証券外務員資格ってどんな資格?試験内容と資格の特徴

目次

証券外務員資格とは?

証券外務員資格は、証券会社や銀行員、保険会社などに勤務する方にとっては、取得が必須の資格になります。この資格を取得してできることは、金融商品の販売や勧誘です。

金融商品には、有価証券や通貨はもちろん、預金も含まれます。分かりやすく言えば、証券会社が株券の購入を勧めたり、銀行員が預金を勧める場合にも、この証券外務員資格が必要ということになります。

金融関係では必須の資格

上記の通り、証券外務員の資格がないと、株券など有価証券を取り扱う証券会社での業務は難しくなります。また、預金を取り扱う銀行員や信用金庫、さらに保険商品を取り扱う保険会社の業務でも必須の資格ということになります。

証券外務員の資格が誕生したのは1948年(昭和23年)。当時は有価証券外務員として誕生しました。後に東京、名古屋、新潟など地方ごとに資格試験を設ける形で外務員資格は増えていきます。

証券外務員の資格試験が現状のような形になったのは1990年(平成2年)。この年から一種と二種の資格が登場します。さらに1996年(平成8年)には特別会員試験が開始されました。

証券外務員資格は、第二次世界大戦終戦直後から始まり、時代や法制に合わせて形を変えながら存続してきた歴史ある資格です。

証券会社や銀行など金融業界の企業では、新入社員を採用した後、一定期間内に証券外務員資格の取得を義務付けているケースもあります。金融業界で働くことを目指している学生の方は、就活前に証券外務員の資格を取得しておくことで、入社後の業務や生活が少し楽になるかもしれません。

さらに金融業界への転職を考えている社会人の方には、事前の取得を強くおすすめします。中途採用の求人に関しては、証券外務員の資格取得が応募条件になっているケースも多く、取得していないと応募すらできない可能性もあります。

また、営業職希望ではないといった場合も取得しておくのがおすすめ。銀行や信用金庫などの場合は、窓口業務でも証券外務員資格がないとできない業務が多く、金融機関で働く以上は取得しておくべき資格となっているからです。

証券外務員の種類

証券外務員には6つの種類が存在します。

  • 一種外務員資格
  • 二種外務員資格
  • 特別会員一種外務員資格
  • 特別会員二種外務員資格
  • 信用取引外務員資格
  • 特別会員四種外務員資格

このうち「信用取引外務員資格」と「特別会員四種外務員資格」は、2021年現在資格試験が実施されておらず、現状では取得できない資格となっています。信用取引外務員資格は一種外務員資格に、特別会員四種外務員資格は、特別会員一種外務員資格に、事実上統合されています。

つまり現状証券外務員資格は4種類。この中で「一種外務員資格」と「二種外務員資格」を「正会員資格」、「特別会員一種外務員資格」と「特別会員二種外務員資格」を「特別会員資格」と呼びます。

正会員資格と特別会員資格の違いに関しては別の記事で詳しく解説していますので省きますが、一般の方が受験して取得できるのは正会員資格となります。一種と二種では取り扱える金融商品に違いがありますので、こちらは後に詳しく解説していきましょう。

日本証券業協会が認定する公的資格

公的資格と民間資格には明確な線引きがなく、かつて民間資格であったものがいつの間にか公的資格になっていたり、その反対が起きていたりするもの。

公的資格と呼ばれるにはいくつかの条件があり、その条件を満たしている必要があります。この条件のひとつが「特定の法律を根拠とし、国(もしくは管轄省庁)が資格の認定を特定の団体に委任していること」というもの。

証券外務員資格は、金融商品取引法という法律を根拠とし、日本証券業協会に認定が委任されている資格です。この点で公的資格と呼ぶことができます。ただし今後金融商品取引法の改定や、認定の委任が変更・取り消しになるようなことがあると、民間資格に変わることもあるかもしれませんが、現状では公的資格と考えていいでしょう。

証券外務員資格の受験者は多く、これは独占業務と呼べる業務(金融商品の販売・勧誘等)があることが大きな理由であり、金融機関で働く全ての方、および金融機関への就職・転職を希望するすべての方が受験するのが大きな理由です。

認定する日本証券業協会は、日本国内で営業活動を行う証券会社が加盟する団体で、同じく金融商品を取り扱う銀行や信用金庫、さらに保険会社やクラウドファンディングを行っている会社なども登録しています。

