【三歳児健診】保育士として子供の成長を見る時に注意したいポイント

【三歳児健診】保育士として子供の成長を見る時に注意したいポイント

「三歳児健診って受けるべきでしょうか?」保育士の仕事をしていると時折保護者に聞かれたりします。

園においても毎月の「健康測定」という形で身長や体重を測定したり、春と秋など年に2回ほど小児科医による健康診断を行なったりしています。

このように定期的に園において診断をしているので保護者はその他の健診は必要ないと考える方もいらっしゃいます。

しかし、相談されたときの答えは「必ず受けて下さい!」です。

ではなぜ受けた方が良いのか、そもそも三歳児健診とはどんなものなのか、また、三歳児健診で発見される気になる症状や対応の仕方、そして普段、保育士が保育の中で注意しながら見守るべき事などをここではお話ししていきます。

目次

そもそも3歳児健診とは?

そもそも3歳児健診とは?

三歳児健診とは「満三歳」を迎え、満四歳になる前の子ども達を対象に各自治体(市町村)で実施される健康診査(健康診断)のことを指します。

各家庭に健康診査の案内という書面が送付され、予約をして最寄りの健診場所に出向いて行ないます。

乳幼児健診は、「母子保健法」に基づき実施されている国の定める健診事業でもあります。

【主要健診の実施時期と主な健診内容】
対象年齢 健診内容
乳児健診 三~六ヶ月児健診 ①先天性股関節脱臼,先天性心疾患,悪性腫瘍などのチェック
②離乳食の指導
九~十ヶ月児健診 ①精神・行動発達のチェック等
②離乳指導
③育児・生活指導
④予防接種受診勧奨
幼児健診 一歳六ヶ月児健診 ① 身体発育状況
② 栄養状態
③ 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無
④ 皮膚の疾病の有無
⑤ 歯及び口腔の疾病及び異常の有無
⑥ 四肢運動障害の有無
⑦ 精神発達の状況
⑧ 言語障害の有無
⑨ 予防接種の実施状況
⑩ 育児上問題となる事項
⑪ その他の疾病及び異常の有無
幼児健診 三歳児健診 ① 身体発育状況
② 栄養状態
③ 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無
④ 皮膚の疾病の有無
⑤ 眼の疾病及び異常の有無
⑥ 耳、鼻及び咽頭の疾病及び異常の有無
⑦ 歯及び口腔の疾病及び異常の有無
⑧ 四肢運動障害の有無
⑨ 精神発達の状況
⑩ 言語障害の有無
⑪ 予防接種の実施状況
⑫ 育児上問題となる事項
⑬ その他の疾病及び異常の有無

乳幼児検診で主に重点的に見られる健査項目となります。

三~四ヶ月では先天性の疾患はないか、九~十ヶ月では、精神や行動の異常疾患はないか、離乳食や予防接種の始動も加わってきます。

一歳六ヶ月健診は、子どもの成長健診は、もちろんですが保護者への育児指導も大切な時期なのでそれらの指導も幼児の健診時に含まれます。

そして、乳幼児検診の最後の健診が三歳児健診になります。就学前健診といったりもします。

保護者が普段、気付つかない子どもの成長過程での気になる点や異常を早期に見つけるために必要な健査ということになります。

三歳児健診の内容と保育士が注意すべきポイント

三歳児健診の内容と保育士が注意すべきポイント

保育士は、毎日大勢の子どもと接する仕事です。つまり、大勢の中の一人として各幼児を観察しているので、子どもの年齢的成長の過程の標準値を理解しています。

ですから、それぞれの子どもの気になる点も見えてきます。特に普段から気になっている子どもの健診では保護者から健診結果を聞き今後の保育指導の参考にする必要があります。

保育士が健診後、保護者から聞いておきたいポイントは大きく以下3つです。

①身体の発達に問題はなかったか

発育の状況や栄養状態は標準か、視覚・聴覚の異常はないか・運動機能に問題はないかなど。成長ホルモンの不全で低身長がこの時期で発見されることもある。近年では肥満傾向の子どもも多いためその辺りも聞いておきたい。

②認知能力の発育に問題はなかったか

大小の認識、長短の認識、高低の認識、色の区別概ね三歳の段階では尋ねればほぼ応えられるレベルが標準である。
個人差はあるが保育士は普段の保育の中で極端に認識に乏しい子がわかるのでその辺りの様子を健診結果と照らし合わせたい。

③言語発達の問題はなかったか

自分の名前や年齢は答えられるか、誰と一緒に来たか答えられるか、好きな遊びや食べ物が答えられるか、この年齢で認知しているとされる身近な物の名前が答えられるか、などの健査が行なわれる。
保育士は、自分の名前や二語文が話せない子どもはわかるので、気になる子どもの診察結果は注意して聞いておきたい。

