受験生サポートブログ

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

日本映画界に金字塔を打ちたてた刑事ドラマ最終作

「事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」
そんな台詞が流行語となった大人気ドラマシリーズ『踊る大捜査線』。

1997年にテレビドラマとして放映スタート。連続ドラマ終了後には3本のスペシャルドラマが制作され、視聴率20%超えの暁に映画化。
1998年の『踊る大捜査線 THE MOVIE』に引き続き、2003年に公開された第二弾『踊る大捜査線 THE MOVIE レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、観客動員数1260万人、興行収入173.5億円を突破。日本実写映画の動員及び興行収入を塗り替え、日本映画界に、“テレビドラマの劇場版”という新たなスタイルを確立しました。

今回は、『踊る大捜査線』シリーズの劇場版第4弾にして最終作『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を取り上げます。

本庁(本店) VS 所轄署(支店) サラリーマンに通じる構図

織田裕二演じる主人公・青島俊作は、前職はサラリーマンという異色の刑事。今回は2つの殺人事件と誘拐事件を軸に展開し、青島刑事は、辞職にまで追い込まれます。

『踊る大捜査線』が徹頭徹尾描いてきたのは、警察組織の内部の改革。信念のもとに行動する青島刑事は、事件が起こるたびに本庁と対立します。このドラマで描かれるキャリアと所轄、上層部と現場の温度差は、一般の会社組織にも通じるものがあります。観客それぞれが自分の身に照らし合わせて考えられるドラマだからこそ、一億総サラリーマン社会の日本において、拍手喝采で迎えられているのでしょう。

カタルシス不在というカタルシス 未来は希望の中に

最終作と銘打たれていますが、“終わり”を全く感じさせない作品に仕上がっています。

『踊る大捜査線』シリーズを書きとおした脚本家・君塚良一氏は、パンフレットに所収されているインタビューの中で「何かを終わらせようという意識はない」と言い切った上で、「こんな事件があっても湾岸署の日々は続いていく。僕らはこの人たちの3日間を切り取っただけなんです」と話しています。

終わりのない日常に、15年の区切りで打たれた終止符。組織の中で働く人間が、信念を持ってよいものなのか。そして、正義とは何なのか……。その答えは、観る者の想像力に託されているのかもしれません。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

大人がやる気を貰えるアニメ「SHIROBAKO」
大人がやる気を貰えるアニメ「SHIROBAKO」

受験勉強をしていると、どうしてもやる気がなくなる時期が来てしまいます。 合格した …

マダム・イン・ニューヨーク
マダム・イン・ニューヨーク

「人生は自分のために生きるんだ」、そんな当たり前に改めて気づかせてくれる、一人の …

AVATAR
AVATAR

“選ばれし者”には苦難がつきもの『AVATAR』にみる試練とは? 『ターミネータ …

借りぐらしのアリエッティ
借りぐらしのアリエッティ

床下でささやかに暮らす『借りぐらし』の小さい人たちの物語 数々の名作を送り出して …

ギルバート・グレイプ
ギルバート・グレイプ

ジョニー・デップの「すっぴん顔」が見られる映画 『ギルバート・グレイプ』(原題: …

トイ・ストーリー3
トイ・ストーリー3

小さいあなたの傍にいたおもちゃは何ですか? タイトル通り、そのものズバリ『おもち …