証券外務員試験の試験内容

証券外務員資格を取得するには、当然ですが資格試験に合格する必要があります。試験には金融商品を取り扱う上で必要な知識を問われます。

金融商品を取り扱うには多くの法や規制などをしっかり把握しておく必要があります。このあたりがほかの商品との大きな違いでしょう。そのため販売や勧誘を行う方には、それだけの専門知識が必要となり、その専門知識がしっかりと身についているかどうかを判定するのが証券外務員試験ということになります。

では実際の試験の出題科目や、出題内容に関してまとめていきましょう。

第一種試験と第二種試験がある

証券外務員試験には一種と二種の2つの試験があります。一種と二種では取り扱える商品に違いがあり、一種の方がより幅広い商品を取り扱うことができる資格になります。

そのため一種試験の方が出題科目がやや多く、出題される問題数も多くなります。それに伴い試験時間も長くなり、単純に考えて二種試験よりも一種試験の方が難易度は高くなっています。

出題科目

第一種試験 第二種試験
出題科目 ★法令・諸規則
★商品業務
★関連科目
出題方式 〇×二択および五肢選択問題
問題数 100問
〇×…70問
五肢選択…30問
70問
〇×…50問
五肢選択…20問
試験時間 160分(2時間40分) 120分(2時間)

出題科目詳細

★法令・諸規則

  • 金融商品取引法及び関係法令
  • 金融商品の勧誘・販売に関係する法律
  • 協会定款・諸規則
  • 取引所定款・諸規則

★商品業務

  • 株式業務
  • 債券業務
  • 投資信託及び投資法人に関する業務
  • 付随業務
  • デリバティブ取引(一種外務員資格試験のみ)

★関連科目

  • 証券市場の基礎知識
  • 株式会社法概論
  • 経済・金融・財政の常識
  • 財務諸表と企業分析
  • 証券税制
  • セールス業務

試験科目や試験時間、出題数は上記の通り。一種試験と二種試験の出題科目で違うのは、デリバティブ取引に関する項目。つまりこの点が一種と二種の違いということになります。試験範囲はかなり広く見えますが、それぞれの科目はさほど広い範囲ではありませんので、対策自体はそこまで時間はかからないでしょう。

試験時間は一種が160分、二種が120分です。どちらも1分半~2分程度に1問のペースで解答していく設定となっており、これだけを見ると時間的にかなり厳しい試験に見えます。しかし、過去の受験者の言葉を見る限り、試験時間が足りないという意見はごくわずか。

つまり出題される問題の難易度はそこまで高くないことが想定され、しっかりと対策を行えば、短期間の学習でも合格を目指せる資格と考えていいでしょう。

第一種資格と第二種資格の差

一種資格は、基本的にすべての金融商品の取引が可能になる資格です。二種資格との大きな違いは、先物取引やデリバティブ取引なども取り扱えること。二種試験はこの部分の出題がなく、さらに試験問題数や出題レベルにも差が生じます。

二種外務員資格でもある程度金融機関での業務は可能ですが、より幅広い商品を取り扱い、専門的な知識を活かすのであれば一種外務員資格の方が有利となります。

あくまでも感覚的な分類となりますが、二種外務員試験は金融商品に関する基礎知識を問う問題が多く、一種外務員試験はより専門的な、実務的な問題が出題される傾向があります。

正会員の一種試験も二種試験も受験資格はありません。つまり、証券外務員資格を持っていない方が、いきなり高度な一種資格試験を受験することも可能。

試験はCBT方式を採用

証券外務員試験を受験するのは、金融機関に勤務している方だけではありません。金融機関への就職を目指す方や、金融業界への転職を考えている社会人の方も受験ができる資格となっています。

金融機関に勤めている方は、基本的に勤務している会社を経由して申し込むことになるかと思います。一方金融機関で働いていない社会人の方、また就職活動をする学生の方などは、個人で試験に申し込み、受験をする必要があります。ここではこういった一般の方が個人で受験を申し込む際の方法などを紹介していきます。

証券外務員試験はCBT方式の試験を採用しています。CBTとは「Computer Based Testing」の頭文字で、コンピューター上ですべての試験行程を行う試験方式になります。近年採用する資格試験が増えており、試験会場に指定されているパソコンスクールなどで、受験者の希望する日時で受験ができる方式となります。

証券外務員試験の試験会場は、47すべての都道府県に設置されており、日本全国どこに住んでいる方でも、比較的受験しやすい試験となっています。さらに受験する日時も、受験者の希望日に受験できることもあり、受験するにあたっては非常にありがたい方式といえます。

