受験生サポートブログ

復習しなければ、脳に記憶は定着しない

脳に記憶を定着させるためには、繰り返しの復習が必要

 人間の脳は素晴らしい力を持っています。
 たとえば、いま、あなたが以下の住所を告げられて覚えようとしたとします。

 〒113-0033 東京都文京区本郷6-17-9 本郷綱ビル1階

 この程度の情報であれば、三回くらい暗唱することで、誰でも覚えることができます。すでにあなたは、このページから目を離しても、そのままハガキの宛名を書けるくらいに覚えてしまっているでしょう。
 実は、上記の住所は、株式会社フォーサイトの本社所在地です。
 そして、フォーサイトはもともと名古屋市で誕生した企業なので、二つの配送センターは愛知県名古屋市に存在しています。第一配送センターの住所は、以下のとおりです。
試しに、こちらも覚えてみてください。

 〒456-0035愛知県名古屋市熱田区白鳥3丁目8-17

 さて、あなたは名古屋の住所を覚えた後でも、まだ東京本社の住所を覚えていられたでしょうか。さきほどまでは完璧に覚えていたのに、今はすっかり頭から抜け落ちてしまった人が多いのではないでしょうか。
 人間の脳とは不思議なものです。一生懸命記憶しようとしている間は、かなり複雑なことでも覚えていられるのですが、時間が経ったり、別の情報を頭に入れたりするだけで、さっきまで覚えていたことを、あっというまに忘れてしまうのです。

 一方で、自分の家の住所や、電話番号、自分の誕生日などといった情報は、いつまでたっても忘れません。
 その理由は、記憶には、長期間覚えていられる「長期記憶」と、短時間だけ覚えていられる「短期記憶」の二種類があるからです。

 私たちが新しい情報に接したとき、それらはまず「短期記憶」として脳の中に保存されます。
 仕事で出会った初対面の人でも、その人と挨拶を交わして、しばらく会話している間は名前を覚えていることができます。しかし、その日の夜に、名刺を見ないで名前を思い出そうとしても、なかなか出てきません。これは、その人の名前が「短期記憶」として保存されていたからです。

「短期記憶」は、コンピュータで言うところのメインメモリです。
 その場限りでは驚異的な記憶力を発揮しますが、容量がそれほど大きくないために、他の情報が入ってくると、以前の情報は上書きされて、消えてしまいます。
 せっかく取得した情報を、長期間記憶しておくためには「短期記憶」から「長期記憶」へと、情報を移動させる必要があります。

「短期記憶」がメインメモリだとするならば、「長期記憶」はHDD(ハードディスクドライブ)、もしくはSSD(ソリッドステートドライブ)です。
「短期記憶」を「長期記憶」に移行させるとは、メインメモリにある情報を、あらためて「名前を付けて保存」して、しっかりと記憶に定着させることをさします。

 では、どのようにすれば「短期記憶」を「長期記憶」に変えることができるのでしょうか。
 一つの方法は、復習の繰り返しです。
 初対面の人の名前は、その日の夜にはもう忘れてしまっているかもしれませんが、名刺を見れば思い出すことができます。
 この「名刺を見る」行為が復習にあたります。そして「復習」を繰り返すうちに、いつのまにかその人の名前を忘れることがなくなっていきます。
 実は、自分の家の住所や電話番号なども、同じ仕組みで「長期記憶」となっています。
 新居に引っ越したばかりの頃は、住所も電話番号もあやふやですが、引越しの手続きやその後の生活などで何度も繰り返し「参照」されるうちに、忘れられることのない「長期記憶」として定着していきます。

 ちなみに、あなたは、子どもの頃に住んでいた家の住所や電話番号を思い出すことはできるでしょうか?
 当時はしっかりしていた「長期記憶」とであっても、「復習」を一度もしないまま10年以上も経ってしまうと、なかなか思いだすことができなくなります。
 折に触れての「復習」がいかに大切なものかがわかると思います。

 facebookやTwitterでも最新情報をお届けしています

 関連記事

合格するための、やる気、勉強時間、勉強法を身につける
資格試験に合格するには「ヤル気」「勉強時間」「勉強法」

 勉強のできる人のなかには「そんなに資格を取りたいわけでもないけれども、一応なに …

インプットとアウトプットを繰り返す勉強法が暗記を促す
インプットとアウトプットの繰り返しが記憶を定着させる

 試験勉強とは、簡単に言えば、「理解」と「記憶」です。  こう書けば簡単そうに見 …

勉強時間を詰め込みすぎるをかえって勉強の効率が落ちる
学習計画は月単位で大まかに、修正しながら勉強する

 ゴール(試験日)が設定できたら、まずはそこまでに何カ月残っているかを計算してく …

具体的な学習計画をつくれば勉強時間のつくり方も分かる
具体的な学習計画が合格までの道のりの8割

 勉強しようと思っても、なかなか勉強ができない人の多くは、「やる気」を出して「完 …

試験直前の最も良い復習方法は過去問を解くこと
過去問の復習が資格試験の一番の勉強法

 試験に合格するためには、本試験の一定時間内に正答を導き出す力が必要になります。 …

暗記を効率することが資格試験の一番の勉強法
資格試験合格の鍵は勉強時間と暗記の勉強法

 資格試験の勉強において、最も大切なことは、膨大な量の知識を正確に覚えることです …