保育士 業界用語集

保育士 業界用語集

保育業界や乳幼児を子育てする保護者たちに使われる用語をまとめました。どうぞお役立てください。

目次

保健・健康

風疹(ふうしん)

三日はしか。発熱、発疹、リンパ節腫脹を特徴とするウイルス性発疹症です。妊婦が感染すると生まれてきた赤ちゃんに先天性風疹症候群に総称される障害を引き起こす可能性があります。妊婦の保護者もいますので抗体検査を行いましょう。抗体が十分でなければMRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)が摂取されるケースが多いです。

プール熱/咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)

アデノウイルスによって高熱、目の充血、のどの痛みの症状がでます。39度以上の熱が5日も続くことがあります。夏に多く、学校のプールなどで集団感染を起こすこともあります。

おたふくかぜ/流行性耳下腺(じかせん)炎

ムンプスウイルスによって引き起こされ、主な症状は耳の下のはれと痛み・発熱です。冬から春にかけて流行しやすく、4~5歳に多くみられます。

ヘルパンギーナ

発熱に加え口内に水疱ができるのが、特徴です。4歳以下がかかりやすく、夏から秋に流行します。

溶連菌(ようれんきん)感染症

のどの痛み、高熱、腹痛の症状がでます。その後、体や手足に細かい発疹、舌にツブツブ(イチゴ舌)になるのが特徴です。

手足口病

主な症状は手のひら・足・口内の発疹、小さな水疱、発熱です。4歳以下がかかりやすく、主に夏に流行します。

伝染性紅斑/リンゴ病

ほおに蝶型の紅斑(りんごほっぺ)、手足に発疹がでるのが特徴です。数年に一度流行します。

水痘/水ぼうそう

かゆみを伴う水疱性発疹が特徴で発熱も伴います。発疹→水疱→かさぶたになります。かきこわすと細菌感染を引き起こすおそれがあるので注意です。

突発性発疹

38~39度くらいの高熱が3~4日続き、熱が下がったころから、胸やお腹・背中を中心に発疹が現れ全身に広がります。1歳以下に多いです。高熱の割に元気なことが多く、脱水症状に注意します。ただし高熱から「熱性けいれん」を起こすこともあります。顔を横に向け吐物で窒息しないようにし、痙攣時間を計測、病院を受診します。

RSウイルス感染症

夏から流行が始まる呼吸器の感染症です。せきがひどくなる、「ゼーゼーヒューヒュー」という喘鳴(ぜんめい)を伴った呼吸困難がでるなどの症状がでた場合は、肺炎へと発展する可能性があり注意が必要です。

とびひ/伝染性膿痂疹(のうかしん)

湿疹や虫刺されなどを掻きこわした部位に細菌が感染し、そこから飛び火するかのごとく周辺や離れた部位に症状が広がります。小児科などで抗菌薬と塗り薬を処方してもらいます。とびひは移りますので、保育園のプールはNGです。

食物アレルギー

日本で多い原因の食物は鶏卵、牛乳、小麦です。免疫の過剰反応により蕁麻疹(じんましん)やかゆみ、せきなどの症状がでます。時にアナフィラキシーという血圧低下・意識障害を引き起こし、生命を脅かす状態アナフィラキシーショックに陥ることもあります。

アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹でよくなったり悪くなったりを繰り返すのが特徴です。くすりを使いながら、洗浄保湿によるスキンケア・原因の除去を心掛け、良い状態を維持します。

発達障害

自閉症、アスペルガー症候群に代表される広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)、重症なチック障害であるトゥレット症候群、吃音(きつおん)症など症状は多様です。

制度、施設

認定こども園

幼稚園、保育所の2つの機能を兼ね備え、都道府県知事が認定した施設のこと。

幼児教育・保育の無償化制度

幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児、住民税非課税世帯の0歳から2歳児クラスまでの利用料が無料になります。ただし通園バス代、給食費、行事費用は対象外です。幼稚園の預かり保育、認可外保育施設・一時預かり事業、ファミリーサポート事業などを対象にした利用料も市町村より「保育の必要性の認定」を受ければ上限あり無償化の対象になります。(2019年)

児童福祉施設

児童福祉法で定められた助産施設・乳児院・母子生活支援施設・保育所・児童館や児童 遊園に代表される児童厚生施設・児童養護施設・障害のある児童を対象にした施設・児童心理施設・児童自立支援施設・児童家庭支援センターです。

理論・歴史

エリクソン

アメリカの心理学者。人の生涯発達を8つのステージに分け、それぞれの時期に克服すべき課題があり、乗り越えることで成長するとした心理社会的発達理論を提唱しました。

モンテッソーリ

イタリアの医師・教育家。こどもの自己教育力を引き出す環境づくりを重視し、自立していて生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てることを目標とする独自の教育法を考案しました。

ルソー

スイスの思想家。著書「エミール」では子どもの自主性を尊重する消極的教育を主張しました。

ピアジェ

スイスの心理学者。こどもは成長に伴い認知力も発達していく、成長過程を4段階に分けて認知発達段階説を唱えました。

保育園で…

保育所児童保育要録

保育園の子ども一人ひとりの成長、健康状態、指導の過程などを記録し、小学校教育へとつなげていく資料のこと。

午睡(ごすい)

お昼寝。

保育の見える化

写真や動画のような記録により保育士は保育内容を振り返りやすくなり、保護者と記録を共有することで保育の透明性が高まります。

五領域

保育所保育指針の「保育の目標」を達成するために、保育のねらいを健康・人間関係・環境・言語・表現の5つに分類したものです。指導案を作成するときはこれら5つの領域に基づいて具体的な指導内容を設定します。

10の姿

幼児期の終わりまでに育ってほしい子どもの具体的な姿を示します。幼児教育から小学校教育までの移行をスムーズにする働きを持ちます。