証券外務員試験の運営は、プロメトリック株式会社が行っており、試験の申し込みはこのプロメトリック株式会社のHPから行うことになります。

受験申込方法

証券外務員試験の申し込みは、プロメトリック株式会社のHPから行います。申し込み自体はインターネット経由でもできますし、電話での申し込みも可能です。電話での申し込みに関しては、土日祝日、年末年始の休業日を除き、平日すべてで可能となっており、夕方6時まで受け付けています。

受験日程や受験料、受験料の支払方法などを以下の表にまとめておきます。

受験申し込み インターネット上で随時受付
受験日 申し込み日の翌日を1日目とし、5日目以降30日目以内の希望日時
受験料 10,323円(税込)
受験料の納付方法 ・クレジットカード払い
・コンビニエンスストア払い
・Pay-easy払い
受験会場 47都道府県すべてに設置
希望の試験会場もしくは地域を選択して申し込む

受験料は2021年4月1日より改定され、10,323円(税込)となりました。旧受験料(税込9,880円)で受験経験のある方はご注意ください。

受験料の支払いは、クレジットカード、コンビニエンスストア払い、Pay-easy払いから選択可能。受験料には支払い期限がありますので、期限内に選んだ支払い方法で納付するようにしましょう。

受験申込時には、受験会場と受験日時も指定できます。ご希望の試験会場を選択することになりますが、東京都のみ地域での希望となります。地域分けは以下の通り。プロメトリック株式会社のHPでは、各地域の詳細な試験会場も記されていますので、交通の利便性なども考慮して試験会場を選択しましょう。

指定地域 主な会場
千代田区 株式会社アイエスエイ
ISAパソコンスクール(丸の内)他
台東区・中央区 株式会社アイエスエイ
ISAパソコンスクール(銀座)他
港区・品川区・大田区 TOCビルテストセンター(五反田)他
豊島区・中野区・新宿区・渋谷区・世田谷区 テンプル大学ジャパンキャンパス(三軒茶屋)他
東京23区外 株式会社ヒューマンフロンティア(立川)他

試験当日は試験開始時間の15分前までに試験会場に到着しておく必要があります。行ったことがない地域で受験される方は、事前にしっかり経路検索などをしておくといいでしょう。

また、試験の際は携帯電話やメモ帳、筆記用具はもちろん腕時計なども試験場には持ち込めません。持ち物は試験会場にあるロッカーに預けるなど、しっかりと準備をしておきましょう。

合否発表と再挑戦に関して

証券外務員試験の合否発表は、試験当日にすぐ発表されます。受験終了後、「外務員試験受験結果通知書」が手渡されます。ここに「70%以上の得点があった」と記載してあれば合格です。

もし試験に落ちてしまった場合、再度受験ということになるかと思います。再受験に関しては、日程に決まりがあります。受験日の翌日を起点とし、30日間は再受験が不可能です。これは証券外務員試験に限らず、日本証券業協会の主催するすべての資格試験が受験不可となります。

受験日の翌日より30日以内に次の受験の予約することは可能ですが、この場合インターネットでの予約はできません。予約は電話受付のみとなりますので、早くもう一度挑戦したい方は、プロメトリック株式会社へ電話で申し込みをしましょう。

証券外務員試験の受験資格

証券外務員資格の試験を受験するのに必要な受験資格はありません。年齢制限もありませんので、より多くの方がチャレンジできる資格になっています。

さらに2021年現在では、二種外務員資格を所有していなくても、いきなり一種外務員試験に挑戦することも可能。この2種類の資格では取り扱える金融商品に違いがありますので、自身が目指す金融機関などで、自分の業務に必要となる資格試験を受験するようにしましょう。

試験の難易度はもちろんですが一種外務員試験の方が高くなります。いきなり一種ではなく、まず二種資格を取得し、後ほど一種に挑戦するのもひとつの選択。ただし一種の試験でもそこまで難易度は高くありませんので、いきなり一種を目指して勉強をしても、十分合格は可能なレベルの試験といわれています。

特別会員の受験資格

最初に紹介した証券外務員試験の種別で、「特別会員」という種別を紹介しました。この特別会員の試験は、一般の方は受験することができません。

特別会員試験の受験資格は、日本証券業協会に特別会員として登録している金融機関に勤務していることとなります。特別会員と正会員に関しては別の記事で詳しく解説していますが、日本証券業協会の特別会員とは、銀行や信用金庫、保険会社といった金融機関になります。

