FPの試験問題で悩んだこともありましたが合格しました

試験の種類2級
性別女性
年代30代
職業正社員(サラリーマン)
勉強法過去問,提案書
商品テキスト,道場破り,口コミ
学習スタイル独学
2012年9月にファイナンシャルプランナー3級に独学合格しました。

続けて2級も!と意気込んだものの、恐らく2級は内容が深くなるため、
金融系には全くなじみのなかった私に独学は難しいだろうと考え、
通信教育で学習することに決めました。

いくつか検討した会社からフォーサイトを選んだのは、
口コミの良さと価格(他社と比べ低価格)です。
5月の受検は厳しそうなので、少し余裕をもって9月受検にしました。

テキストが届いたばかりのころ(2月・3月)は、
ポータブルプレーヤーにCDの講義をコピーし、
満員電車での通勤時間中にテキストを開いて勉強、
帰宅後にチェックテストや過去問をするというペースでした。
毎日「道場破り」をチェックし、2択の問題を解いては、
進捗を見るのが楽しみでもあり、順調に勉強を進めていたと思います。

しかし、新年度に入った4月半ば頃から仕事が忙しくなり、
思うように時間が取れず勉強のペースが徐々に落ちてしまいました。
プライベートでも自分だけでコントロールできない類の予定が続き、
ふと気づいたときには6月も下旬、
7月上旬の提案書提出までもうあまり時間がない状況になっていました。

今回はもう見送ろうか・・・とも考えましたが、
「提案書を出さなかったら完全に終わり。
ダメかもしれないけどできるところまではやってみよう」と思い直し、
なんとか提出期限に間に合わせました。
作成段階では計算間違いから家計に問題を見つけられず、
「問題がないという回答ってありなの?」と混乱したりするなど、
やはり直前になって慌ててやるものではないなと反省したりもしました。

とはいえ、この作成ではお客様の気持ちにたち、
どのような提案をするとお客様のためになり喜ばれるのかを
内容・見栄えともに考える良い機会になりました。
実務とはいきませんが、それに近いような体験をでき
面白みも感じることができたのは良い経験になりました。

提案書が完成し、試験が残り2カ月弱と短期間に迫ったこともあり
やる気が戻ってきた私は、ひたすら『過去問』を解いて解いて解きまくる
(間違ったところはテキストに戻る)方法で乗り切りました。

金融資産にかかる税金と相続が苦手で手こずりましたが、
全過去問や模擬試験を3回ずつ繰り返し解いたことは自信につながりましたし、
これでダメなら仕方ないと思えるまでになりました。

当日は本番独特の緊張からか、
学科試験については2択までは絞れるもののどっちだろう・・・と悩む問題も多く、
終了後はどっと疲れた記憶しかありません。

実技については比較的感触が良く、
夕方の模範解答で学科試験の正解状況から恐らく2つとも
合格だろうと分かった時は夫と2人でお祝いをしました。

合格証明書が届いた今は、今後はCFPを目指したいと考えています。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る