講座に申し込んだのは、つわりが落ち着き出した五月末 | FP・ファイナンシャルプランナーの通信教育・通信講座ならフォーサイト

ファイナンシャルプランナー・FP通信講座合格体験記

文字サイズ 

講座に申し込んだのは、つわりが落ち着き出した五月末でした

( 女性 /  30代  / 主婦 / 3級 )

前々から気になっていた
ファイナンシャルプランナーの講座に申し込んだのは、
つわりが落ち着き出した五月末でした。

一週間ほどで教材が届いて、
でも体調が思わしくなく開封するまでさらに一週間…
こんな調子でほんとに受かるのか自分でも諦め半分でした。

今回は受検ができただけでもいいかと始めはおもっていたのですが、
やっぱり教材が届いてお金を支払うと受けるなら
一発で受かりたいと思うようになっていました。

DVDのコースを頼んでいたので、
上の子が保育園の間の三時間ほどテレビで教材を見ながら、
たまにテキストをみながらの完全なながら勉強を
週に三日ほど三カ月ぐらい続け、
やっとDVDを全部見終わったのが八月の始めで、
試験日まで一カ月を切っていました。

とりあえずひとまわりさらっと流せたので、
自分の苦手なところをテキストでチェックして練習問題をひたすら解いて、
解答を読んで、また解いてを何度も繰り返し、

煮詰まってきたら自分の自信のある分野の問題を解いて気分転換をして、
また苦手なところにチャレンジしてを繰り返し、
少しずつ理解していきました。

お盆をすぎた頃からは、家族や週末は実家にも手伝ってもらい、
ひたすら問題のテキストを解いて復習をしていました。

そんなことを繰り返して九月にはいる頃、試験日一週間前ぐらいに、
実技の問題集をまったくやってないことに気がつき、
すごい大慌てでテキストを開いて勉強しました。

子供が寝てから二時間ほど夜に実技の勉強をして…
とりあえず学科はわからないところはそのままに、
理解できているところを確実に解けるように復習をして、
試験日の二日前に模擬試験をやってみました。

そしたら、意外にもすらすらとけて、
諦めていた実技もなんとなく手応えがあり、
答え合わせをしたらなんと実技の方が結果がいいと予想外でした。

これでかなり自信がついて、
試験日前日は模擬試験のテキストを
軽くといただけで終わりにして試験に望みました。

当日は一時間も早くついてしまい、緊張しながら待合室で待っていると、
他の人はテキストを持ってきて読んでいましたが、
私はテキスト等は持ち込み禁止だと思い…ひとりで焦っていました。

開場して席に座り、
試験が始まって一時間ほどで学科はおわり、
つぎの実技に備えて…っと思ったら、
テキストがないのに気がつき…
そのままもう開き直って試験を受けてきました。

結果、無事合格通知が届いた日はうれしくて、
そのまま二級も頑張ろうかとおもいました。

.

よく見られている合格体験記はこちら