日本証券業協会は、もともと日本国内の証券会社が集まりできた協会です。しかし1992年に証券取引法が改正され、銀行などの金融機関でも、ある程度の金融商品を取り扱えるようになったため、1994年から銀行などの金融機関も日本証券業協会に加盟することになり、証券業者(正会員)とは別の特別会員として加盟することになりました。

特別会員である銀行や信用金庫、保険会社などでは、取り扱える金融商品に制限があるため、特別会員資格も、この限定された金融商品に関する試験が中心となります。

そのため特別会員試験は、正会員試験と比較すると試験範囲が狭く、また出題数も少なくなっています。

証券外務員資格でできること

会員別 種別 現物 信用取引 デリバティブ等 カバードワラント等
株式 債権 投資信託
正会員 一種
二種
特別会員 一種 公社債
二種 公社債

※△は一部商品のみ取り扱い可能

証券外務員資格を取得すると、金融商品の販売や勧誘が可能になります。反対に言えば資格を取得しないとこれらの業務はできないということになります。証券会社や銀行などの営業マンはもちろん、窓口業務を行う方も資格の取得が必要となります。

一種外務員資格と二種外務員資格では、取り扱える金融商品に違いがありますので、このあたりを解説しておきましょう。

第一種資格でできること

一種外務員資格を取得すると、全ての金融商品の取り扱いが可能となります。有価証券や預金、通貨などはもちろん、デリバティブ取引の対象となる商品先物取引なども取り扱うことが可能です。

基本的に全ての金融商品の取り扱いが可能になるのが一種外務員資格であり、この資格を持っていれば、ほかの証券外務員資格の代用にもなります。

特に金融機関への就職や転職を目指す方で、希望する業種を特に限定していないという方は、一種を取得しておくと、どの企業に入っても、どの部署に配属されても有効に活用できますのでおすすめです。

第二種資格でできること

二種外務員資格に関しては、基本的に現物取引の対象となる金融商品しか取り扱いができません。デリバティブ取引が必要となる先物取引や、信用取引などは対象外となりますので、こういった金融商品を取り扱う業務は行うことはできません。

働いている職場で、現物以外の金融商品は取り扱わないのであれば二種外務員資格があれば業務に支障は生じません。ただし、現状は取り扱わない部署でも、部署異動があった場合必要になるのであれば、将来的に一種外務員試験を取得しておくのがおすすめです。

証券外務員として活動するには

証券外務員資格は、試験に合格すれば即活用できる資格というわけではありません。資格を活用し、証券外務員として働くには、まず日本証券業協会に登録を行う必要があります。登録を行うには、証券外務員に登録している金融機関に勤める必要があり、勤務している金融機関を通して登録を行う形になります。

さらに、証券外務員試験合格後180日間以内に、日本証券業協会が実施する講習を受けます。この講習を修了して初めて証券外務員として業務にあたることが可能となります。

また、証券外務員資格は、一度取得して終わりの資格ではなく、定期的に更新を行う必要があります。更新といっても試験を受け直すわけではなく、日本証券業協会が開講する講習を受講することで更新が可能となります。

更新は5年に一度。この更新を受けることで、引き続き証券外務員として業務に当たることが可能になります。

どんな人におすすめの資格か

証券外務員資格はどのような方が受験すべき資格かを考えていきたいと思います。まずは、もちろんですが金融機関で働く方全般が受験すべき資格であることは間違いありません。

証券外務員試験は、金融機関で働いている方以外の一般の方でも受験できる正会員試験があります。正会員試験は上で紹介した通り、個人で勉強し、個人で申し込みます。金融機関に勤務しているわけではないとすると、業務上必要のない資格取得に、時間と手間をかけているということになります。

金融機関に勤務していない方が、そこまでして受験するケースがあるということになります。ではどのような方が受験すべきかを考えていきましょう。

金融業界への就職を目指す学生

証券外務員の資格を取得しても、基本的には日本証券業協会に加盟している金融機関で働いていない限り、有効に活用はできません。もちろん他業種の方でも、証券外務員試験に合格したという実績が、業務で活かせる可能性はあります。

証券外務員資格を持っているということは、証券外務員試験の合格できるほど、金融商品取引に関する知識があるという証明にもなるからです。しかしこの証明のための受験はあまり現実的ではありません。証券外務員の試験を受けるのは、やはり、日本証券業協会に加盟している金融機関への就職を目指す方でしょう。

特におすすめなのが、金融機関への就職を目指す学生の方です。証券外務員試験は、そこまで難易度の高い試験ではありません。大学などで経済学部に通っていた方であれば、ある程度知識の下地はありますので、合格を目指すのはさほど難しくないでしょう。

