詰め込みではなく全体の流れをまず理解すること | FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格体験記

文字サイズ 

詰め込み学習ではなく全体の流れをまず理解すること

( 男性 /  60代  / 会社員 )

 再就職にあたって、どうしても資格が必要であると考え、一昨年前にマンション関係の資格に独学でチャレンジしましたが、結果は不合格となりました。

その教訓から、自分一人でテキストや問題集を学習するだけでは、基礎知識の充実、法改正の流れ、さらには応用能力を養うことは難しいことを知りました。そして、再度受験するかどうか迷っていたところ、昨年の夏前に、ファイナンシャルプランナーのことを知り、将来性がありそうだとも思い、FP技能士試験に挑戦することを決めました。


 ゼロからの出発でもあり、仕事をしながらの再就職活動も忙しくなりそうので、思い切って通信講座を受講しました。通信講座は、インターネットで調べた結果、内容が充実し受講料が安いフォーサイトの2級FP技能士通信講座を選びました。


 年齢から無理な勉強方法は身体を壊すと思い、1日の机に座る時間は3時間程度と抑え、土日の休日にはテキストと講義CDを繰り返し見聴きして、基礎知識を身につけることに専念しました。

講義CDによる学習では飽きずに勉強できました。当然ながら、独学と比較して効率が良かったと感じています。

勉強は、ともすれば精神的に不安定となり、目先の試験のことばかり考えて問題集が中心になりがちですが、詰め込み学習ではなく全体の流れをまず理解することが将来的にも役立つ勉強なのだと思います。机での勉強時間ばかりでなく、環境を変えて電車の中で学習するのも効果的だと思います。


 就職活動では、FP資格取得以前に取得した国家資格が評価され、某電気通信会社に勤めることができました。将来、この資格と同じようにFP技能士の資格が必要となるときが来ると確信しながら、継続的に勉強には取り組んでいます。


最後に、これまで通信講座で教えていただいた講師の先生方にご指導のお礼を申しあげたいと存じます。

.

よく見られている合格体験記はこちら