医療事務資格とは?

目次

医療事務資格とは?

医療事務資格とは?

医療事務の資格は、国家資格ではなく、民間資格に位置付けられています。

病院や薬局で事務の仕事をする為に取得しておくと便利な資格の1つであり、その種類は補足資格も含めると、現在35種以上にも上りますが、仕事をする上で、必ずしも資格が必要ではありません。

但し、医療機関の業務内容は専門的な事柄が多く、職場も多忙で人材不足も珍しくありません。

現場では初日から最低限の即戦力を欲している事も多く、新人を一から教育している余裕などないことから基本的には有資格者や経験者が採用されます。ここでは、そんな医療事務資格の種類の代表的なものだけを6つに分類し、まとめてみました。

レセプト業務に役立つ試験

  • 診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)
  • 医科医療事務管理士技能認定試験(JSMA 技能認定振興協会)
  • 医科2級医療事務実務能力認定試験(全国医療福祉教育協会)

レセプト点検能力に役立つ試験

  • 医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)
  • 医科医療事務管理士技能認定試験(JSMA 技能認定振興協会)
  • レセプト点検業務技能検定試験(日本医療事務協会)

日常的な医療会計業務に役立つ試験

  • 医事コンピュータ技能検定試験(医療秘書教育全国協議会)

患者接遇能力向上に役立つ試験

  • 医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)
  • ホスピタルコンシェルジュ検定試験(JSMA 技能認定振興協会)

調剤薬局事務能力向上に役立つ試験

  • 調剤事務管理士技能認定試験(JSMA 技能認定振興協会)
  • 調剤報酬請求事務専門士検定試験(専門士検定協会 )

介護施設での事務能力向上に役立つ試験

  • ケアクラーク技能認定試験(日本医療教育財団)

医療事務ってどんな仕事?

医療事務の主な仕事内容は、医療機関での診療費の算定などの会計業務と 診療報酬請求と呼ばれる、月に一回、医療機関から審査機関(国民健康保険団体連合会及び社会保険診療報酬支払基金)へ提出しなければならない書類(※レセプトと呼ばれるもの)作成業務、受付、カルテ管理、入退院の対応や処理など医療機関における事務全般です。

また、それ以外にも職場によっては電話での予約対応や医師のスケジュール管理、看護師との連携、病院案内、そして時にはカウンセラーのように患者さんの相談にのる事もあります。薬局では、あまりそういった雑務をする事はありませんが、病院では多くなる傾向にあります。

医療事務の魅力・メリット

体力はあまりないけれど、人の役に立ちたいと思っている人にはピッタリの職種かもしれません。一般の事務に比べ、患者さんとのコミュニケーションが多くなる事もあり、やり甲斐はかなり高く感じられるでしょう。
また、医療施設は全国どこにでもあるため、求人も多く、年齢や性別などにかかわらず、長く安定して働けること、正社員、パート、派遣など、働き方を選べるのも魅力です。

更に女性が多く活躍している分野ですから、結婚や出産などによる生活環境の変化に合わせて、家事や育児と両立しやすい託児所付きの職場も多くあります。
しかし近年では女性だけでなく、男性のセカンドキャリアを考える上でも、選択肢となってきています。

何故なら高齢化社会に伴い、24時間体制の医療が求められることが多くなってきました。そのため、曜日や時間帯によっては、定年後の男性も労働力として求められるケースが増えているのです。

また、大学卒でなくても経験者が優遇される世界であるため、自分は高卒で学歴が無いから…という人にもお薦めできます。学歴で給料にあまり差は出ず、どちらかといえば能力で評価を受ける事が多いのが魅力です。

資格の活かし方

医療機関における医療事務の募集では、即戦力を欲している事が殆どです。その為、まず第一に経験者が優遇され、それが叶わない場合の第二選択肢が有資格者となり、全く未経験で資格も無い状態で医療事務の職につけるとすれば、それは新卒で大きな病院に就職して研修制度が充実している時くらいのものでしょう。

ですから、中途入社を狙うのであればまず資格が必要ですし、それ以外にも例えば、資格のあるなしで正社員雇用されるかどうかが決まることもあります。

医療事務資格は国家資格ではありませんから、必ずしも持っていなくてもいいのですが、そもそも持っていないと最初から雇ってもらえない事が多いと思っておいて下さい。

国家資格でないから取得しなくても良い、お金の無駄だ等という人もいますが、それを持っていないが為に何度も書類選考で落とされたり、面接に行っても受からず、就職先を探しまわる事態となってしまっては心が疲れてきますし、時間の無駄というものです。

また、臨時の人手不足で仕方なく無資格者を派遣やパート・アルバイトという形で雇う事もあるのですが、そういった形で入社して長年勤めていても、無資格では、なかなかキャリアアップに繋がらないのです。同じ仕事をしていても、資格の有り無しでより良い年収、雇用条件、と変わってくるとしたら、やはり取得しておくに越したことはありません。

将来性

医療業界は人類が存続している限り今後も無くなることがないといわれている業界の一つであり、人材不足はあってもリストラの危険はほぼなく、そういった側面での心配はまずいらないでしょう。

さらに、現代の日本は超高齢社会に突入しており、医療機関の需要もますます多くなるため、医療事務は安定した職業といえます。

また、高齢者が増えることで医療機関だけではなく、介護施設の需要も増えていくでしょう。介護施設も「介護報酬請求業務」などがあり、医療事務が活躍している場所の一つです。さらに医療事務には他にも、保険医療センターや健診センターなどでも働く場所があり、転職活動がしやすく将来性は高いものと思われます。

しかしAIや機械化がもっと進んだらどうなるでしょうか?実は、殆どの事務職、会計職はAIが導入される事により、人がやる必要はなくなるといわれていますが、医療事務だけは別で、機械に一人一人の体調不良を気遣うような臨機応変の対応は難しいため、その仕事を奪われる可能性は非常に低いといわれています。

➡こちらの記事も読まれてます