金融機関への就職を目指している学生の方は、学生の間に資格を取得しておくのがおすすめ。社会人になってから勉強をするのは、時間の確保の面でもかなり難しくなります。社会人と比較すると、ある程度時間に余裕がある学生の間に取得しておくと、就職後の生活が楽になります。

多くの金融機関では、新入社員に、早いうちに証券外務員資格を取得するよう勧めているケースがほとんどです。就職後、新しい生活、新しい仕事をしながら取得するのはなかなか大変です。時間のある学生のうちに取得しておきましょう。

金融業界への転職を目指す方

すでに社会人として働いている方や、アルバイト、非正規社員などで働いている方で、金融機関への就職を目指す方も取得がおすすめです。実際に求人サイト等で、「証券外務員資格」が応募条件になっている求人を探すと、金融機関など多くの求人がヒットします。

学校を卒業して就職を目指す場合、証券外務員資格は「持っていた方がいい」レベルでしたが、転職で金融機関を目指す場合は、「持っていないと応募できない」求人が多々あります。つまり金融機関を目指すうえで、転職活動よりも先に取得しておくべき資格ということになります。

企業側としても、中途採用で探している人材には「即戦力」を求めています。新卒採用など、学生を採用する場合は、自社で経験を積ませて成長を促すために採用するという部分もありますが、中途採用でその余裕はまずありません。

転職活動よりも先に、まずは証券外務員資格を取得してから転職活動を行いましょう。

証券外務員資格と類似資格の違い

証券外務員の資格は、金融商品に関する専門的な知識を持ち、金融商品の販売や勧誘を行うための資格です。この証券外務員資格以外にも、金融商品や投資、資産運用といった場面で活躍する資格はあります。

また、金融機関で働くことを考えても、取得しておくと業務上有利になる資格が存在します。これから金融業界で働こうと考えている方、金融業界への転職を考えている方が取得を目指すのであれば、証券外務員資格と、その他の金融関係資格のどちらがいいでしょうか。

資格を取得するには、当然ですが勉強時間が必要になります。就活を控えている学生の方も、転職を考えている社会人の方も、時間には限りがあります。まずどの資格から取得するのが効率的か、どの資格を取得すべきかなども併せて、証券外務員資格と同じような分野の専門知識が問われる、金融系の他資格との違いをご紹介しましょう。

証券アナリストとの違い

金融商品に関する専門的な知識が必要な資格となると、「証券アナリスト(CMA)」という資格が思い浮かびます。証券アナリストは投資に関する価値判断を行う金融商品のスペシャリスト。金融商品に関する知識が豊富であり、この点では証券外務員と同じような業務を行う資格といえます。

ただし、証券アナリストの仕事はあくまでも価値判断を行うことであり、金融商品を販売する業務や勧誘する業務などができる資格ではありません。同じような知識が問われる資格ではありますが、行う業務は大きく違います。

また、取得難易度の部分でもこの2つの資格には差があります。出題される問題のレベルという点でも違いはありますが、資格取得までの方法にも大きな違いがあります。

証券アナリストになるには、日本証券アナリスト協会が開講している1次講習を受講し、その後修了試験に合格。さらに2次講習に参加し、その後の修了試験に合格してようやく証券アナリストの資格が手に入ります。一度の試験で合格できる証券外務員とはかなり取得までの道のりが違うということになります。

イメージとして、証券外務員は金融機関で働くために取得必須の資格、証券アナリストの資格は、金融機関の中でさらにできることを増やすことができる資格です。金融機関で働くと決めた方は、まず証券外務員資格を取得し、働く中で必要と感じた場合に、証券アナリスト資格の取得を考えるというのがいいでしょう。

ファイナンシャルプランナーとの違い

ファイナンシャルプランナーは、個人もしくは企業の資産運用に関するアドバイスができる資格です。資産運用のアドバイスを行う以上、当然ですが金融商品に関する深い知識が求められます。

さらにいうと、税制に関する知識や、保険や年金に関する知識も問われる資格であり、資格取得に関しては、証券外務員試験よりも対策が難しい資格になります。

ファイナンシャルプランナーには1~3級があり、業務上有効に活用できると言われているのは2級以上。ただし2級を受験するには受験資格があり、主な受験資格はFP業務に2年以上従事しているか、FP3級の資格取得です。

