行政書士に合格するための勉強時間は?

行政書士に合格するための勉強時間は?

行政書士になりたい!と思った時に、どのくらい勉強をすれば合格できるのか?ということが気になりますよね。もちろん人によって必要な勉強時間は異なりますが、計画的に勉強を進めるためにも、何時間、何ヶ月の準備期間を取ればよいのか?というおおまかな目安を知っておいて損はありません。

目次

行政書士試験の合格に必要な勉強時間・期間はどのくらい?

行政書士試験に合格するために必要な勉強時間や期間は、皆さんの法律の学習経験や、日々の試験勉強に当てられる時間によって異なりますので、一概には言えません。

大まかな目安としては、これまで法律の学習経験がある人なら、予備知識があり、法律に触れることにも慣れているため、平均的に約300~500時間程度の学習時間で合格ラインに到達できると考えられますが、初めて法律を学ぶ人が自力で勉強する場合には、合格に必要な学習時間は平均的に約800時間~1000時間程度、と言われています。

これは毎日平均3時間の時間を確保して取り組んだ場合、10ヶ月程度の学習量にあたります。行政書士試験は毎年11月に実施されますので、お正月休み~2月頃から勉強を始めると、翌年の試験に間に合う、ということになります。 毎日3時間というと、とても大変なように思われるかもしれませんが、例えば

  • 朝、早起きして1時間
  • 通勤、通学の移動時間を利用して1時間
  • 会社の昼休みに30分~1時間
  • 夜、家族が寝た後に1~2時間
  • 家事をしながら聞き流し学習、お風呂やトイレタイムを活用

というように、ご自分の生活パターンを見直し、一日の中でうまく時間を捻出すれば、意外と多くの時間を勉強に充てることが可能です。 ただし、それを毎日続けるということはやはり軽い気持ちでは難しいと思いますので、必ず合格するぞ!と、本気で取り組む気持ちは絶対に必要です。

勉強時間を確保するための工夫

仕事をしながら受験する方は特に、次のような工夫をして、勉強時間を確保する仕組み作りを心がけてみてください。

隙間時間を活用すること

単語帳を作ったりスマートフォンにメモをしたり、音声データを持ち歩いておくなどして、通勤電車の中などでも復習ができるようにする。15〜20分の隙間時間で触れた内容は、意外と頭に残ります。活用しない手はありません。

学習習慣をつけること

朝1時間だけ早く起きて勉強時間を確保する、夕食の前に1時間だけ勉強時間を確保する、など、あらかじめ時間を決めておきましょう。最初は辛く感じられるかもしれませんが、習慣化してしまえば、だんだん苦なく続けられるようになります。習慣の力は想像以上に強いです。

モチベーションの上げ方を決めておくこと

常にやる気十分で試験勉強を続けられる人などいません。試験合格後に行政書士として業務を行なっている自分の姿をイメージしたり、勉強をお休みするご褒美日を設けたりするなど、メリハリをつけて、勉強が続けられるようにしましょう。

合格体験記を読んでみるのも効果的です。合格した受験生の熱意に触れて、学習意欲をあげやすいです。ただし、本当に疲れている時にはまずは休んで、疲れをとってから学習を再開させましょう。

効率的に勉強して、最短勉強時間で合格するには?

行政書士試験の勉強は、時間も長くかかり、様々なデメリットもあって、自分には難しいかなと思った時には、予備校や通信講座を利用することも考えてみるとよいと思います。これらをうまく活用することによって、効率よく勉強し、勉強時間を短縮することも可能になります。

予備校のメリット・デメリット

まず、予備校に通って勉強する場合の、メリットとデメリットは何でしょうか? メリットとしては、直接講師の講義を受けることができ、質問もリアルタイムでできることが挙げられます。

また、学習教材が揃っており、それを使って講義のカリキュラムに沿って勉強していけば、試験本番までに必要な知識を一通り身に着けることができますし、試験についての最新情報も入手しやすくなります。 さらに、合格に向けて一緒に勉強する仲間ができるということも大きなメリットの一つです。気持ちの励みになるのと同時に、合格後、開業してからも、何かと相談し合える貴重な同期のつながりとして、仕事の面でもとても役立ちます。

一方、予備校のデメリットは、一般的に、他の勉強方法に比べて費用が高い場合が多いということです。大手予備校、実績のある予備校の講座では、数十万円の費用がかかることも珍しくありません。 また、決められた講義時間に通う必要があり、通学の時間もかかりますので、仕事が忙しい方や、地方在住で近隣に予備校がない方には、難しいということになってしまいます。

通信講座のメリット・デメリット

次に、通信講座を利用する場合のメリットとデメリットを挙げてみたいと思います。 学習の教材が揃っていること、カリキュラムが決まっているので、それに沿って勉強すればよいことは、予備校の場合と同じメリットになります。 さらに、通学が難しい人でも、自宅や自分の好きな場所でいつでも勉強でき、講義がDVD、CD、ネット配信などで何度でも繰り返せることは大きなメリットです。費用も、予備校よりもかなり安価で受講することが可能です。

一方、自分で学習を進めていく必要がある分、勉強のペースややる気を維持していくことについては、自学に近い部分があり、予備校に比べると大変かもしれません。けれど、完全な自学とは違って、学習用のアプリでスケジュール管理ができたり、メールでの質問ができたりと、様々なサポートが用意されている通信講座もありますので、上手に活用すれば、さらに学習効果を高めることができると思います。

フォーサイトの教材の特徴

フォーサイトでも、行政書士試験の合格を目指す方向けの通信講座をご用意しています。他の通信講座と比較すると、テキストは薄く、とてもコンパクトな作りになっているのが特徴で、「これで大丈夫?」と思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、試験に出やすい重要ポイントを押さえながら、必要最小限の勉強時間で6割取れることを目指している内容の濃いテキストなので、きちんとマスターすれば十分合格点に届くように作られています。

フォーサイトが設定している標準学習時間は、テキスト学習など基本講座が120~150時間時間、過去問講座は120~350時間。初学者の方にも500時間で合格を目指せるカリキュラムをお届けしています。仕事や家事育児とも両立可能です! また、「バリューセット3」ではテキストや過去問以外に試験直前対策や答練もあり、フォーサイトの教材のみで十分な試験対策ができるようになっていますから、ご自分で教材を選ぶ手間も省けます。

フォーサイトの行政書士通信講座に興味を持たれた方は、こちらのページにさらに詳しいご案内がございますので、よろしければご覧になってみて下さい。

→フォーサイト行政書士通信講座のページへ