診療報酬請求事務能力認定試験の合格率

診療報酬請求事務能力認定試験の合格率

診療報酬請求事務能力認定試験の合格率
目次

診療報酬請求事務能力試験の合格率

診療報酬請求事務能力試験は数ある医療事務資格の中でも最難関資格のひとつです。合格率は毎回約30%前後。つまり毎回7割近くの人が不合格になっています。

回によっては合格率が25%前後まで冷え込んでしまう事もあり、これはやや難しめの国家資格並みです。
またこの試験は年2回(7・12月)しか開催されていません。これは毎月チャンスがあり、合格率50%~60%の他の医療事務資格とは大きく異なります。

合格率の推移(第42回~第51回)

医科の推移

年度 受験者 合格者 合格率
2015年 13,567人 4,952人 36.5%
2016年 11,813人 4,179人 35.4%
2017年 11,707人 3,631人 31%
2018年 10,013人 3,356人 33.5%
2019年 9,284人 2,843人 30.6%

歯科の推移

年度 受験者 合格者 合格率
2015年 209人 72人 34.4%
2016年 205人 70人 34.1%
2017年 165人 61人 37%
2018年 148人 45人 30.4%
2019年 150人 48人 32%

合格者の年齢や性別(第1回~第51回の統計)

合格者の性別

医科 歯科
受験者数 389,583人 10,158人
男性受験者 35,324人 960人
男性比率 9.1% 9.5%
女性受験者 354,259人 9,198人
女性比率 90.9% 90.5%

合格者の年齢構成

年齢 人数 割合
16~20歳 158,198人 39.6%
21~25歳 79,666人 19.9%
26~30歳 62,133人 15.5%
31~35歳 38,905人 9.7%
36~40歳 26,434人 6.6%
41~45歳 17,825人 4.5%
46~50歳 10,131人 2.5%
51歳以上&年齢不明 6,449人 1.6%