受験生サポートブログ

  ビタミンBOOK

心を上手に透視する方法

心を上手に透視する方法

日常生活、面接試験にもお役立ち!
「マインド・リーディング(読心術)」のハウツー本

「この人、何考えているんだろう?」
「ホントはどう思ってるの?」

目の前にいる相手に対し、ふと、そう思ってしまうことってありますよね?実は人見知りだったり、人づきあいが苦手という人は多いはず。実際、受験生の大半が、面接対策に悩んでいるという話もよく耳にします。

そこで、今回ご紹介するのは、『心を上手に透視する方法』。思わず、ドキッとしてしまうタイトル。2009年にドイツで出版以来たちまちベストセラーとなり、10カ国以上に翻訳されています。

この本の著者であるトルステン・ハーフェナーは、「マインド・リーダー」。「マインド・リーディング」とは、他人の考えを読む読心術のこと。ハーフェナー氏は、マジシャンとしてのキャリアを持つ傍ら、ドイツのザールブリュッケン大学及びカリフォルニア州モントレーの大学で翻訳と通訳を修学。その後、「マインド・リーディング」の能力を磨き、エンターテイナーとして活動。ドイツのテレビ番組の出演をきっかけに、一躍スターダムに躍り出ました。

現在も、「マインド・リーダー」としてテレビやラジオなどのメディア、ステージショー、講演会、セミナー等に出演している人気者が自身のテクニックとメソッドを初披露!日常生活はもちろん、面接試験にも応用できる必見の内容です。

やっぱり「見た目」は重要。
それ以上に「見る目」が大事!

「何だかアヤシゲな自己啓発本…」。そう感じる人も多いと思います。 以前、「人は見た目が9割」というベストセラーがありました。いったん型にはまってしまった“ものの見方”を変えるのは、とても難しいもの。他者に対する第一印象は、主に視覚から与えられる情報、外見によって決まります。というのも、外見がその人を知るための大きな手掛かりだからです。

本書には、「世界は、あなたが考える通りにある」というキーワードが出てきます。私たちは、意識を集中することによって、身の周りの現実を知覚します。毎日膨大な情報量の中から、自分にとって必要な情報を選び取るのです。人には、ポジティブな人とネガティブな人がいます。よく言われることですが、グラスに半分残った水を見て「まだ半分もある」と思うか、「もう半分しかない」と思うかどうかは、人それぞれ。自分の周囲で起る良いことに意識を向ければ、あなたの世界はハッピーに。逆に、悪いことにのみ集中すれば、この世は辛いことばかり。

「世界は、あなたが考える通りにある」とは、あなた自身の考えと感じ方次第で、いかようにも世界を変えられる、ということなのです。

“観察力”という武器を手に、「彼(敵)を知り、己を知れば、百選危うからず」

この本の中にあるのは、身体言語を読み解くことで、人の思考や感情を解釈するためのテクニック&メソッド。他者をよりよく知るための「観察力」は、対人コミュニケーションを円滑にする“道具”のようなもの。

著者は前書きに、「マインド・リーディングの『道具箱』を紹介するために、本書が生まれた。」と記しています。節度と思いやりをもち、真摯に接することが、目の前の相手を理解するための第一ステップ。

「彼(敵)を知り、己を知れば、百戦危うからず」。
古代中国の兵法書『孫子』にある言葉です。

受験生の皆さん、何事もおそれず、目の前の相手を信じてあらゆる可能性にチャレンジしてみてください!

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

拉致と決断
拉致と決断

不思議の国、北朝鮮。秘密の森に隠されていた「拉致」 「スクープ!」「潜入ルポ!」 …

下町ロケット
下町ロケット

第145回(2011年上半期)直木賞受賞作!! モノづくり最前線の現場で働く男た …

舟を編む
舟を編む

言葉という大海原に漕ぎ出して辞書という名の『舟を編む』 誰もが一度は手にしたこと …

bb792d5ce2edab2230e2991367b06566_s
左脳だけじゃなく右脳もつかって脳を活性化! 「大人のぬりえ」シリーズ

小さいころ、クレヨンやクーピーで夢中になって色付けをしていたテレビのヒーローや憧 …

ニッポンの嵐
ニッポンの嵐

「観光立国ナビゲーター」 嵐メンバーが提唱する日本再発見の旅 観光立国を推進する …

天地明察
天地明察

本屋さんに選ばれた2010年ベスト1の時代小説! 「時代小説って、文章長いし、と …