裁判所事務官の合格率はどのくらい?

裁判所事務官の合格率はどのくらい?

目次

裁判所事務官の合格にはどのくらいの競争が待っているのか?

1.裁判所事務官の採用試験の基本情報

裁判所事務官の採用は、「総合職」と「一般職」という2つの職種に分かれて採用がされています。 また、総合職は「院卒程度区分」と「大卒程度区分」、一般職は「大卒程度区分」と「高卒程度区分」の2つずつに受験対象者の属性が分けられています。 さらに、総合職だけは、「裁判所事務官」と「家庭裁判所調査官補」という2種類に分けられています。

2.裁判所事務官の合格率はどのくらい?

ここからは、裁判所の試験実施概要を参考に、平成30年度の試験結果をもとに、各試験区分での合格率を紹介していきます。

裁判所事務官一般職試験(大卒程度区分)の合格率

平成30年、裁判所事務官一般職試験(大卒程度区分)の合格率は12.8%です。
平成30年度の裁判所事務官・大卒区分程度での一般職試験の一次試験受験者数の合計は8824名で、そのうち1次試験の合格者は3107名、最終合格者数は1131名となっています。 そのため、1次試験を通過するための倍率は2.85倍ほどで、最終的に合格するためには、7.8倍の倍率を突破する必要があります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 8,824人 1,131人 12.8%
平成29年 8,469人 961人 11.3%
平成28年 6,413人 765人 11.9%
平成27年 10,799人 942人 8.7%

裁判所事務官一般職試験(高卒程度区分)の合格率

平成30年、裁判所事務官 一般職試験(高卒程度区分)の合格率は3.9%です。
平成30年度の裁判所事務官・高卒区分程度での一般職試験の一次試験受験者数の合計は3092名で、そのうち1次試験の合格者は352名、最終合格者数は122名となっています。 1次試験の通過倍率は8.78倍であり、最終的に合格するまでの倍率は25.3倍にも上ります。 大卒区分と比べると採用人数がかなり少なく絞られているので、採用されるのはかなり狭き門を突破する必要があります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 3,092人 122人 3.9%
平成29年 3,174人 95人 3.0%
平成28年 2,985人 67人 2.2%
平成27年 2,861人 73人 2.6%

裁判所事務官総合職試験(院卒程度区分)の合格率

平成30年、裁判所事務官 総合職試験(院卒程度区分)の合格率は9.7%です。
平成30年度の裁判所事務官・院卒区分程度での総合職試験の一次試験受験者数の合計は124名で、そのうち1次試験の合格者は85名、二次試験合格者数は23名、最終合格者は12名となっています。 よって、1次試験を通過するための倍率は1.46倍ほどで、二次試験では3.48倍、最終的に合格するための倍率は10.3倍となっています。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 124人 12人 9.7%
平成29年 171人 13人 7.6%
平成28年 420人 9人 2.1%
平成27年 571人 8人 1.4%

裁判所事務官総合職試験(大卒程度区分)の合格率

平成30年、裁判所事務官 総合職試験(大卒程度区分)の合格率は3.6%です。
平成30年度の裁判所事務官・大卒区分程度での総合職試験の一次試験受験者数の合計は421名で、そのうち1次試験の合格者は133名、二次試験の通過者は32名、三次試験の通過者は28名、最終合格者数は15名となっています。 一次試験の通過倍率は3.17倍、二次試験の通過倍率は3.44倍、最終的な倍率は28.1倍となります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 421人 15人 3.6%
平成29年 411人 15人 3.6%
平成28年 375人 10人 2.7%
平成27年 615人 12人 1.9%

家庭裁判所調査官補試験の合格率

平成30年、家庭裁判所調査官補試験の合格率は11.3%です。
平成30年度の家庭裁判所調査官補試験の一次試験受験者数の合計は398名で、そのうち1次試験の合格者は203名、最終合格者数は45名となっています。一次試験の通過倍率は1.96倍、最終的な倍率は8.8倍となります。

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成30年 398人 45人 11.3%
平成29年 413人 42人 10.1%
平成28年 398人 45人 11.3%
平成27年 490人 41人 8.4%