受験生サポートブログ

MONEYBALL

MONEYBALL

「アンフェアなゲームに勝ち残る!」メジャーリーグの常識に戦いを挑んだ者たちの物語

どこの世界にも必ず、強者と弱者が存在します。最も顕著なのが、スポーツ。 「“ナンバーワン”より“オンリーワン”」というわけにはいかず1番と2番との間には大きな差があります。「勝たなければ意味がない」、弱肉強食の世界・メジャーリーグ。大金を積み、一流選手をトレードした強豪チームこそが勝利をおさめる。

そんな旧来の常識を覆し、独自の理論で多くの勝利を勝ち取った貧乏球団がありました。その名も「オークランド・アスレチックス」。今回ご紹介する映画「MONEYBALL」は、2002年当時、独自の野球戦略を展開して伝説を残したチームと指揮官・ビリー・ビーンにスポットライトを当てたノンフィクション・ストーリーです。

「真の問題は何なのか?」常に問いかけ、“感情”ではなく“理論”で武装

チームの金欠に悩むGMビリー・ビーンの姿から物語は始まります。 与えられている予算は、強豪チームのわずか3分の1。そこで、「優秀な選手の穴を埋める」のではなく、ひたすら「勝つ」ことに焦点を据え、「低予算でいかに強いチームを作り上げるか」を考えます。そして、ブレーンと一緒に徹底的なデータ分析を行い、過小評価されている、年俸の安い選手たちをかき集めたチームを結成。出塁力を重視し、得点力のある打線を作り上げます。

しかし、主観や感情に頼りがちな既存のシステムの中で、さまざまな反発を招き、チームの内外から批判や反発を受けます。思うように進まない状況に焦り、苛立ち、葛藤しながらも、ビリーは自分の信念を押し通します。

たかが1点、されど1点。夢を見続ける者に勝利の女神は味方する

実は、「MONEYBALL」というこの映画自体、多くの障害を乗り越えて制作された作品。

原作は、マイケル・ルイスによる『マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男』。
原案含めて3人の脚本家が手掛け、監督は2人降板して3人目のベネット・ミラーに。主演俳優のブラッド・ピットはプロデューサーとしても名を連ね、4年も関与。多くの人の手にかかり、ようやく日の目を見た作品です。

「人は野球に夢をみる」
作品中に、そんな言葉が出てきます。
スポーツでも、勉強でも、たった1点によって、合否が分かれることもあります。夢に向かい、自分なりの戦略を立て、1点でも多く獲得し、勝利を勝ち取りましょう。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

テルマエ・ロマエ
テルマエ・ロマエ

「すべての“風呂”は“ローマ”に通ず」 時をかける古代ローマ人の物語 興行収入5 …

トイ・ストーリー3
トイ・ストーリー3

小さいあなたの傍にいたおもちゃは何ですか? タイトル通り、そのものズバリ『おもち …

風立ちぬ
風立ちぬ

「分かる人には、分かるはず」マニア垂涎の大人向け宮崎アニメ 「『風立ちぬ』、観た …

レインマン
レインマン

莫大な遺産が全く相続できないことに怒った弟は…… 『レインマン』(原題:Rain …

コクリコ坂から
コクリコ坂から

「清く、正しく、美しい」王道少女マンガをジブリの宮崎父子が映画化 公開から約1カ …

新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」
新しいカタチの音楽と仲間「心が叫びたがってるんだ。」

誰もが知っているヒット曲を見なくなってどれくらい経つのでしょう。インターネットの …