法律入門者でもフルタイム勤務でも、10ヶ月で一発合格した原因

法律入門者でもフルタイム勤務でも、10ヶ月で一発合格した原因

性別女性
年代50代
試験年度2017年(29年度)
エリア東京都
勉強時間1000時間
勉強期間1年間
職業正社員(サラリーマン)
勉強法暗記,記述式,過去問,模試
商品DVD,テキスト
受験回数初学者(1回目)
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
試験から2カ月と三週間、ようやく合否発表になりました。結果「合格」でした。やりました。一発合格です。フォーサイトの解答速報での自己採点ではビミョーな点数で、記述式で何点取れるかにかかっており、この数カ月ハラハラ、モヤモヤと過ごしていたので、合格できて本当にうれしいです。
法律入門者、フルタイム勤務の私でも10カ月の勉強期間で合格することができました。使用したのはフォーサイトのバリューセット②DVDコースと模擬試験講座のみ。前年フォーサイトの通関士講座を受講し、一発合格できたので、フォーサイトとなら最後までやり抜ける自信がありました。
最初の数カ月は講義を聞いても、テキストを読んでも、内容が頭に入ってきませんでした。講義の途中、福澤先生が「今、解らなくてもつづけてください。」と繰り返しおしゃっていました。その言葉を心の支えに、講義を見て、テキストを読むことを続けていると、少しずつ、要点が理解できるようなってきましたが既に7月でした。そこでようやく過去問に取り掛かりましたが、正解率は4割程度でした。そこから勉強時間を増やしました。これまで平日は夜2時間、休みの日は午後3時間だったのを、平日は3時間、休みの日は5時間位勉強するようにし、過去問とテキスト読みを繰り返しました。
9月入ると直前対策講座や模擬試験講座などのテキストが続々と届きましたが、取り掛かる余裕がなく、未開封のまま山積みになっていて、それを見ると焦りを感じました。そこで初めて大まかなスケジュールをたて、10月末までにどうにか全てのテキスト、模試(計4回)を完了させました。
 10月からは暗記することも始めました。暗記には合格カードを使い、トイレ中、歯磨きしながら、電車待ちなど、スキマ時間を活用しました。また、シャワー中や洗濯物を干しながら、体は別の事をしていても、頭の中は条文を思い出していました。
 昨年の10月は衆議院総選挙があり、選挙期間中は選挙カーからの声が耳に届き、土日、自宅では集中することができなかったので、図書館やレンタル自習室を利用しました。10月からは休みの日は10時間勉強していました。家族も協力してくれました。
 今回、試験の合格率は例年より高く、ラッキーだったかもしれませんが、合格できたのはがむしゃらに勉強を続けた成果です。「よくやった。頑張ったね」と自分をほめてやりたいと思います。
0おめでとう
◀合格体験記へ戻る