【講師】五十嵐康光|裁判所事務官の資格試験取得なら通信講座のフォーサイト

徹底指導で目指せ合格! たくさんの合格者を輩出する講師紹介

五十嵐康光 講師からの熱いメッセージ

分かりやすい講義を目指します!

法律初心者にとって、最初はハードルが高く感じるかもしれません。かつての私もそうでした。特に30歳近くになって初めて法律に触れた私にとって、勉強を開始した時は苦痛の連続でした。でも、そんな苦い経験があるからこそ伝えられるものがあると思っています。
難しい法律を分かりやすく説明することを追求します!

合格のための戦略と執行力を実践していきましょう!

どんな試験でも合格するために大切なのは、基本の徹底と過去問演習だと思います。ついつい難しいことばかりに目が行ってしまっては、合格も遠のいてしまいます。シンプルに考えること、そして繰り返し繰り返し学習することが大切です。一緒に合格への最短コースを歩みましょう!

最大限のサポートを惜しみません。

最大のライバルは自分自身です。そして、合格までの道のりは時に険しく、苦しいこともあるでしょう。そんな時であっても、皆さんが自分自身に打ち克てるよう最大限のサポートさせていただければと思っています。

中村篤史 講師からの熱いメッセージ

刑法は面白い!

刑法は、数ある法律の中でも特に奥が深く、すべてを網羅しようとすると、かなりの時間と労力を必要とします。
その反面、頭の体操をするような感覚で学習することができ、大変面白味のある分野でもあります。また、試験においては、重要論点をしっかり理解すれば、比較的容易に得点に結びつく科目であるといえます。
私の講義では、刑法の面白さがわかっていただけるよう、なるべく簡単な言葉で具体例を交えてお話ししていきます。また、覚える量が少ない方がしっかり知識が定着しますので、出題が予想される箇所を厳選して講義を進めたいと思います。

反復継続

残念ながら、講義を聴くだけでは、知識は定着しません。また、覚えたことをすぐに忘れてしまうのが人間です。
そのため、一度学習した箇所を何度もくり返し学習することが必要です。その際には、漫然とテキストを読み返すのではなく、過去問題などを解いて、解いた箇所をテキストで再確認するようにしましょう。
法律の学習全般に言えることですが、ある日突然閃いてすべてが理解できるなどということはありません。日々の積み重ねが実を結ぶのです。

達成感を味わって欲しい!

私は、いくつかの資格試験を受験してきましたが、合格したときの達成感は、いつも格別なものがありました。この感覚をみなさんにも味わっていただけるよう、できる限りサポートしていきたいと思います。一緒に頑張りましょう!

講師紹介

プロフィール 裁判所事務官 通信講座担当 五十嵐康光 専任講師

1978年 生まれ
埼玉県出身
血液型 O型
経歴 慶應義塾大学商学部商学科卒業

行政書士、ビジネス実務法務検定2級等の資格を保有
座右の銘 実るほど頭を垂れる稲穂かな
趣味 スポーツ観戦、ウインドーショッピング
尊敬する人 大谷翔平
プロフィール 裁判所事務官 通信講座担当 中村篤史 講師

1973年2月2日 生まれ
京都府出身
血液型 O型
経歴 慶應義塾大学法学部(通信教育課程)卒業
司法書士、行政書士、宅地建物取引士の資格を保有
座右の銘 ありません。座右の銘になりそうな言葉は、その時々で変わるものであり、決めてしまう必要はないと思っています。
趣味 昔は演劇や音楽をしていましたが、今は仕事が趣味のようになっています。
尊敬する人 自分が見習うべき部分を持っている人について、その部分を尊敬します。たとえば、「Aさんは大雑把でいい加減だけど、人と仲良くなるのは上手いよね」といった具合です。

講師ブログ

定期的に更新される講師ブログは試験に関する情報や勉強のお役立ち情報などが満載。時には講師のステキな素顔を見ることができます。

講師ブログ
「裁判所事務官のスペシャリストによる“こっそり裏講義”」