2回目の受験でテキストばかりで学習して社労士になれました

2回目の受験でテキストばかりで学習して社労士になれました

性別女性
年代30代
職業正社員(サラリーマン)

受験は2度目でした。昨年は別の通信教育を受講していましたが、音声メディアはついておらず、テキストのみの学習でした。
1年目の試験勉強では、全く法律に触れたことのない私にとって、テキストを読むだけの勉強は苦痛であり、なかなか理解は進まず、当然点数も伸びませんでした。
テキストのみの学習に限界を感じたので、2年目は音声メディアのついた通信教育を試してみようと思いました。いろいろとサンプルを取り寄せたり、実際に使われている人に感想を聞いたりした結果、フォーサイトを利用して学習していくことに決めました。
決め手は、友人の勧めもありましたが、「試験に合格するための学習」というフォーサイトの考え方に共感したからです。まずは試験に受からないと何も始まりません。
送られてきた無料サンプルを見たときの印象も良いものでした。テキストがカラーで余白が多くわかりやすかったこと、また加藤先生の説明を聞いて私に合うと感じました。
教材は注文した次の日には届きました。やる気がある時にすぐに届けてくれるのは、本当にありがたいことです。この時も、事務局の方の受講生に対する誠実さを感じました。
教材が届くと以下のように学習を進めました。1.テキストを眺めながら、DVDを一通り見る。理解できなくても止まらず先へ進む。2.講師のアドバイスや講義を、テキストにメモを取りながら、また一通り見る。3.テキストを細かく区切りながら、理解することを意識してテキストを読む。
その際に分からないところは、またDVDを見て確認する。4.『過去問』とテキストを突き合わせする。
『過去問』が出題された部分は、テキストに印をつける。5.『過去問』を解く。
解けないところはテキストに戻って確認する。それでも理解できない場合はまたDVDを見る。
以上を各科目で、理解できるまで繰り返しました。
とにかく繰り返すことです。同じことを繰り返すのはとても退屈なものですが、退屈になるくらい繰り返してこそ、本当に自分の知識として身に付きます。

5月には他社の模試を受けました。結果、基準点割れはなく、合格点以上の点数が取れました。この時に「やってきたことは間違いではなかった!」と思え、ますます学習に身が入りました。
フォーサイトの『過去問』講座も利用しました。『過去問』講座では、全ての肢について丁寧に解説がなされ、とても勉強になりました。自分が間違った考え方で問題を解いていたことにも気が付きました。なぜこの肢が〇なのか、×なのかをきちんと理解した上で『過去問』を繰り返すことで、随分力になったと思います。
加藤先生が言っているように、1冊のノートを用意して、×の肢では×の理由を書き出すようにし、論点を意識しながら解きました。結果、それが選択式の学習にもつながっていたと今になって思います。
フォーサイトの予想問題集も大変役に立ちました。他の教材には手は出さないと決めていましたので、たくさんの予想問題集が送られてきたことはとてもうれしく思いました。
予想問題集は、理解度の確認に役立つ基本的なものから、ちょっとひねって難しめに作られているものまであり、この問題集を何度も解くことによって、どの角度から論点を問われても正解できる力が身に付いたのではないかと思います。
フォーサイトの教材を使いこなすことができれば、本試験でも十分力を発揮できることができます。私も合格できたのですから。
「これからフォーサイトの教材で1年間頑張ろう!」と思われている方には、ぜひフォーサイトを信じて本試験まで突き進んでいってほしいと思います。
まだまだ本試験までには時間があります。辛いこともあると思いますが、試験後には自分にできることは全てやった、というすがすがしい気持ちになれるよう、自分の力を100%発揮されることを願っています。
0おめでとう

※プライバシー保護の観点より、筆者のお名前は仮名となります。



◀合格体験記へ戻る