受験生サポートブログ

資格の勉強法は、通学・通信・独学の3つ

通学、通信、独学の3つの勉強法のうち、自分に向いているものはどれ?

 資格試験の勉強法には、大きく分けて3つの方法があります。
 一つは予備校などの通学講座に通うこと。
 もう一つは通信講座を利用すること。
 最後の一つは市販の参考書を使っての独学です。

 通学講座のメリットは、試験合格までのガイドラインを敷いてくれることです。
 予備校の用意したテキストを、予備校の用意したスケジュールに沿って真面目に勉強していけば、一定以上の実力のある人は、そのまま合格できることと思います。ただし、それなりに費用がかかります。

 独学のメリットは、何といっても費用が安いことです。
 しかし、参考書選びに始まり、どのように学習計画を立てて、どのように勉強するか、あるいは、どのような勉強法が効果的であるかの情報収集は、すべて自己責任になります。
 言い換えれば、通学講座の費用には、合格までのノウハウやアドバイスなどの環境づくりが含まれています。

 通学講座と独学との中間にあたるのが、通信講座になります。
 通信講座は通学講座の面倒見の良さを持ちつつ、独学の費用の安さも兼ね備えています。試験対策のノウハウや学習計画の立て方は教えてくれますし、良いテキストを選定して提供してくれるので、最もコストパフォーマンスの良い勉強方法だと言えるでしょう。
 金銭的な余裕はないけれども独学では自信がないという人にとって、格好の選択肢になります。

 どの方法を選ぶのが良いかは、人それぞれです。
 自分の能力や意志の強さに自信があって、一人でも合格できると思う方は独学で良いでしょう。そうでない人は、通学講座か通信講座を受講して、試験対策のノウハウや勉強法を学んだ方が無難です。

 通学講座と通信講座のどちらが良いかも、人によります。
 自分は意志が弱くて、一人では絶対に勉強ができないと感じる人は、通学時間が決まっていて、志を同じくする仲間の集う、通学講座に通うとよいでしょう。
 一方、仕事が忙しかったり時間が不規則だったりで通学するのが難しいという人、一人でも勉強できるし、他人との接触はむしろストレスになるというストイックな方は、通信講座の方が向いているでしょう。

 通学講座にしろ、通信講座にしろ、モノを教わるのですからそこには先生(講師)が存在します。
 そして、先生(師匠)を選ぶ場合に最も重要なのは相性です。
 どんなに有名なカリスマ講師であっても、個人的にあなたと相性が合わないことはあります。逆に、無名だけれどもあなたにとっては良い先生ということもあります。
 人間は、嫌いな人の話は素直に受け取りませんが、逆に、好きな人が先生をしていれば、学習意欲が高まり、思ってもみない速度で成績が向上することがあります。

 どの方法を選ぶにしても、自分自身が、快適かどうかがいちばんの基準になるでしょう。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

資格の合格に必要な学習量から勉強時間を計算して実行する
試験合格に必要な学習量と勉強時間を計算する

 学習計画をたてるためには、まずゴールを知ることが必要です。ゴールとは、試験合格 …

知識記憶を方法記憶に変えて暗記したことを忘れない方法
知識記憶を方法記憶に変えれば、暗記したことは忘れない

 映画やドラマなどに出てくる記憶喪失の人が、どんなに自分の名前や過去の記憶を忘れ …

勉強する習慣を身につけることの大切さ
勉強を日常生活の一部、生活習慣にしてしまおう

「やる気」を起こす方法について考えるばかりでなく、「やる気」がなくても勉強ができ …

忙しい毎日の中での勉強する時間の作り方
すきま時間まで無駄なく活用して勉強しよう

「勉強する時間がない」が口癖になっている方は、本当に「時間がない」かどうか、調査 …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

コツコツ努力するのが資格を取るのに最高の勉強法
資格取得に必要なのは勉強する努力だけ

 ときどき「自分は学校の成績が悪かったから資格試験なんて無理」と最初からあきらめ …