1ヶ月の勉強時間は計100時間 | FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格体験記

文字サイズ 

1ヶ月の勉強時間は計100時間

( 男性 /  50代  / 会社員 )

 フォーサイトの教科書はきわめてダイジェスト化されています。要点や語句が整理され構成されています。ただし、それだけでは簡潔すぎてよく分からないこともありますので、必ず講義を受けて講師が「マーカー」といいますのでそこを重点的に勉強するといいです。

 参考書は分厚いことが多いので「この薄い教科書でいいのか」と思いがちですが、フォーサイトの教科書は良くまとまっていて大変助かりました。


 試験で100点が取れれば、それはご立派ですが、私は最初から70点を目標にしました。教科書をしっかりやっておけば必ず70点は取れます。知識を広げるよりはコアの部分を学習して70点を取る方が賢明だと思いました。

 講義が始まったら、すぐに予習、復習をしなければと思ったのですが、実際勉強をやり始めたのは6月頃からで平日計2時間、土日は8時間を目安にしました。 仕事をしていると平日の勉強時間はあまり取れません。ですから平日は、夜1時間、昼休みと通勤時間で1時間作っていました。もちろん、飲み会や多忙で時間がとれないこともしばしばです。

 教科書はいつも鞄に入れて持ち歩くようにした方がよいと思います。持っていなければ見ることはできませんから……。もちろん勉強時間は人によってさまざまですので、各人の進捗状況に合わせてやればいいと思います。ちなみに仕事で外回りする時は、ちょっとした待ち時間も利用していました。

 勉強した時間と内容を日記に付けていたのですが、結局、1ヶ月の勉強時間は計100時間でした。

 提案書の作成において、講師の先生は時間を余り割かないように注意してくれますが、意外に割かざるを得ないのが、この提案書作成だと思います。私にとっては結構大変でした。提出前に質問の時間が設けられているので、分からないことはそこで聴けば良いと思いますが、その段階で提案書はほとんどできていて、 後は手直しする程度にしておくのがベターだと思います。

 作成までに要した時間は2週間でした。少なくとも通常の学習以外に「プラスα」の時間がかかるということを念頭に置いておいた方がよいと思います。

 講師の先生からも再三おすすめがありますが、過去の問題集はFP協会と金財のものを含めて徹底的にやることです。とくに金財の『過去問』は難しいので事前にやっておくことをおすすめします。

 問題集はフォーサイトの教材にも入っています。私は1教科の学習が終わったら問題集をやってどのくらい身に付いたかチェックしました。それをやり終えてから、ラスト1ヶ月間は市販の『過去問』を買ってやりました。これは力が付きます。

『過去問』をやっていると、教科書に載っていないことがどんどん出題されていることに気がつきますが、そのような設問は気にしないことです。


 先にいいましたが、教科書を信じて他のことに気を使わないことです。
 最後にフォーサイト並びに講師の先生方に心からお礼を申し上げます。

.

よく見られている合格体験記はこちら