受験生サポートブログ

  賢脳レシピ

クリームシチュー

クリームシチュー

美味しい効果

古代より漢方薬、薬膳料理に使用されてきた天然食材・栗。
東洋医学では、栗は「体を温める」効果を持つ陽性の食材で、腸を強くし、精力を補い、脚や腰を強靱にし、血液の循環を促進すると言われています。

主成分はデンプンですが、胃腸を整え肥満を防ぐ効果を持つ食物繊維をはじめ、貧血や動脈硬化の予防を促す働きのある葉酸も豊富。ビタミンCやビタミンD、カリウム、鉄分等のミネラルも含まれているため、疲労回復や風邪予防にも効果的です。

そんな栄養たっぷりの甘栗とゴロゴロ野菜のクリームシチューとのコラボで、カルシウムやビタミン、脂質・糖質を補います。5分で出来る、栄養バランス抜群のワンディッシュメニューをご紹介します。

ひとくちメモ

ひとくちメモ

栗と野菜がゴロゴロ入ったクリームシチューそのものだけでも十分ですが、今回、さらに付け合わせとしてバターライスを用意。レトルトや余りもの、冷凍ご飯ももちろんOK!
レンジでチンしたライスにバターをたっぷりかけて、混ぜ合わせれば、即席バターライスの出来上がり。ボリュームたっぷりの一品になります。

ここで差がつく!ワンポイント

ワンポイント

以前より、たびたびご紹介しているドライパセリ。
体内でビタミンAに変化するβカロチンが多く、アンチエイジング効果もあります。美容や免疫力に効果があるビタミンC、糖質の分解を助けるビタミンB1も豊富。鮮やかな緑で見栄え良くするだけでなく、ハーブ独特の香りで料理をより一層際立たせます。

レシピ紹介

材料

材料(2人分)

・クリームシチュー(レトルト)
・甘栗 5~6個程度
・ご飯(レトルト)
・コショウ 適量
・バター 適量
・パセリ 適量

作り方

① クリームシチューを鍋に入れる。

① クリームシチューを鍋に入れる。

クリームシチューを小鍋に流し入れます。

② シチューに甘栗を投入。

② シチューに甘栗を投入。

シチューに甘栗を入れた鍋をコンロに移し、弱火にかけて数分温めます。

③ ご飯を温める。

③ ご飯を温める。

電子レンジでご飯を温めます。

④ ご飯にバターを和え、パセリをかける。

④ ご飯にバターを和え、パセリをかける。

温めたご飯に、バターをよく混ぜ合わせます。その上から、パセリをお好みでふりかけます。

⑤ お皿に、バターライスをよそう。

⑤ お皿に、バターライスをよそう。

バランスを見ながらお皿の上に、バターライスをよそいます。

⑥ 温めたシチューをかけて、出来上がり。

⑥ 温めたシチューをかけて、出来上がり。

温めたクリームシチューを盛り付ければ、出来上がり!パセリとコショウはお好みで、追加しましょう☆

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

巻きサラダ
巻きサラダ

美味しい効果 『柿が赤くなると医者が青くなる』ということわざがあるほど、多くの栄 …

カニサラダ
カニサラダ

美味しい効果 冬の味覚の王様といえば、カニ。今回はほんのちょっと贅沢に、カニを使 …

thumbnail_recipe21
Fヨーグルト

コンビニで手に入る食材でカンタン☆クッキング。 今回ご紹介するのは、「ストレスフ …

春雨サラダ
春雨サラダ

美味しい効果 やる気がでないとき、集中力を上げたいときにおススメなのが、お酢。 …

ぜんざい
ぜんざい

美味しい効果 冷たいバニラアイスを柔らかなお餅で包んだ人気商品「雪見だいふく」を …

豆乳コーンクリームスープ
豆乳コーンクリームスープ

美味しい効果 コーンは、ビタミン・ミネラルをバランスよく含んだ高エネルギー食品。 …