受験生サポートブログ

  合格アイテム

ミリケシ

固定概念を覆す消しゴム界のニューヒーロー!

カドケシ

消しゴムといえば、長方形。
1行をピンポイントで消すことが出来ず、イライラしたりしませんでした?

そんなあなたも、もう大丈夫。
消しゴムの固定概念をくつがえすコクヨの新商品が発売。

カドケシ

「ココだけ消したい」というニーズに答えた消しゴム。

その名も「ミリケシ」。

「こんなものが欲しかった!」ニーズから生まれた消しゴム

カドケシ

文房具メーカー、コクヨが「消しゴムユーザーに対して行った調査(2009年WEB調査)」から「ノートの上の行や下の行を消すことなく、狙った1行だけを消したい」「消す幅に合わせて消しゴムを使い分けたい」というニーズが多いことが判明。

そのリクエストに答えた新商品がこの「ミリケシ」。

5種類の幅(6mm、5mm、4mm、3mm、カド)の突起が放射状に並び、ノートの罫線の幅に合わせて使い分けることが可能。これで、一行だけの狙い消しもOK。

カドケシ

デザインを考案したのは、テレビでも活躍中のヴィジュアルデザイナー馬場雄二氏。

断面の数字は切っても切っても金太郎アメのように出てきます。

機能性とデザイン性を両立させた新しいタイプの消しゴムです。

常識破りの商品づくり 「買いたい」が「欲しい」につながる

カドケシ

実は、ミリケシの前に発売され、大ヒットをとばした消しゴムがありました。

その名も「カドケシ」。

顧客起点でのモノづくりを活性化するため、公募により行われた「コクヨデザインアワード」の受賞作。

28個の角を付けた消しゴムは、2003年度のグッドデザイン賞も受賞しました。利便性とユニークな形が評判を呼び、売り上げは2010年8月までに1250万個を突破。

カドケシ

色違いでブルーとピンクバージョンも登場。

カドケシ

何ごとも、時には逆転の発想も必要。 受験生の皆さんも、頭を柔らかくしながら、 勉強に励んでくださいね!

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

Deng On
Deng On

デスクトップが動物園!?癒しと言葉を届けるメッセンジャー シカ キリン ゾウ タ …

PENCUT
PENCUT

「ペンは剣よりも強し」!?目からウロコの最強ツール 一見、何の変哲もない、ごくフ …

ケズリキャップ
ケズリキャップ

鉛筆派必見!エコ可愛い☆アイデア商品 あなたは鉛筆派?それともシャーペン派? 「 …

フェイスノート(フェイス帳)
フェイスノート(フェイス帳)

キモカワイイ!韓国生まれの顔面ノート メガネにヒゲが特徴的な男性。 パッチリお目 …

DECOLE「Concombre」 アテンションメッセージホルダー
DECOLE「Concombre」 アテンションメッセージホルダー

「Hold up!」お手上げなゆるキャラ見参! 黒目がちのパンダに、白ヒゲのクロ …

ピーナッツ 消しゴム BRUNNEN
ピーナッツ 消しゴム BRUNNEN

超リアル!話のタネになるピーナッツ 上から見ても、下から見ても、ピーナッツ。殻を …