをつけた方が得策です。

FP3級の計算問題では、電卓の使用が認められています。ただし計算という副次的な作業に時間をかけすぎないように気をつけてください。タイムロスになれば、他の問題を答える時間がなくなるかもしれません。

以上に注意するためにも、計算問題の解き方を定着させることが重要です。

FP3級の勉強時間は?

FP3級の勉強時間の目安を紹介します。一般的には約20時間以上が相場でしょう。また通信講座を使えば要点理解を効率的に進められ、合格の可能性を高められます。勉強時間に関する詳細情報をまとめました。

一般的には約20時間以上が相場

FPの試験範囲は、約20時間以上で充分です。毎日3時間の勉強でも、1週間で準備を整えられる可能性があります。資格試験の勉強時間は長いイメージですが、この程度なら心理的負担も少ないでしょう。

試験範囲は学科で6分野あります。なるべく均等に勉強時間を割くのが基本です。苦手な科目が見つかったときの補修時間も設けたいところです。以上から勉強時間の相場をもとに、余裕を持ったスケジュールの実践を心がけてください。

通信講座なら短時間で合格できる可能性

通信講座を使えば、FP3級においてさらに短時間で合格できる可能性があります。自宅完結で講師からのアドバイスを受ければ、適切な学習方法もわかるでしょう。このようなメリットを受ければ、FP3級のクリアへ前向きになれます。

FP3級の通信講座なら、約20時間より短い勉強でも合格できる可能性があります。要点理解によって、効率的な学習を進められるからです。通信講座を有効活用して、最短距離での合格を狙ってもよいでしょう。

金融系の資格としては勉強時間が短い

金融系資格のなかでも、FP3級は勉強時間が短いといえます。お金に関する基礎知識が中心だからです。

同じ金融系の資格では、簿記が有名といえます。こちらは3級の場合、独学で約120~150時間かかります。一方でFP3級なら、約20時間程度でも合格の可能性があるでしょう。

他の金融系資格の足がかりとする意味でも、FP3級試験の準備段階で学習習慣をつけてください。

FP3級取得のメリットは?

FP3級の合格によって、さまざまなメリットを得られます。就職や転職に役立つだけでなく、FP2級の受験資格を得られる点も見逃せません。また実生活でのお金の管理に役立つなど、さまざまな場面で効果を実感できるでしょう。ここではFP3級合格の利点をまとめました。

就職や転職に役立つ可能性

FP3級の合格によって、就職や転職で有利になるかもしれません。お金を扱う業種の企業が、FPの有資格者を求めることがあります。

FP有資格者の需要がある業界には、金融、不動産、証券などが挙げられるでしょう。他にも経理を求める企業が、FP3級の資格に注目するかもしれません。以上から資格取得によって、社会的視野を広げられる可能性があります。

FP2級の受験資格を得られる

FP3級に合格すれば、FP2級の受験資格を得られるのがメリットです。FP2級では受験資格が限定されていますが、3級合格で続けてチャレンジできます。FPとして本格的に活動したい方は、キャリアメイクのきっかけになるでしょう。

FP2級では、他に研修修了や実務経験などが条件として定められています。実務経験がなかったり、研修を受ける余裕がなかったりする場合は、3級合格を目指しましょう。

資産運用を身近に感じられる

FP3級の知識を得れば、資産運用も身近に感じられるでしょう。株式投資や投資信託の知識を学べるからです。資格取得をきっかけとして、投資の第一歩も考えられます。

たとえば不動産投資の実践や世界経済の理解などにも、FPの知識が関わるでしょう。試験問題として、金融や資産に関する幅広い題材があるからです。以上からFPの勉強を通して、資産運用の知識も身につけられるでしょう。

実生活での金銭管理に役立つ

FP3級合格によって、実生活での金銭管理もうまくいくかもしれません。世の中にはさまざまなお金の悩みを抱える方がいます。問題を抱えている方を助けるだけでなく、自分の生活の改善にもFPの知識が生きるでしょう。

たとえば計画どおりに貯金ができない問題があったとします。そこでFPの知識をもとに、支出を整理しましょう。余分な支出をなくせば、収入の大部分を確保できるかもしれません。または収入の一部を投資に回し、貯蓄を増やす戦略もあるでしょう。このようにFP3級によって、お金の付き合い方を変えられます。

