連帯債務とは?|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

連帯債務とは?|わかりやすく宅建・宅地建物取引士の解説

連帯債務
目次

連帯債務とは

複数の債務者が同一内容の債務をそれぞれ独立に負担し、その1人が弁済すれば、他の債務者も債務を免れる関係を言います。

  • 連帯債務者のうちの1人について、無効・取消の原因があっても、他の債務者に影響はありません。
  • 連帯債務者の1人が破産した場合、債権者は全額について破産財団の配当に加入することができます。

保証との違い

主従の関係がなく、それぞれの債務が独立していることに違いがあります。つまり、附従性がないということです。

連帯債務の例

太郎さんは、二郎さん、三郎さん、花子さんの3人に1,200万円の別荘を売ることになりましたが、代金を払ってくれるかどうか心配です。確実に代金を払ってもらうためには、太郎さんはどうしたら良いでしょうか。

本来、3人で1,200万円のものを購入したのだから、1人400万円ずつ支払えば良いという考え方もできます。

それでは、もし例えば二郎さんとの間に無効、取消原因があった場合、太郎さんは結局800万円しか得られず困ってしまうことになります。

そこで法はそれぞれの債務が独立し、かつ、それぞれが1,200万円の責任を負うという連帯債務という制度を設けました。

連帯債務の例

連帯債務者の1人について生じた事由の他の債務者に対する影響

原則

相対効…連帯債務はそれぞれ独立しているので、連帯債務者の1人について生じた事由は原則として他の債務者に影響を及ぼしません。

例外

絶対効…以下の事由については、1人について生じた事由が他の債務者にも影響を及ぼします。

事由 具体例
弁済・代物弁済 二郎さんが太郎さんに弁済(1,200万円すべてを返済)したなら、三郎さん・花子さんはもはや1,200万円を支払う必要はありません。太郎さんは代金をすべて回収したので、これ以上得る必要はありません。
請求 太郎さんが二郎さんにのみ請求の履行をしても、二郎さん・三郎さん・花子さん全員に対し、請求したこととなります。したがって、二郎さんにのみ請求すれば全員の債権の時効が中断され、全員が履行遅滞に陥ります。
更改 太郎さんが二郎さんとの合意により1,200万円の債権を二郎さんの所有の土地の引渡に更改すると、三郎さん・花子さんの債務は消滅します。その後二郎さんは三郎さん・花子さんに求償することができます。
混同 二郎さんが太郎さんを相続したときは、二郎さんの債務は混同によって消滅し、三郎さん・花子さんの債務も消滅します。ただし、二郎さんは弁済したとき同様、三郎さん花子さんに対して求償権を有します。
相殺 二郎さんが太郎さんに債権1,200万円を持っていて、これと太郎さんの債権を相殺すると、三郎さん花子さんについても債務が消滅します。また、二郎さんが相殺を援用しない間は、三郎さん・花子さんは二郎さんの負担部分400万円についてのみ二郎さんの債権によって相殺することができます。
免除 太郎さんが二郎さんに対して免除をすると、二郎さんの負担部分400万円について総債務は減少し、三郎さん花子さんは800万円の連帯債務を太郎さんに負うことになります。
消滅時効 二郎さんの債務について時効が完成したときは、二郎さんの負担部分400万円について総債務は減少し、三郎さん・花子さんは800万円の連帯債務を太郎さんに負うことになります。

連帯債務に関するよくある質問

連帯保証人に生じた事由では、絶対効により①履行②相殺③請求④混同⑤更改について主たる債務者に効力が及びますが、連帯債務については上記①~⑤に時効と免除が加わると覚えればよいでしょうか?連帯保証人の絶対効と連帯債務の絶対効の違いがわかりません。なぜ時効と免除が連帯保証人の絶対効には入っていないのでしょうか?

ご理解の通り、連帯保証は①弁済・履行、②相殺、③請求、④混同、⑤更改につき、絶対効となります。連帯債務の場合には、上記に⑥時効、⑦免除が加わります。

その理由としましては、

⑥時効は債務を消滅させる効果を持ちます。連帯債務の場合は、個々の債務の集合体として考えるため、個々の債務につき、それぞれ時効が有効となります(負担分に関して絶対効という事になります)。

一方、連帯保証に関しては、主債務、および連帯保証人という区別になります。主債務が時効になっている場合、連帯保証人が援用をして、時効にて債務を消滅させることが出来ますが、連帯保証債務が仮に時効になっていたとしても、主債務が時効でなければ援用は出来ないという事になります。

例えば、子供がお金を借りて、親が連帯保証人となった場合、親は全く関係なく、時効が成立しても良い時期だなと思っていたが、子供はずっとわずかな弁済を続けており、主債務自体は消滅しておりませんでした。

この場合、いくら親が全く返済などしらず、消滅したと思っていても、主債務が時効になっていない限り、時効の援用はできないという事になり、絶対効にはならないという事になります。

⑦免除ですが、こちらも連帯債務はその負担分につき免除となりますので、絶対効となります。

一方、連帯保証ですが、こちらは、連帯保証人が債権者より、100万円の保証債務を50万円に半減してあげますと免除の合意があったとします。しかし、この免除は、主債務者には有効ではなく、主債務者は引き続き100万円の返済義務を負う事になります。

この理由は、上記と同じですが、連帯保証は、主債務と連帯保証債務の概念が分けられるため、主債務、連帯保証債務、別々の判断が可能であるという事になります。

債務の承認は「主たる債務者に効力を及ぼさない」となっているのですが、どのようなことかよくわかりません。

複数の債務者が同一内容の債務をそれぞれ独立に負担し、その1人が弁済すれば、他の債務者も債務を免れる関係を連帯債務といいます。そして、連帯債務者の1人について生じた事由が他の債務者に影響を及ぼす場合があります。

「絶対効」としてあげられているものは、債務者の1人について生じた事由が他の債務者にも影響を及ぼします。

一方で「相対効」とは、連帯債務者の1人について生じた事由が原則として他の債務者に影響を及ぼさないことをいいます。

「債務の承認」とは、時効によって利益を受ける債務者が、債権者に対して債務が存在していることを認めることです。その効果として時効が中断します。

連帯保証と連帯債務についての違いを教えてください。

(連帯保証)

債権者と主たる債務者の契約が無効であった場合、連帯保証人も債務全額を免れます。反対に、債権者と連帯保証人との契約が無効であった場合、連帯保証契約は成立しませんが、このことは、主たる債務には影響を及ぼしません。つまり、連帯保証人のいない債務として有効に成立します。

(連帯債務)

債務者の一人について債務が無効であった場合でも、他の債務者の債務には影響を及ぼしません。