受験生サポートブログ

問題を解いた方が復習が面白くなる

復習では問題演習をすべき理由

「復習」の大事さをわかってはいても、復習をおざなりにしてしまう人は多いものです。
 理由の一つは「焦り」です。
 学習を開始したばかりでやる気のあるときは、これから勉強しなければならない範囲が膨大にあるので、どんどん先に進みたいと感じるものです。
 復習に時間をかけていると、なかなか学習が先に進まないので、焦る気持ちが出てきます。そのため、どうしても「復習」にかける時間が短くなってしまうのです。

 もう一つの理由は「つまらない」からです。
 まだ知らないことを学ぶことと、すでに学習したことのおさらいとを比べると、どうしても前者の方が面白そうに感じてしまいます。
 ですから、好奇心が強くて前向きな人ほど、「復習」をおろそかにしがちです。

 たしかに、同じテキストを再三読み返すのは、眠くなる行為です。
 しかし、「復習」とは、何も同じことを繰り返すだけではありません。学習内容が同じでも、やっていることが違えば、学習自体はいくらでも面白くすることができます。

 私のおすすめは「問題演習」です。

 「問題演習」とは、テキストを読んで新しい学習をした後に、その範囲の問題を解くことであり、格好の復習になります。
 最初のうちは、なかなか正答できませんが、「試験」ではなく「復習」なので、間違えても気にしないことが大切です。

 記憶とは、単なる繰り返しよりも、問題演習を通じての「失敗」と「やり直し」によって、より強化されます。間違えれば間違えるほど、記憶はより正しく強くなっていきます。
 問題演習による反復学習は、記憶のメカニズムに合致した、最も効率のよい「復習」になります。
 また、その問題が、試験の過去問であれば、試験対策にもなります。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

モチベーションは勉強すると生まれる
やる気がなくても、とにかく勉強をはじめてみよう

 資格を取得しなければならない理由もあるし、本気で取得したいと思っている。  周 …

本、映像、音声、多くの感覚を使って記憶しよう
さまざまな感覚を使って勉強し、記憶力を高めよう

 一説によれば、人間は情報の取得の8割を視覚によって行っているそうです。それくら …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

勉強するモチベーションを保つために必要なコツ
資格の勉強に大切な2つのモチベーションのつくりかた

さあ、勉強するぞ! と思って机に向かったはいいものの、目の前に読みかけの本があっ …

ゲーミフィケーションを取り入れて勉強を楽しく続けよう
学習記録をつけて、自分の成長を実感しよう

 一日ごと、一週間ごとに細かく目標(ゴール)をつくって達成していくゲーミフィケー …

勉強に関係のあるものだけを身の回りに置けば勉強しかできなくなります
勉強の邪魔になるものを排除して集中してみよう

 勉強をしなければならないことはわかっているのに、何となくさぼってしまう人は多い …