他の資格との併用で社会的視野を広げられる

FP3級合格で、ダブルライセンスの効果も期待できます。複数の資格併用により、独自のキャリアメイクができるからです。それぞれの資格で得た知識を組み合わせられる点が大きいでしょう。またFP3級は、合格に必要な勉強時間が短いので、他資格と併用しやすいといえます。

たとえば社労士や行政書士などは、お金の知識を生かし、相談者に対する独自のコンサルティングが可能です。このような働き方ができれば、同業者との違いもアピールできるでしょう。独立開業を視野に入れているなら、FP3級を他資格とのダブルライセンスという形で手に入れてみませんか。

同業者や他士業とのネットワーク構築にも

FP3級合格によって、専門家同士のネットワーク構築にもつながるでしょう。特に他資格とのダブルライセンスで、この効果を期待できます。お金に関する情報共有をスムーズにできるからです。

知識習得をきっかけに、弁護士や税理士のような専門家と情報をシェアできるでしょう。このような人脈活用により、依頼書の問題解決につながるヒントを得られるかもしれません。

FP3級試験後は自己採点をしよう

FP3級の試験終了後は、自己採点に努めてください。これによって、手ごたえを正確に知れるからです。テキストや過去問と照らし合わせて、自身の出来を想定しましょう。

不合格の可能性があれば苦手を分析し、次回の試験に役立ててください。FP3級は年3回あります。不合格時に次の試験へすぐ申し込めるように、早めの準備を心がけたいところです。また合格しそうなら、資格を生かして今後の進路を考えましょう。

そうした意味でもFP3級の自己採点から、次のキャリアメイクや資格試験の準備につなげてください。

FP3級の通信講座ならフォーサイトがおすすめ

FP3級の通信講座を受けるなら、フォーサイトがおすすめです。ここなら要点理解を中心に、効率的な学習を進められます。自分のペースで学べるだけでなく、スキマ時間にもツールを有効活用できるのがメリットです。フォーサイトのメリットを以下にまとめました。

自分のペースで学べる

フォーサイトの最初の特徴が、自分のペースで学べることです。eラーニング「ManaBun」で学習スケジュールを立て、それに応じて勉強を進められます。一度立てたスケジュールを崩さずに進めることが大事です。

ManaBunの学習スケジュール機能は、ユーザーのライフスタイルに合わせて自動で立ててくれます。計画を立てるのが面倒で、早く勉強に移りたい方もいるでしょう。そうした方でもManaBunが自動で計画を立ててくれるので、スムーズに勉強へ移れます。

以上からフォーサイトは、学習サポートを受けたいユーザーのあらゆるニーズに対応しているのです。

学習ツールが充実

フォーサイトの次のメリットは、学習ツールの充実です。フルカラーテキストやeラーニング、高品質の講義動画などにより、コストパフォーマンスの高い教材構成になっています。

たとえばフルカラーテキストは、ユーザーにとって情報をつかみやすいでしょう。図表やフローチャートによる要点理解も簡単です。授業動画も一単位15分のように短時間 集中して聞けます。フォーサイトではこのように、試験で大切なポイントをすぐに理解できる仕掛けを備えているのです。

以上から学習ツールに恵まれた通信講座を受けたい方は、フォーサイトを注文してみませんか。

スキマ時間にも充実した勉強ができる

フォーサイトの最後のメリットは、スキマ時間を活用できる可能性です。ManaBunを使った学習や、短時間の授業動画などのコンテンツを使えば、ちょっとした空き時間も充実して過ごせます。

スマートフォンやパソコン、タブレットなどからすぐにアクセスできるのが、ManaBunのメリットです。移動時間や昼休み、就寝前後など、さまざまな空き時間を勉強で満たせます。無理のない学習生活を送るうえで、フォーサイトは欠かせません。

まとめ

FP3級は資格試験として難易度が低いといえます。ただし出題分野が幅広いので、油断することなく学習に取り組んでください。計算問題を短時間で処理する練習もしておきましょう。

フォーサイトを活用すれば、FPの知識を効率的に深められます。特にManaBunを使えば、スキマ時間も勉強で埋められます。このような習慣の継続が、FPの知識定着につながるのです。恵まれたツールを有効活用し、FP3級の資格取得につなげましょう。