行政書士の講義を毎日2時間聴いて合格した私。育児中でも何とかなります

性別女性
年代30代
試験年度2013年(25年度)
職業主婦
勉強法過去問,模試
商品DVD,テキスト,道場破り,費用
試験科目一般知識
eラーニング「道場破り」使用回数
※eラーニング「道場破り」の使用回数となり、実際の学習時間とは異なります。
私が行政書士の受験を決意したのは、ちょうど1年前でした。

当時7ヶ月の子供を育児中でしたが、家にいながら有意義に時間を使いたいと思ったことと今後もう正社員として就職するのは、小さい子供がいる事や年齢的にも難しいと思い、独立開業の出来る行政書士を目指すことに決めました。

難しいけど頑張れば手が届くかもしれない、そんなレベルが私にとって一番やる気が出るのです。

フォーサイトに決めたのは、通信教育の中でも費用が安かったことが正直いちばんの理由です。

私はテキストを眺めているだけでは勉強ができないタイプなので、DVD講義は絶対条件でした。

でも主婦なので高い費用は払えないし、そもそも合格できるかさえわからない、どれだけ勉強時間がとれるかわからない状況だったので少しでも安い方が助かりました。

2月からは子供が寝た後、毎日2時間を目標に講義を聴いていました。

最初はまったく意味が分からず難しいうえにスピードが速くて、ついていくのに必死でしたが何度も何度も繰り返し講義を聴いていくうちに、慣れてしまって先生の話をところどころ覚えてしまっていました。

6月が終わるころからは、インプットである講義は卒業して、アウトプットに入りました。

毎日くりかえし、ひたすら問題を解きます。私はフォーサイトの基礎講座しか受講していなかったので、道場破りを活用しました。

確認テストはタイマーが付いて一問一答になっているので非常に役だちました。その他ネットで公開されている問題や過去問なども、どんどん解きました。5肢の中で正解が分かっても、全部の肢の内容を理解するまで繰り返しました。

夏が来て皆さん模試を始める頃でしたが、私はまだそんなレベルに達していないと感じていたので夏以降もずっと問題を解く毎日でした。

あまり良い事ではないと思いますが、結局最後まで模試は受けることなく試験に挑みました。(一度だけ、24年の過去問を3時間きっちり計測して解いたくらいです)

9月になって一般知識の勉強と記述対策を始めました。ハッキリいって甘かったと思います…始めるのが遅かった。

法令に必死でほったらかしになっていた一般知識は散々でした。

過去問も全く解けない、経済学部出身でも10年たつと政治経済は知識がカラッポです。情報通信と個人情報保護を完璧にしたつもりでしたが本番では思いもしない出題で結局はギリギリの一般知識7問正解でした…

今回私は初受験で、なんとか択一164点で合格できましたが一番のポイントは「本番で緊張しなかったこと」だったと思います。

模試も受けなかったので問題を解く時間配分もわからず、本当に怖かったし直前まで緊張で倒れそうでしたがなぜか、会場に行って座った瞬間から驚くほどリラックスできたのです。

まるで模試のような感覚で集中して問題を解くことが出来たので、実力以上の力を発揮できました。終わった瞬間、「一片の悔いなし!」でした。

今後は仕事をしながら、別の資格を目指そうと考えています。

試験当日までまったく自信がなかった私が合格できたのは、インプットを前半でほぼおわらせ(完璧に覚えるまでやろうとしない)後半はひたすら問題を解くことで覚えていったことが良かったんだと思います。

正解を覚えるのではなく、解きながら理解する事。

最終的には、12345と○×しか書いてないノートが10冊以上たまってしまいました。

福澤先生のわかりやすい講義、スタッフの皆様の迅速な対応、こころから感謝しております。本当にありがとうございました。
3おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る