三歳児健診は、なぜ行なうのか

三歳児健診は、なぜ行なうのか

三歳になる幼児のほとんどは、話したり、歩いたりが出来るようになっています。

そして一歳六ヶ月健診の時ではわからなかった色々な問題(知的障害、難聴や斜視、弱視など)を早期に見つけ必要であれば治療を施す事は子ども本人にとって効果的だからです。そのため三歳児健診は、とても大切なのです。

いつも一緒に過ごしている保護者は問題があっても、「それが当たり前」の状態になっていることも少なくなく、健診に行って初めて気付くことも多いからです。

そして自治体が行なう健診はこの3歳児健診を過ぎると小学校の入学前まで行なわれません。気になる症状は早期発見、早期対応が重要です。

普段、気になる症状に保育士が気付いていても「医師」ではないため直接的に保護者に伝えることは難しいのです。

そのため、気になる子の対応を早期にはじめるためにも、また、保護者にそれらを促しやすくするためにも「三歳児健診」は必ず受けるよう保護者に伝えるのも保育士の仕事の一つです。

保育士が普段から注意している子どもの発達ポイント

保育士が普段から注意している子どもの発達ポイント
保育士が普段から気をつけたい目の問題
普段から目の動きがおかしい、他の子と違う
物を見るときに目を細める
物を見るとき極端に近づく
頭を傾けるまたは、横目で見る
黒目の大きさが左右で違う
黒目の中央が白っぽい

弱視や斜視、などの発見につながります。早期に見つけ治療をする事で通常生活での障害を最小限に抑えられます。

保育士が普段から気をつけたい聴覚の問題
何度も繰り返し中耳炎にかかる
普段から鼻づまりや鼻水が多く、口呼吸
呼ばれても返事がない、または聞き返す
テレビなどの音を大きくして欲しいという
話し言葉が遅い、発音がおかしい
言葉の意味に動作をつけないと理解できない

何度も中耳炎を繰り返す子どもは中耳炎から難聴になってしまうこともあり早めの対処が必要です。先天的に難聴の症状がある子は言葉が聞こえないため、知的障害を疑ったり、言葉の遅れが生じたりということがあるので普段の保育生活での見極めは特に大切です。

保育士が普段から気をつけたい認知発達
大きい、小さいが理解出来ているか
高い、低い、の高低差が理解出来ているか
赤・青・黄色・緑の基本4色が理解できているか

三歳の段階でこれらが理解出来ていない場合、保育士は子どもの理解力を疑うので健診結果との照らし合せ、今後の指導方針を決める必要が出てくる。

保育士が普段から気をつけたい言語発達
自分の名前が言えるか
簡単な動物や物の名前が言えるか
訪ねられた簡単な事を話せるか

三歳になってくると自分や友達の名前をきちんと言えるようになってくる。絵本の中に出てくる物の名前や動物など身近な物の名前を覚え、かなり言えるようになってくる段階。
また、「昨日は、誰とどこへ行った」「夕飯は○○が美味しかった」などの様子が話せるようになる。この年齢で自分の名前が言えない、まだ二語文が話せない時、保育士は言語発達の問題を疑うので健診結果と照らし合わせ、今後の指導方針を決める必要が出てくる。

三歳児健診で問題があると指導された時の対応方法

三歳児健診で問題があると指導された時の対応方法

まず現場の保育士が一番感じる事は、大半の保護者が「気になる問題点」を受け入れようとしないという現実です。

どんな人でも、自分の子どもに問題点があるとは認めたくないのが本心でしょう。

しかし、子どもにとって三歳児健診で何かが発見された時には園と保護者とが連携で協力し対応していかなければとても対応は難しくなります。

何より子ども本人が一番困る事になっていくからです。

保育士は「問題を抱えている子」「問題のある子」ではなく、「困っている子ども」なのだと言うことを伝え保護者や保育士がお手伝いして「困らないようにしてあげる」ための支援が必要だということを伝える必要があります。

学校へ入学する前にできる限り「支援」してあげることで、その後の学校生活が本人にとって過ごしやすくなることも合せて伝えながら保育士と保護者だけではなく園全体で協力体制をとっていく事が重要になってきます。

まとめ

ここまで、三歳児健診に関して解説して参りました。
三歳児健診は、単なる子どもの成長の度合いを見るだけのものではなく保護者にとっては、普段気がつかない子どもの成長を確認するための大切な健診であるということ。

また、保育士にとっては、普段から気になる子がいる場合には、自分達の見立てと医師の目から見た診断を照らし合わせながら最終的な子どもへの正しい対応を考えていく上での大切な資料となることを覚えておいて欲しいと思います。

【参考資料】
厚生労働省:乳幼児健康診査事業ガイド
標準的な乳幼児健診に関する調査検討委員会提供資料(国立成育医療研究センターWebページ)