裁判所事務官について

裁判所事務官について

目次

裁判所事務官の仕事内容・やりがいや将来性

裁判所事務官の仕事内容

裁判所事務官になると全国の裁判所において、「裁判部門」か「司法行政部門」のいずれかに配属されます。裁判部門への配属となった場合には裁判所書記官のもとで裁判が円滑に進むよう、裁判に関わる事務作業を広く担当します。具体的には、法廷や和解室の準備や入廷時の事件番号の読み上げ、証人の旅費や交通費の清算、マスコミへの対応や警備員の手配などです。

また、近年導入された裁判員制度に伴い、裁判員の選任や説明会の実施なども裁判所事務官が行っています。司法行政部門への配属となった場合には、一般企業でいうところの人事や経理、総務などに該当する仕事を担当し、裁判部門の職員をサポートする働きが求められます。具体的には物品の管理や労務管理、職員の給与の計算などを行います。

裁判所事務官のやりがい

裁判所事務官の仕事のやりがいは、なんといっても社会的意義の大きな仕事に関わることができる点といえるでしょう。裁判は当事者の人生を大きく変えてしまう可能性のある、非常に重大な出来事です。

そうした裁判に、日常的に関わることができること、また裁判を通して多くの方の問題を解決することができるところが、裁判所事務官として働く大きなやりがいになります。こうした責任感を伴う仕事だからこそ、日々の勉強が必要にはなりますが、それだけに仕事を全うできた時の達成感も格別といえます。

裁判所事務官の将来性とキャリア

裁判所事務官の仕事は裁判所を運営する上で欠かすことのできないものであり、近年では裁判員制度の実施によって業務の幅が広がっています。業務の効率化が進行していくとはいえ、裁判所事務官の仕事の重要性はこれからも続くとみられています。

また、個人のキャリアを考える上でも、裁判所事務官は非常に将来性のある職種です。というのも、裁判所事務官として経験を積むと、上位職である裁判所書記官へのキャリアアップを図ることができます。

裁判所書記官になるとより高度で専門性の高い業務に従事でき、給与も10%近くアップするので、こうした可能性を秘めている点でも裁判所事務官は魅力的です。また、裁判所事務官として10年間業務に携わることができると、司法書士の資格を無試験で取得することができます。

将来、司法書士としての独立を考えている方であれば、まずは裁判所事務官として10年間、経験や人脈作りを行ったうえで、司法書士として独立していくというキャリアも描くことができます。