資格取得に関する難易度や手間、必要な時間を考えると、証券外務員よりもかなり時間と勉強を必要とする資格となります。

FP2級の資格は金融業界、特に銀行や信用金庫、また保険会社などでは、より多くの業務が行えるようになる資格であり、取得することが推奨される資格になります。ただしこの資格も証券アナリストの資格と同様、金融商品の販売や勧誘ができる資格ではありません。

FP2級の資格でできるのは資産運用などに対するアドバイス。証券外務員資格とは、似て非なる資格となります。

FP2級の受験資格に、FP業務に2年以上従事していることなどがあることを考えると、金融業界で働きつつ、FP業務の経験を積み、受験資格を満たしてから受験するのがおすすめ。FP3級、FP2級と続けて取得を目指すのも悪くはないかと思いますが、時間がかなり必要となりますので、業務経験を積む方が効率的かと思われます。

FP資格に関しても、証券アナリストと同様に金融業界で業務に就き、必要と感じた場合に目指す資格といえます。金融業界で働くにはほぼ必須ともいえる証券外務員資格とは、この点で大きく違う資格といえるでしょう。

証券外務員資格を目指すならフォーサイトがおすすめ

証券外務員資格を取得するには試験に合格する必要があります。試験に合格するには当然ですが勉強が必要です。

詳細は別の記事で解説しますが、資格取得の難易度に関しては、さほど高いものではありません。証券会社や銀行、信用金庫、保険会社など金融機関で働く方のほぼ全てが受験し、ほとんどの方が取得できる資格です。いわゆる難関資格というわけではありません。

とはいえ受験した方全てが合格できるというわけでもなく、金融機関で働きながら、きっちりと対策をした方であれば合格できるというレベル。必要な勉強時間に関しては個人差がありますが、100時間はかからないというのが世間一般的な評価になります。

証券外務員試験対策の方法を考えると、自力で合格を目指す独学か、証券外務員試験対策講座を開講している予備校に通学するか、自宅でも学べる通信講座を受講するかの3つが考えられます。

証券外務員試験対策には、この3つの中では通信講座がおすすめ。さらにいうと、フォーサイトの通信講座がおすすめとなります。

eラーニングに注力しているフォーサイト

上記の通り、比較的取得しやすい試験である証券外務員試験ですので、対策には長い時間を設けないのが得策。そのために必要となるのが、スキマ時間を有効に活用することです。例えば毎日の通勤・通学で利用している電車内、ランチの後の休憩時間など、1日の生活の中には、比較的余裕があるスキマ時間が存在します。このスキマ時間を有効に活用できるのがeラーニングです。

通信講座フォーサイトは、自宅学習用の講義動画やオリジナルテキストはもちろん、eラーニング用の教材も充実しています。スマホの小さい画面でも見やすいeラーニング用の講義動画は、ちょっとしたスキマ時間でも勉強できるように、15分ほどの短時間動画になっています。

通勤・通学の電車が混雑しており、スマホで講義動画を視聴するのが難しいという方には、音声データも用意されています。聞くだけでも十分身につく知識がありますので、状況に合わせて活用するといいでしょう。

また外出先での勉強にテキストが必要という方には、デジタルテキストもあります。デジタルテキストはスマホやタブレットにダウンロード可能ですので、確認したいときに簡単に読むことができます。

毎日のスキマ時間を有効に勉強時間にするには最適な教材がそろっており、証券外務員試験に短期間で合格するには最適な講座といえるでしょう。

まとめ

証券外務員資格とは、金融商品の販売や勧誘を行う際必携の資格となります。証券会社や銀行、信用金庫、保険会社など、金融商品を取り扱う業種で働く方は、取得が必須な資格となります。

もちろん現状金融機関で働いていない方も、将来的に金融機関への就職、転職を希望するのであれば、事前に取得しておくことが推奨される資格。一般の方でも特別な資格なしで受験できる正会員試験がありますので、挑戦するのがおすすめです。

証券外務員資格は一種と二種の2種類。取り扱える商品に違いがあり、基本的に二種よりも一種の方が難易度の高い資格になっています。資格試験はCBT方式であり、基本的に一年中受験可能。しっかりと対策を立てて、自分が希望するタイミングで受験しましょう。

そんな証券外務員試験の対策には通信講座がおすすめです。通信講座であれば、マイペースで学習できますし、時間のロスが少なくなります。通信講座の中ではフォーサイトの講座がおすすめ。

見やすい講義動画に理解しやすいオリジナルテキスト、さらに充実のeラーニング教材がそろっており、効率的に試験対策が可能な講座になっています。